就職・転職

TOEICは就活でどの程度重要視されている?|スコアの目安は?

投稿日:2018年10月14日 更新日:

就活にTOEICは必須ではありませんが、持っていると有利に就活を進めることができます。

企業は英語力がある学生をより求めている傾向があり、英語のスキルをエントリーシートに記載させる企業が増えてきています。

就活生の中にはTOEICの点数が高くて、英語力には自信があるという人もいれば、TOEICを受験したことがなく、英語力なんて全くないという人など、様々いると思います。

果たしてどれほど重要なのか、高スコアを取らなければならないのかと気になるところでしょう。

☞ 就活に有効な無料の高精度自己分析ツールが使える『OfferBox 』とは?

英語力が就活で有利になる理由とは?

1.グローバルな人材を求めている

企業の業績アップや成長には英語ができる人材が必要だからです。

日本国内だけでビジネスだけでは業績を伸ばしていくのが難しいため、海外でビジネスを進めていく必要があり、当然英語でコミュニケーションを取ることができる社員を揃えておかなければなりません。

人材の育成には時間がかかるので、企業は最初から英語ができる人材を求めています。

商社や外資系企業など、海外とのビジネスをしている会社では、上司が外国人であるケースが多いです。

日本語しかできない社員を雇うと、海外での仕事どころか社内のコミュニケーションすらうまく取れない可能性があります。

将来、商社や外資系企業などに就職したいと考えているのであれば、英語力を鍛えておく必要があります。

2.英語力を採用基準に加えることで一定以上の人材が確保できる

英語力を採用時の基準に加えると社員の能力や将来性を判別しやすくなると企業の多くが考えています。

企業が時間とお金をかけて採用活動をするのは、優秀な社員が欲しいからです。

しかし、多くの就活生の中から能力や性格を試験や面接などの短時間でチェックすることはかなり難しいのです。

ただ、英語力を基準に加えることで、一定以上の人材を選別することが可能になります。

英語のような外国語を一定以上のレベルで身につけるためには、継続した基礎学習をしなければなりません。

日常的に英語を使う機会のない日本で英語ができる人材は、一定以上の努力をしてその能力をもっていることになります。

学生時代に時間を使って勉強できる人なら、仕事の勉強も忍耐をもってできるでしょうし、スキルアップにも意欲的な可能性が高いという評価ができるのです。

英語の資格はTOEIC重視?

近年の採用試験において企業が重視しているのは、英検よりもTOEICです。

TOEICはリスニング、リーディングの2つのセクションに分かれており、10~990点のスコアで結果が出ます。

企業ではTOEICを受けていることを前提としているところ多くあります。

グローバル化を目指している企業においては、TOEICを受けていないこと自体、マイナスイメージを与えてしまう可能性があります。

現時点で高いスコアが取れていなくても、履歴書やエントリーシートにはTOEICのスコアを書き、これからスコアアップを目標に努力しているということを企業にアピールするべきです。

☞ オファー型就活サイト『OfferBox 』とは?

企業はTOEICをどのように位置づけているのか?

就活においてTOEICの存在感が高まっており、先輩から「就活するならTOEICぐらいと受けておいたほうがいいよ」といわれている人が多いのではないでしょうか。

そこで気になるのは企業がどの程度TOEICスコアを取れば評価するのかということになります。

TOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会が実施した調査によると、上場企業の3割程度が「採用時にTOEICスコアを参考にしている」、そして、4割程度が「参考にすることがある」と答えています。

つまり、7割程度の企業がTOEICのスコアを評価の対象にしているということです。

ただ、TOEICは就活において必ず必要というわけではなく、TOEICスコアを必須条件として掲げている企業は外資系や一部の大企業のみです。

TOEICは就活に絶対必要な資格というよりは、他の人と差をつけるために使われる資格ということが出来るでしょう。

履歴書に書くTOEICスコアは600点以上が望ましい

履歴書に書けるTOEICのスコアとはどのくらいなのでしょうか。

一般的には2年以内のもので、600点以上であれば望ましいとされています。

もちろん600点未満のスコアであっても書いてはいけないというわけではありません。

何も書かなければTOEICを受ける努力もしなかったのかと思われてしまうわけですから、書かないよりは書く方がよいでしょう。

なお、外資系や大手企業で、英語が必要とされる企業の中にはあらかじめTOEICについて言及しており、募集要項にスコアを明記している場合もあるので、事前に確認しておく必要があるので注意しましょう。

TOEICの高スコアだけで就活が有利になるとは限らない

TOEICのスコアを就活でアピールするとき、認識しておいて欲しいのが、あくまでも英語は言語のひとつであるということです。

英語が話せるというだけでは、アピール材料としては不十分です。

英語が話せる人であれば、留学生や海外の人材など数多くいます。

企業は英語力が仕事の出来のすべてを決定する要素とはみなしていません。

企業が求めているのは、英語を身につけるためにどのような努力をしたのか、英語を使って何をしたのかといった経験、英語をどのように仕事に生かすかといったきちんとした考え方を持った将来性のある人材なのです。

就活に必要なのは、企業が求めている人材なのかどうかということです。

英語が得意でも、英語力を求めていない企業にそのアピールだけをしていても残念ながら評価には繋がりません。

企業がどのような人材を求めているのかを知り、英語力を必要としている企業であれば、英語力を身につけるためにどのような工夫や努力をしたのかなど、効率的な方法を考えて実践したというアピールができれば、仕事に通じるものがあり、評価のポイントとなるでしょう。

【就活生の4人に1人が登録!】オファー型就活サイト『OfferBox<オファーボックス>』

OfferBoxは、逆求人サービスにおける利用企業数業界1位です。

しかも、自己分析テストや就活イベントもある逆求人に留まらない就職サイトです。

利用企業数 5600社以上(2019年12月時点の実績)で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用しています。

オススメするOfferBoxのポイント3つ

  • 大手からベンチャーまで数多くの企業からのオファーが来る!
  • 高精度な自己分析ができる!
  • 単なる逆求人サイトに留まらずイベントが豊富!

学生に対して一斉スカウトメールを送れない仕組みをとっているため、迷惑メールがなく、プロフィールや強みをしっかり見たうえで、スカウトメールが届くので安心です。

また、OfferBoxには高機能な自己分析ができる「AnalyzeU+」と他己分析もできる「適性診断360度」があります。

これらの適性診断の結果をもとに、自己PRをさらに磨くことができます。

さらに、選考直結するインターンや業界研究まで様々なイベントに参加することができます。

まずは、あなたの価値を知るために自己分析からはじめましょう。

無料登録 ☞ OfferBox

この他にも特色のある就活サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活カバンを選ぶポイント|不快感を与えない使い勝手の良いカバンとは?

就活に使うカバンはスーツやネクタイ、靴に比べればデザインが相手に与える印象は少なく、手を抜きがちですが、たいして考えもせずに選ぶと後悔するかもしれません。 就活で使用するカバンは基本的にスーツと同じで …

リクルーター面談とは?|接触があったときから選考は始まっている!

就職活動中「リクルーター」という言葉をよく聞くかと思いますが、リクルーターの意味や役割を知っていますか。 リクルーター制度を導入している企業が増えており、実はリクルーターは、内定への最大の近道になり得 …

内定取り消しが正当化される?|争うべきか諦めて再度就活すべきか?

就職活動をがんばってやっと内定の連絡があって喜んでいたのに、急に取り消しとなってしまうケースがあります。 内定取り消し自体は、稀ながらも起こり得る事態の1つといえます。 「自分は大丈夫」と思っていても …

裁量労働制の現状|制度の趣旨に反した不当な長時間労働等の問題とは?

1日8時間、週40時間を超えて働いた場合に残業代がもらえるということは多くの人が知っています。 しかし、実労働時間を把握するのが困難な職種や業務の場合、みなし労働時間を決めて、仕事に応じて賃金を支払う …

面接マナーの要点チェック!|就活生が身に着けるべきマナーとは?

面接では、自己PRや志望動機などを考えるのはもちろん大事ですが、振る舞いや言葉遣いに問題があれば印象は悪くなります。 面接マナーは面接合否を決めるほど大事なものです。 面接では一連の流れを知っておき、 …