就職・転職

プレエントリーとエントリーの違いとは?|選考への影響はあるのか?

投稿日:2018年9月6日 更新日:

新卒の就職活動が解禁すると最初に行うのが「プレエントリー」です。企業の選考に参加するためには、その企業に「プレエントリー」をしなければいけません。このプレエントリーとエントリーの違いは何でしょうか。

就活解禁から良いスタートダッシュを切るためにも、プレエントリーとエントリーの違いを理解して、どのように就活を進めるのがよいか確認しておきましょう。

プレエントリーとは?

プレエントリーは資料請求の意味合いが強く、「現時点では選考に申し込むかかわからないが、会社の資料が欲しい」「選考に関する情報を知りたい」という人が登録します。

プレエントリーをすると、指定したメールアドレスに会社説明会やエントリーに関する案内が送られてきます。プレエントリーをしなかった場合、これらの情報を手に入れていないので。就活がスタートする前から、ほかの就活生と差をつけられてしまうかもしれません。

少しでも気になっている企業の場合は、登録したほうがよいでしょう。また、エントリーシートほどしっかりした内容ではないものの、簡単な設問があるケースもあります。

プレエントリーは100社行ったが実際にエントリーをした企業は30社だったといったようにプレエントリー数よりもエントリー数が少なくなるのが一般的です。

つまり、就活の手順としては志望する業界を決めてからプレエントリーするのではなく、積極的にプレエントリーしていかなければならないというわけです。そうすることで、多くの企業から情報を入手して、早く志望する業界を絞ることができるようになります。

参考までに大学院生など専門性がある人の就活は、プレエントリー数とエントリー数がほぼ同じになるケースが多いです。

エントリーとは?

求人募集に対する選考の申し込みのことです。プレエントリーと区別するため「本エントリー」と呼ばれる場合もあります。履歴書や企業のウェブサイトにあるエントリーシートを志望する企業に送ることでエントリーが完了します。

エントリーシートの記入要項には自己PRや志望動機のほか、筆記テストが設置されている場合もあるので、エントリー前から自己分析や筆記試験対策を行っておいた方がよいでしょう。

実際にエントリーできるようになるのは、就活が解禁してからになりますので、エントリーに必要な条件や提出書類は企業によって異なるので、解禁前にチェックしておくとよいでしょう。

エントリーで提出した履歴書やエントリーシートで書類選考で行われ、面接選考に進む就活生が選ばれます。

プレエントリーは選考に直接関係あるのか?

企業によっては、はっきり選考に影響しない旨を明記していることもあります。プレエントリーは会社やエントリー情報を得るためのものですから、基本的に登録の有無や設問・アンケート内容は選考に影響しないことが多いようです。

ただし、超人気企業については応募者も多いため、当然アンケートも重要な資料として採用の判断基準になってきます。特に、選考に影響があるか記載されていないケースや、設問数や指定文字数が多いと感じる企業はその傾向にある可能性があります。

自分がプレエントリーしようとする企業に限って設問が多いものばかりという場合は人気企業にばかり資料を請求しているということでもあるので、業界を知ったり、経験を積むという意味で中小にもプレエントリーを広げてみることは、就活の戦略上有効です。

人気企業ではプレエントリーが遅くなると損することが多い

就活サイトがオープンすると一斉にプレエントリーができるようになりますが、サイトオープンのタイミングでまとまった時間を就活に充てることができないなどの理由から登録できない人がいます。

理由はどうあれ、プレエントリーが先延ばしになっていくと、就活生にとってはいいことは一つもありません。

たとえば、就活サイトがオープンしたときのプレエントリーは簡単なアンケートに答えるだけで資料請求ができたのに、しばらく日数が経過したら設問が増えて、内容もエントリーシートと同様なものに変わっている企業が多くあります。

つまり、企業側としては採用担当に多くの人員を配置することができないので、上記のような対応によって、応募者を絞らざるを得ない状況になっているということなのです。

このようになることを想定すると人気企業のプレエントリーを先延ばしにすることで不利になる可能性が高まります。忙しいからと登録を後回しにすると、後々大変になるかもしれません。解禁したら早めに登録を済ませましょう。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

    • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

職務経歴書の書き方|アルバイト経験者が正社員を目指す攻略法とは?

「新卒で入社した会社を退職し、数年間アルバイトを経験し、その後、再び正社員募集の求人に応募する」という場合、応募企業へ提出する履歴書にアルバイトの経験を記載するのか疑問もあるかと思いますが、この経験も …

面接での質問への対策とは?|4つに集約されるパターンをマスターする!

就職活動の際、最も緊張する瞬間が面接です。面接は営業活動に似ています。応募しているライバルの中から、自分を選んでもらわなくてはなりません。 面接官が本当に知りたい、質問の本質的な意図を察知し、それに的 …

アルバイトから正社員になれる?|正社員登用制度有の実態と落し穴とは?

求人情報や求人票を見ると「正社員登用制度」というワードが目につきます。高校・専門学校・大学・大学院を卒業して就職活動中、もしくは、現職から別の仕事に就こうと転職活動をしている人であれば、求人広告等で就 …

内定通知の電話にどう応対する?|好印象を持ってもらうポイントとは?

就職活動や転職活動では、採用試験を受け、最終面接に合格した場合の内定通知が出るまでの期間や通知方法は、会社や団体などによって差があります。 会社の一員となる上で、最初のステップとなる内定通知ですが、相 …

仕事が辛く会社を辞めたい|最終判断を下す前に確認すべきこととは?

社会人になると仕事での悩みも尽きません。仕事が辛い、辞めたいという感情を一度持ってしまうと、会社に行くことが辛くなります。やりたくない仕事、飽きてしまった仕事をただ淡々とこなしていく不毛な日々。 どう …