就職・転職

派遣から正社員は本当に大丈夫か?|実現の可能性はどうなのか?

投稿日:2018年3月18日 更新日:

正社員と派遣社員の大きな違いは、福利厚生などの待遇と安定性です。

正社員は会社と直接雇用で結ばれていますので、生活が安定して、福利厚生を受けることができます。

今は派遣社員で働いていても、いずれは正社員として働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

ただ、派遣先から直接雇用の話を貰った時には、いくつか気を付けなくてはいけない点があります。

直接雇用は決して甘いだけの話だけではないのです。

派遣先から直接雇用は本当に大丈夫か?

派遣社員は長くても最長で3年しか働くことができません。

また仕事内容に関しても制限されます。

しかし、優秀であった場合、3年を超えて働かせたい、もっと色々な仕事を任せたいと派遣先の会社が考えたとき、直接雇用(正社員)の話が出てきます。

派遣から直接雇用へと雇用契約を変更すれば、3年という上限を超えて働くことが可能となります。

いつかは正社員として働きたいと考えている人にとっては、非常に魅力のある話です。

派遣先から採用の打診があったとき、あなたはどうしますか。

正式な申し入れではないにしても、職場の同僚や上司から、「社員になったらいいのに」と、冗談とも本気ともつかない形でいわれたことがある人は結構いるのではないでしょうか。

派遣先から採用を打診される代表的なパターンは次の3つです。

  • 優秀なので正社員に登用したい
  • 人件費をおさえるために直接雇用に切り替えたい
  • 経営リスクの観点から直接雇用に切り替えたい

しかし、実際は、派遣先で採用の誘いがあっても断る人も少なくないのです。

直接雇用の現実は厳しい

優秀な人であれば正社員に登用したいという話は、これまでの働きぶりをみて、職場にとって欠かせない人物だと判断されたことにほかなりません。

特に正社員として採用打診がある場合、上司や同僚からの信頼があるので、幸せなオファーといえます。

しかしながら、直接雇用の現実は決して甘いものではなく、甘く考えていると痛い目を見ることなります。

1.直接雇用されるかは分からない

契約期間が終わったら直接雇用するつもりだと上司からいわれてもそれが本当に行われるのかは分かりません。

直接雇用するかどうかを決める権限は上司にはないのがほとんどです。

推薦して貰えるかもしれませんが、直接雇用に結びつくかどうかは全く分かりません。

また、上限の3年間働かせる為の口実として使っている場合もありますのでこの手の話は注意が必要です。

2.直接雇用されても正社員ではなく契約社員などが多い

派遣社員は受け入れ期間が長くなればなるほど割高になるため人件費削減の目的や派遣社員を活用するためには複雑難解な派遣法を守らなければならないため、直接雇用に切り替えたほうが良いと判断する企業もあります。

その場合、直接雇用されたとしても、実際は契約社員として採用される場合がほとんどです。

その場合でも、結局は最大5年までしか働くことができず、正社員として安定した仕事への期待は見事に打ち破られてしまうのです。

もちろん無期雇用として採用される場合もないわけではありませんが、その場合でも正社員としてではなく準社員である場合が多く、給料は正社員に比べるとかなり低くなることが多いです。

3.給料ダウンの可能性

人件費削減を目的とした直接雇用の打診の場合、契約社員、準社員、正社員などで直接雇用されたとしても、派遣社員として働いていた時に比べると給料が大幅に下がる可能性があります。

待遇をよく確認しておかないと、派遣社員として働いていた方がマシだったなんてことになりかねません。

直接雇用は条件が合わなかったら断る

契約社員などで直接雇用されて、派遣社員より給料が下がってしまったり、労働環境がかえって悪化することの方が多く、あなたを苦しめる結果になります。

また、派遣社員から契約社員になれば正社員への近道だと思われがちですが、最も社会的身分が低いのは契約社員です。

契約社員として5年以上働くと正社員にさせなければいけない制度はあります。

しかし、5年経ったら契約を打ち切るなど会社側に主導権があるので、この制度は契約社員に有利に働くことはありません。

また、派遣社員であれば紹介予定派遣から正社員を目指す方法もあります。

派遣先の会社によっては派遣社員より契約社員で雇った方が人件費を削減できることができるため、無理に直接雇用を勧めてくるところもあります。

そのため雇用条件が合わなかったら、キッパリと断ることをオススメします。

契約社員のイメージは、有期雇用で正社員より会社のしがらみに関与しなければならない存在だと思います。

最近では、契約社員でも3ヶ月や6ヶ月の短い期間で契約を結び、いつでも雇い止めができるようにしている企業もあります。

無期雇用を目指すのであれば契約社員は派遣社員より近い存在かもしれませんが、自分のワークライフバランスを優先する場合は派遣社員の方が向いていますので、イメージに惑わされないように気を付けましょう。

マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。

20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。

他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。

成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

どのように進めればいいのか分からない方でも大丈夫、まずは無料相談の申し込みからはじめましょう。

無料相談 ☞ マイナビエージェント

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活で評価される資格とは?|採用担当者が評価する資格のポイントとは?

就活において資格がないことに悩んでいませんか。 一般的に資格は取得の手間の割に就職活動に有利に働かないといわれていますが、資格を取得しておくと履歴書の資格保有欄を埋められ、面接などでのアピール材料にも …

TOEICは就活でどの程度重要視されている?|スコアの目安は?

就活にTOEICは必須ではありませんが、持っていると有利に就活を進めることができます。 企業は英語力がある学生をより求めている傾向があり、英語のスキルをエントリーシートに記載させる企業が増えてきていま …

就活での質問への対策とは?|4つに集約されるパターンをマスターする!

就職活動の際、最も緊張する瞬間が面接です。面接は営業活動に似ています。 応募しているライバルの中から、自分を選んでもらわなくてはなりません。 面接官が本当に知りたい、質問の本質的な意図を察知し、それに …

企業研究のやり方|就活を効率よく有利に進めるための方法とは?

就職活動を開始すると、自己分析や企業研究を行うようにとアドバイスされることが多くあります。 その企業のホームページを見る、説明会で渡されたパンフレットを見るなどに終始した企業研究になっていませんか。 …

内定保留の伝え方|保留期間の目安や失礼のない対応方法とは?

就職活動で内定をもらったけどまだ本命の企業が残っている場合やまだ就職活動を続けたいという場合も十分考えられます。 内定を待ってもらうにはどうしたらよいでしょうか。 面接で第一志望と伝えていた場合、本当 …