就職・転職

メガベンチャーとはどのような企業か?|一般企業にない魅力とは?

投稿日:2018年5月14日 更新日:

最近の就職活動でメガベンチャーという言葉をよく耳にするようになりましたが、通常のベンチャーや大手企業とはどのように異なるのでしょうか。

まだ馴染みのない人も多いかと思います。

ベンチャーというからにはベンチャー企業に関わることであることは想像できますが、メガベンチャーについて、会社規模や社員数など、どのような基準に該当するものなのか紐解いていきましょう。

メガベンチャーとは?

就職活動では、「中小企業」や「ベンチャー企業」というワードを聞く機会は多いでしょう。

中小企業には資本金3億円以下または従業員数が300人以下の会社という法律上の定義が存在します。

しかし、ベンチャー企業は、新技術や新事業を開発し、それを事業として発足させた企業などといわれますが、明確な定義があるわけではありません。

メガベンチャーも同様です。

一般に「メガベンチャー」とは、イメージとして、ベンチャー企業といわれる会社が大成功して大規模になった会社です。

簡単にいえば、大企業に成長したベンチャー企業のことを指します。

サイバーエージェントやディー・エヌ・エー(DeNA)などが挙げられます。

この2社については設立当初は小規模の会社でしたが、現在はどちらも従業員数が1,000名を超えて、上場会社となっています。

このように最初の規模の小さな状態から、短期間で急成長した企業を一般的にメガベンチャーといっています。

ベンチャー企業が注目されている

大企業に入り、一生安泰となるような生活をすることが一般的に理想とされています。

しかし、現状では大企業といえども倒産する可能性はあり、終身雇用の神話も崩れています。

大企業に入ると、その企業の末端からキャリアがスタートして、地道に出世していくことを目指します。

これ自体は決して悪くありませんが、ベンチャー企業ではいきなり責任あるポジション、実務的な仕事が任され、結果を求められる場合が非常に多くあります。

このような背景もあり、優秀な学生は地道な出世によって、一生安泰な生活の保障がない大企業よりも、最初から責任あるポジションを獲得することを望む人が多くなったことから、ベンチャー企業への人気が高まりました。

その結果、優秀な人材がベンチャー企業にも入社するようになり、その優秀な人材の働きによってメガベンチャーのような規模に成長していった会社が増えてきました。

急成長した会社は人材獲得にも積極的となり、注目されるようになりました。

なお、大企業からベンチャー企業への転職は片道切符で一度ベンチャーに転職したらもう大企業には戻れないと思っている人がいますが、今では終身雇用の神話が崩れているのですべてがそのような状況にはなってはいません。

対象が新卒採用中心文化の企業でなければ、あとは実力次第で大企業へのカムバック転職は可能なのです。

中にはベンチャー企業での経験を元にして、大企業で活躍しているという人もいますので、ベンチャー企業をキャリアの墓場のように考える必要はまったくありません。

このようにチャレンジできる環境になってきたこともあり、ベンチャー企業も注目されています。

若手が多いメガベンチャー

ベンチャーは20代の若手社員が積極的に新規事業を立ち上げている勢いのある会社、というイメージを持つ人が多いと思います。

しかし、他社で経験を積んだ30代以上の優秀な人材の獲得を盛んに行っています。

それはメガベンチャーについても同様です。

メガベンチャーといわれる企業は、平均勤続年数は大企業と比べると短いです。

これにはベンチャーを志願する人の多くは、メガベンチャーで新規事業を立ち上げて軌道に乗せ、そのキャリアを活かして次のステージに挑戦しようとしています。

中には起業する人もおり、新たなベンチャー企業を産み出していくのです。

そしてメガベンチャーは意欲のある若手社員を獲得して新規事業を立ち上げて成長を続けていきます。

メガベンチャーへの転職も魅力がある

仕事に対して求めるものはそれぞれありますが、収入面と同程度にやりがいや社会への貢献性を重視する人が増えています。

このような考え方を持つ人は、新たな価値を生み出すメガベンチャーはとても魅力的です。

メガベンチャーは非常に資金力もあり、その後のキャリアにも非常に良い影響を与えるので、転職市場でも人気を博しています。

転職先のひとつとして検討する場合には、自己実現できる環境にあるのか、しっかりと見極めると充実した人生を送ることができそうです。

自分にあったベンチャー企業の探し方

ベンチャー企業を転職先として探す場合、一番確実でハズレがないのは、結局は人の紹介、つまりコネです。

特に、本当に立ち上げ期のベンチャーの場合は転職エージェントに紹介料を払ったり、転職サイトに案件を載せたりする資金はないので採用はすべて人の紹介ということになります。

このような早い時期に参加できるとストックオプションなどのインセンティブの面ではかなり有利になるので、一攫千金が目的なら人の紹介をベースに探していくとよいでしょう。

一方で、まったくコネがないという場合は転職エージェントに希望を出してみるという方法もあります。

エージェントの成約料が払えないような事業を立ち上げたばかりの会社はこの方法では見つけられませんが、伸び盛りのベンチャー企業を紹介してもらうことは可能です。

特に、金銭面のインセンティブではなくベンチャー企業の仕事自体に魅力を感じているというのであれば、転職エージェント経由でも充分に自分の目的に合致したベンチャー企業を探すことは可能です。

マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。

20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。

他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。

成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

どのように進めればいいのか分からない方でも大丈夫、まずは無料相談の申し込みからはじめましょう。

無料相談 ☞ マイナビエージェント

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活での自己PR|インターンシップの経験はアピールできるのか?

インターンシップに参加する学生が増えており、このインターンシップの経験を自己PRの中で活用したいと考える就活生は多いですが、その経験そのものをアピールすることで失敗している人も多いです。 自己PRで他 …

住宅手当の相場はどのくらい?|転職者はどこに着目しているのか?

転職活動をする際、給与額を検討要素に入れる人が多いと思います。 給与以外にも福利厚生制度で「家賃(住宅) 手当」の名目で金銭を給与に上乗せ支給することを行っている企業もあります。 この制度の有無が支払 …

残業30時間は少ない方なのか?|多いと感じるなら転職すべきか?

何時間の残業から激務だと思いますか。 残業時間が月60時間ともなるとかなりの人が多いと感じるようになりますが、残業時間が月30時間となると意見は分かれ、多いと感じる人もいれば少ないと感じる人もいたり、 …

扶養手当・家族手当・配偶者手当とは?|支給金額の実態や今後の流れは?

それぞれの会社にある福利厚生の一つである、家族手当、扶養手当、配偶者手当は会社ごとに支給額が異なります。 法律上義務付けられているものではなく、金額以外にも呼び方や支給条件といったものも会社によって様 …

健康保険被保険者資格証明書|保険証と同等となる証明書の発行方法とは?

日本では国民皆保険制度が整えられ、保険に加入することが必須です。 保険に加入すれば保険証を発行されますが、その後、転職して新たに申請して発行してもらう必要がありますが、すぐには健康保険証が交付されませ …