就職・転職

月給とは何か?|月収との違いを理解して求人広告を読み解く力を養う!

投稿日:2018年7月24日 更新日:

月給と月収の違いを知っていますか。仕事をする上で重要な要素である給料ですが、意味は同じと思っていませんか。

実は月給と月収には明確な違いがあるのです。

月給と月収の違いを知ることは自分の給料や収入をきちんと把握する上で重要なことです。

月給とは何か、基本給とは何かなど給与に関する用語をしっかり理解し、求人広告の給与欄を読み解く力をつけることも就職や転職する上で重要なことです。

理想的な就職・転職に近づくために理解を深めましょう。

月給と月収の違いとは?

月給と月収の意味を理解することで違いを把握することができます。

1.月給

月給は基本給に役職手当や住宅手当など毎月固定で支払われる各種手当を加えた賃金のことです。

税金などが差し引かれる前の金額となります。

なお、残業手当や出産祝い金など、月によって額が変動するものや一時的に発生する収入は月給には含まれません。

また、住んでいる場所によって異なる交通費や家族構成で変動する家族手当なども含まれません。

2.月収

月収は年収を12で割った金額のことを指します。

つまり、ボーナスや手当などを含む税金などを差し引かれる前の金額となります。

たとえば、480万円の年収の場合では月収は「480万円÷12ヶ月=40万円」となります。

就職・転職に役立つ給料に関する用語

1.基本給

基本給とは基本賃金のことで賞与や残業代を算出する際に使われる給与額になるので収入に影響する度合いが大きくなります。

基本給は勤続年数や年齢、スキルや経験などを基準として決まることが多いようです。

一般的な企業では年に1度昇給などによって、この基本給が上がります。

昇給によって上がる金額は企業それぞれの基本給表などを基準としていることが多いようです。

また、求人案内の中には同業他社と比べて基本給が高いですが、「みなし残業を含む」と書かれていることがあります。

基本給は高いほうが良いですが、みなし残業には気をつけなくてはなりません。

みなし残業とは基本給に月固定の残業手当があらかじめ含まれていることです。

外回りが多くて労働時間を管理することが困難な営業職や業務内容やスケジュール管理を従業員の裁量に任せた方が効率がよい研究職などで多く用いられます。

基本給にみなし残業が含まれていると一定の労働時間を超えない限り残業手当が支給されないため、基本給は高いのに手取りが少ないということになりかねません。

基本給の金額だけではなく、みなし残業を含んでいるかどうかも確認するようにしましょう。

2.総支給額

総支給額は会社から1年間で支払われる給与の総額のことを指します。

総額ですのでボーナスはもちろん、家族手当・交通費なども全て含めた金額です。

ただし、毎月差し引かれる所得税、住民税、社会保険料などが差し引かれる前の金額のことを指します。

たとえば、基本給(35万円)と各種手当(5万円)の合計が毎月40万円だとして、ボーナスが基本給の2ヶ月分であるなら40万円×12ヶ月+2ヶ月で合計550万円が総支給額ということになります。

また、残業代など一時的に発生する収入があれば、それらを上乗せした金額が総支給額となります。

総支給額が550万となると550万円が年間で手に入ると間違いやすいですが、この金額から税金や社会保険料などが差し引かれますので実際にはその金額よりも少ない金額が口座に振り込まれます。

3.年収

年収は総支給額とほぼ同じ意味を指す言葉です。

月給にボーナス、残業代などを合わせた1年間の全ての賃金を合計した金額です。

社会保険料やその他の税金が引かれる前の金額になります。

副業などの収入がなければ総支給額=年収になりますが、副業などで別に収入がある場合はその金額も含めた金額が年収になります。

たとえば、会社から毎年480万円が支給される他に、副業で年間70万円の収入があれば、年収は550万円ということになります。

4.手取り

手取りとは所得税・住民税などの税金に加え社会保険料などが差し引かれ実際に口座に振り込まれる金額のことを指します。

社会人経験のない人など初めて就職活動をする人は、月給と手取りを混同しやすいので注意しましょう。

求人に記載されているのは「基本給」か「月給」であることが多いです。

実際手元に入る手取りの額は異なるので違いを理解していないと思っていたより給与が少ないといったことになります。

この「手取り額」は月単位で振り込まれる金額を指すこともありますし、年間で振り込まれる手取りの総額を指すこともあります。

また、就職して2年目からは前年の所得に対してかかる税金として住民税が発生するため、さらに手取り額が減ることになります。

転職エージェントならお金のことも詳しく聞ける!

仕事選びには、業務内容ややりがいに加えて、給料はどのくらいもらえるのかということも大切な要素です。

転職エージェントでは正社員求人を出している企業の詳しい情報を持っているため、直接企業の担当者に聞きにくいお金の問題にお答えすることができます。

初めての就職にチャレンジしたい人、給与アップを目指す転職を考えている人は、転職エージェントに相談してみるとよいでしょう。

マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。

20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。

他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。

成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

どのように進めればいいのか分からない方でも大丈夫、まずは無料相談の申し込みからはじめましょう。

無料相談 ☞ マイナビエージェント

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

残業30時間は少ない方なのか?|多いと感じるなら転職すべきか?

何時間の残業から激務だと思いますか。 残業時間が月60時間ともなるとかなりの人が多いと感じるようになりますが、残業時間が月30時間となると意見は分かれ、多いと感じる人もいれば少ないと感じる人もいたり、 …

就活の志望動機の書き方|説得力を持たせるポイントとは?【例文あり】

面接でほぼ必ず聞かれる、「なぜ弊社を志望したのですか」という質問。 「志望動機=企業のいいところの羅列」になる学生が多いのですが、企業の良いところだけを話してもそれで「差のつく」内容にはなりません。 …

SCOA対策|公務員試験の攻略のカギ・対策・解答のポイントとは?

SCOA問題が筆記試験で出された場合、どんな対策を立てれば内定を獲得できるのでしょうか。 実は一般企業も含めて最近の筆記試験で、SCOA問題を使うことが多くなっています。 内定を取るために必要な知識な …

「伺わせていただきます」は誤りか?|就活での敬語の使い方には注意!

普段何気なく使っている敬語。どんな種類があって、どのように使い分けをしているのか意識したことはありますか。 敬語の使い方の良し悪しによってビジネスシーンではあなたの印象を変えてしまうこともあります。 …

就活を失敗した人のその後はどうなる?|復活への道のりはあるのか?

専門学校や大学を卒業したら、一般的には就職することになります。 中には就職留年をしたり、就活に失敗してフリーターやニートになってしまったりする人もいますが、このような結果になったとしてもどこかで挽回で …