就職・転職

「月給」と「月収」の違いとは?|求人広告を読み解く力を養う!

投稿日:2018年7月24日 更新日:

月給と月収の違いを知っていますか。仕事をする上で重要な要素である給料ですが、意味は同じと思っていませんか。実は月給と月収には明確な違いがあるのです。月給と月収の違いを知ることは自分の給料や収入をきちんと把握する上で重要なことです。

月給とは何か、基本給とは何かなど給与に関する用語をしっかり理解し、求人広告の給与欄を読み解く力をつけることも就職や転職する上で重要なことです。理想的な就職・転職に近づくために理解を深めましょう。

月給と月収の違いとは?

月給と月収の意味を理解することで違いを把握することができます。

1.月給

月給は基本給に役職手当や住宅手当など毎月固定で支払われる各種手当を加えた賃金のことです。税金などが差し引かれる前の金額となります。なお、残業手当や出産祝い金など、月によって額が変動するものや一時的に発生する収入は月給には含まれません。

また、住んでいる場所によって異なる交通費や家族構成で変動する家族手当なども含まれません。

2.月収

月収は年収を12で割った金額のことを指します。つまり、ボーナスや手当などを含む税金などを差し引かれる前の金額となります。たとえば、480万円の年収の場合では月収は「480万円÷12ヶ月=40万円」となります。

就職・転職に役立つ給料に関する用語

1.基本給

基本給とは基本賃金のことで賞与や残業代を算出する際に使われる給与額になるので収入に影響する度合いが大きくなります。基本給は勤続年数や年齢、スキルや経験などを基準として決まることが多いようです。

一般的な企業では年に1度昇給などによって、この基本給が上がります。昇給によって上がる金額は企業それぞれの基本給表などを基準としていることが多いようです。

また、求人案内の中には同業他社と比べて基本給が高いですが、「みなし残業を含む」と書かれていることがあります。基本給は高いほうが良いですが、みなし残業には気をつけなくてはなりません。みなし残業とは基本給に月固定の残業手当があらかじめ含まれていることです。

外回りが多くて労働時間を管理することが困難な営業職や業務内容やスケジュール管理を従業員の裁量に任せた方が効率がよい研究職などで多く用いられます。

基本給にみなし残業が含まれていると一定の労働時間を超えない限り残業手当が支給されないため、基本給は高いのに手取りが少ないということになりかねません。基本給の金額だけではなく、みなし残業を含んでいるかどうかも確認するようにしましょう。

2.総支給額

総支給額は会社から1年間で支払われる給与の総額のことを指します。総額ですのでボーナスはもちろん、家族手当・交通費なども全て含めた金額です。ただし、毎月差し引かれる所得税、住民税、社会保険料などが差し引かれる前の金額のことを指します。

たとえば、基本給(35万円)と各種手当(5万円)の合計が毎月40万円だとして、ボーナスが基本給の2ヶ月分であるなら40万円×12ヶ月+2ヶ月で合計550万円が総支給額ということになります。また、残業代など一時的に発生する収入があれば、それらを上乗せした金額が総支給額となります。

総支給額が550万となると550万円が年間で手に入ると間違いやすいですが、この金額から税金や社会保険料などが差し引かれますので実際にはその金額よりも少ない金額が口座に振り込まれます。

3.年収

年収は総支給額とほぼ同じ意味を指す言葉です。月給にボーナス、残業代などを合わせた1年間の全ての賃金を合計した金額です。社会保険料やその他の税金が引かれる前の金額になります。

副業などの収入がなければ総支給額=年収になりますが、副業などで別に収入がある場合はその金額も含めた金額が年収になります。たとえば、会社から毎年480万円が支給される他に、副業で年間70万円の収入があれば、年収は550万円ということになります。

4.手取り

手取りとは所得税・住民税などの税金に加え社会保険料などが差し引かれ実際に口座に振り込まれる金額のことを指します。社会人経験のない人など初めて就職活動をする人は、月給と手取りを混同しやすいので注意しましょう。

求人に記載されているのは「基本給」か「月給」であることが多いです。実際手元に入る手取りの額は異なるので違いを理解していないと思っていたより給与が少ないといったことになります。

この「手取り額」は月単位で振り込まれる金額を指すこともありますし、年間で振り込まれる手取りの総額を指すこともあります。また、就職して2年目からは前年の所得に対してかかる税金として住民税が発生するため、さらに手取り額が減ることになります。

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

プレエントリーとエントリーの違いとは?|選考への影響はあるのか?

新卒の就職活動が解禁すると最初に行うのが「プレエントリー」です。企業の選考に参加するためには、その企業に「プレエントリー」をしなければいけません。このプレエントリーとエントリーの違いは何でしょうか。 …

仕事が辛く会社を辞めたい|最終判断を下す前に確認すべきこととは?

社会人になると仕事での悩みも尽きません。仕事が辛い、辞めたいという感情を一度持ってしまうと、会社に行くことが辛くなります。やりたくない仕事、飽きてしまった仕事をただ淡々とこなしていく不毛な日々。 どう …

パワハラで退職を決意!|退職前や転職の準備にするべきこととは?

パワハラが原因で退職をする時はどのようにしたら良いのか。パワハラで退職を考えている人や退職を強要されている人は、その証拠を残しておきましょう。また、退職届の退職理由をどう書けばよいのか迷う人も多いこと …

TOEICは就活でどの程度重要視されている?|スコアの目安は?

就活にTOEICは必須ではありませんが、持っていると有利に就活を進めることができます。企業は英語力がある学生をより求めている傾向があり、英語のスキルをエントリーシートに記載させる企業が増えてきています …

インターンシップの目的とは?|目的理解と目標設定で内定を勝ち取る!

多くの企業がインターンシップを導入しています。ある程度、行きたい企業がはっきりとしているのであれば、インターン生として前もって会社の様子を知っておきたいはずです。 就活生のインターンシップに参加する際 …