就職・転職

就活での封筒の書き方|印象をよくするために必要となるマナーとは?

投稿日:2018年10月21日 更新日:

就活では履歴書の送付などで封筒を郵送する機会が多いですが、封筒に書き方に悩む就活生が意外と多いです。普段、封筒を使う機会が少なく、いきなり企業に郵送するとなると封筒の書き方で悩むのは当然です。

封筒の書き方や選び方、郵送時のマナーなどが分からない人のために、まずは応募書類の郵送など、就活で使う封筒の選び方についてご紹介します。就活を成功させるためにも、ミスのない封筒の書き方などの郵送マナーを身につけましょう。

封筒のサイズや色について

履歴書やエントリーシートなどのA4サイズの用紙を送る場合は、できれば折らずに送れるA4サイズの封筒を使いましょう。企業への提出書類はA4サイズのものが多く、A4サイズの封筒であれば、書類を折りたたまずに入れることができます。

封筒の色は、白色が一般的ですが、茶色でも特には問題ありません。A4サイズの封筒を使用する際は、クリアファイルに入れて送ると書類が折れ曲がることを防止できます。

企業に応募書類(履歴書・エントリーシート)を送る際に、書類だけで送ることは失礼にあたります。必ず「添え状」を同封します。書類を入れる順番は添え状、履歴書(またはエントリーシート)の順に、書き込み面を表にして入れます。

封筒の書き方

読みやすいよう、手書きで丁寧に書きます。字が汚いとしても、手書きにしましょう。手書きで、丁寧に書けば、少々形が整っていなくても読みやすい字になります。特に番地の数字など、他の字に読めてしまったりしないかは気をつけます。

使うペンは雨などでにじむ可能性のある万年筆やサインペンは避けて、できれば油性のものを使いましょう。封筒が大きいので、細字よりは中太くらいの方がバランスがとりやすいでしょう。

1.封筒の表面の書き方

①会社住所及び会社名の書き出し位置

会社住所、会社名の高さを揃えて、部署名、担当者名の高さを一字分下げて書くと整った印象になり、見栄えがよくなります。

②会社住所の書き方

住所は省略せず、都道府県名や「丁目」や「番地」をしっかり書きます。なお、住所が長く、二行にわたるときは、二行目の行頭は一行目の行頭に揃えず、少なくても一字分以上下げて書くようにします。

③宛名の書き方

会社名・部署名・役職名・個人名を記入します。フルネームで分かっている場合は省略をせずに書きます。住所や企業名、部署名などにアルファベットが含まれている場合は、アルファベットを縦に書きます。

特に会社名は正式名称で記入し、(株)やKKなどと省略せずに書くように注意します。

④宛名(担当者名)の書き方

担当者名は封筒の中央の位置となるようにします。また、表面(宛名面)の文字の中では最も大きくなるように書きます。

⑤宛名の「御中」・「様」などの区別

会社や人事部などの部署を宛先とする場合は「御中」と書き、担当者など人を宛先とする場合は「様」と書きます。なお、担当者の個人名が分からない場合は「ご担当者様」と書きます。

また「殿」は団体から個人宛てに送るときなどに使われることが多く、目上の人に送るときには失礼な場合がありますので、使わない方が無難です。

⑥封筒内の書類内容を明示

書類の中身を知らせるために、左下に赤字で「応募書類在中」と記入します。文字を囲まなくても構いませんが、囲む場合は、フリーハンドではなく定規を当てて線を引いた方が丁寧な印象になります。

なお、予め赤字で「履歴書在中」などと印刷してある封筒でも可です。

⑦切手

切手は何枚も使うと「寄せ集めた」印象になりかねません。記念切手など絵柄が派手なものは避けて、送料に合う切手1枚で送るようにしましょう

2.封筒の裏面の書き方

①封の仕方

テープではなく糊付けでしっかり封をします。封をした境目に「〆」印を書きます。×印とはしないように注意します。

②差出人住所の書き方

自分の住所は表書きの住所より少し小さめの文字で、省略せず、都道府県名や「丁目」や「番地」をしっかり書きます。なお、住所が長く、二行にわたるときは、二行目の行頭は一行目の行頭に揃えず、少なくても一字分以上下げて書くようにします。

住所は封筒の中心線よりも右側寄りに、名前は封筒の中心線の左側に書きます。就活生は名前の近く学校名を書きます。なお、名前は住所よりも大きく書きます。

③送付日を記載

郵送する日付を封筒の左上に書きます。なお、日付を漢数字で書きます。

封筒を持参する場合の書き方

封筒を持参して手渡しで提出する場合は、封筒の表面の企業の宛名や添え状は必要ありません。宛名は郵送で届けるために必要になる項目なので、直接手渡す際は宛名を書かずに提出します。添え状についても宛名を同じ目的であるため、提出の必要はありません。

ただし、「応募書類在中」など封筒の中身を知らせるための赤字の文言は封筒の左下に記入しておく必要があります。また、持参する場合も書類はクリアファイルに入れておくとよいでしょう。

封筒の裏面は応募書類などの書類を提出する日付と住所、氏名を記入します。なお、書類を持参する場合、書類のみを提出するように指示される場合もあるため、封筒に糊付けはせず、フラップに折り目を付ける程度で問題ありません。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

面接日程の返信メールがない場合の対処法|催促メールを出すべきか?

履歴書などの書類も送付し、後は担当者からの面接日程を待つばかりという状況でいくら待っても来ない場合、いつまで待てばよいのでしょうか。ビジネスメールのやり取りで、相手から返信が来なくて悶々とすることはあ …

インターンシップで給料もらえる?|支払いの有無とその理由とは?

インターンシップは、学生が企業側へお願いをして職場体験をさせてもらっているイメージがあり、給料をもらえる概念すらない参加者もいます。しかし、インターンシップでも給料が支給される場合があります。 従来の …

転職成功のポイントとは?|優先事項の確認と入念な企業調査で実現可能!

終身雇用の考え方が少しずつすたれ始め、転職を経験する人が増えています。それと同時に転職しないほうがよかったと後悔する人も増えているのも事実です。 転職の何をもって成功、失敗なのかという基準は、人それぞ …

「仕事に行きたくない」原因と対処法は?|転職も視野に入れるべきか?

「仕事したくない」、「会社に行きたくない」という気持ちは、サラリーマンやOL、アルバイトをしている人であれば必ずといっていいほどあるはずです。この原因は職場で受ける「身体的疲労」と「精神的ストレス」に …

12時間労働は正直きつい!|健康へのリスクを考えて働き方を見直す

世の中の仕事には残業がつきものです。しかし、一般の仕事では8時間勤務のあとに2時間残業で、トータル10時間勤務くらいが多いのではないでしょうか。 しかし、会社によっては、正社員であっても残業が少なかっ …