就職・転職

会社での理不尽なことに耐えるべきか?|どう対処すれば良いのか?

投稿日:2017年6月27日 更新日:

会社員として働いていると職場によって様々ですが理不尽なことがあります。上司とのやり取りが納得いかない場合や社内ルールなどがあります。実際、会社勤めをしている知人から職場の愚痴を聞くこともあります。

たとえば、作業効率を無視したような「計算はエクセルのマクロを使わずに、ちゃんと手打ちでやれ」など。どう考えてもおかしなルールですが、職場の慣習になっていると「おかしい」と反論できないのが現状です。

しかし、このようなことに関しては職場環境の改善につながるようにおかしなことには声を上げて変えていったほうがよいことが多くあります。

会社で起こる理不尽なことの代表例「サービス残業」

会社で起こる理不尽なことの代表が長い残業時間です。日本は世界と比べても労働時間が長いです。国が36協定などで、残業時間を減らすよう企業側に指導していますが、それでも残業時間問題が解決することはありません。

対外的に労働時間を少なく見せるためにタイムカードを切らせてから働かせるサービス残業などの姑息な方法で逃れたりするケースが多く存在しています。

このように、日本の多くの会社には「残業が当たり前」、「残業代を払わない」、「残業時間を記録に残さないでサービス残業をさせる」などの悪しき慣習があります。これらは当然変えるべきことなのです。

離職率の高い職場にある慣習も見直す

サービス残業が横行している組織にありがちなのが長時間労働をする人は仕事ができるという価値観の蔓延です。誰かが定時で帰ろうとしたら、「暇なのか」「周りが頑張っているのになぜ先に帰宅しようとしているのだ」と説教する人たちです。

こうやって圧力を加える上司がいる組織では、おかしな習慣が根付いています。

また、圧力を加える上司がいなくても、このような組織が会社内にあれば、無言の圧力で帰宅しづらい雰囲気を作り出し、誰も帰宅できない状況を生み出してしまう不幸な事態が起こります。

これは、周りと同調することをよしとする日本人のよくないところです。しかも、このような組織では残業時間の多さが評価基準となり、効率の良さは全く評価されません。

本来であれば、残業をせずに効率良く仕事をする社員が評価されるべきで、長時間残業の人が「がんばっている」と見なされ高評価となってしまいます。このような組織では、サービス残業以外にも悪い習慣が根付いていることが多くあります。

強制参加の飲み会

飲み会が好きな人は、なんとも思わないのですが、人によっては職場の飲み会が強制参加であることに憤りを感じる人もいます。その飲み会では、上司や先輩に気を使って、お酒を注いだり、料理を取り分けなければなりません。

さらに、一杯目はビールを強要される、お酒を飲めないのに無理に勧められるなど、このようなことに不満を感じる人もいます。

上司に気に入られる人が出世する

仕事のできる人が評価されず、上司に媚を売ってうまく人間関係を築く人が評価され、出世していく慣習もあります。ハッキリとモノを言わずに、上司の決定に素直に従う人が評価され、出世していく事例が数多くあります。

たとえば、新規事業で赤字を出したのにも関わらず、上司の決定に素直に従ったとのことで、マイナス評価にはならず、決定した上司も責任を問われないケースや仕事の成果もなく、上司の媚びを売り、カバン持ちに徹して出世するなど、さまざまなケースがあります。

人事評価については、ある程度寛容にならなければなりませんが、過剰なほど個人がひいきされている場合は、声を上げる必要があるでしょう。

技術部門が評価されない

IT系の会社で創業者が技術を知らない会社に多いのですが、評価されるのはプロデューサーなど非技術系の職種というケースもあります。

アプリを作ってそれが大ヒットしたとして、本当はエンジニアやデザイナーの活躍があったにも関わらず評価されるのは、プロジェクトをディレクションした人やプロデューサーになってしまうのです。

技術は目に見えにくいもので、やはり指示を出していた人間に注目が集まってしまいます。

理不尽な慣習には声を上げていこう

これまで紹介してきたおかしな社内の慣習には、我慢してやり過ごすことも必要ですが、過剰なサービス残業のように、違法の疑いがあるようなことに対しては、行動を起こしていかなければなりません。

また、くだらない慣習を否定する価値観はもっと前面に出した方が良さそうです。今の日本のおかしな労働を変えるには、空気を読まずに主張していくことが必要です。それは理にかなった主張なので、きっと大多数の幸せに繋がるはずです。

クレジットカードを契約させるおかしな慣習を終わらせたケースも

実際、思ったことを発言し、おかしな習慣を壊した例もあります。それは、ある大企業での出来事でその会社には新人の伝統として、クレジットカード契約数のノルマを課すというおかしな慣習がありました。

しかし、新人がそれを拒否し、ノルマ件数が減ったそうです。この例からもわかるように思ったことを発することによって、おかしな習慣は変わる可能性があります。

理不尽な環境に耐えられなくなったら

行動を起こしても職場が変わらない、そもそも行動しても無駄と考えているのであれば、見切りをつけて転職を考えましょう。たとえば、優良製造工業の会社では計画的な生産計画を立てているので残業がなく、休みも国内トップレベルです。

社員に理不尽な社内ルールを押し付けないため、満足度が高く、離職率が低い会社です。こうした隠れた優良企業は、意外と眠っていますが、見つけるのは容易ではありません。ネットだけに落ちている情報ではありません。

このような情報を得るのに適しているのが転職エージェントの利用です。転職エージェントでは、求職者の性格や不安に感じていることを踏まえた上で、適性に合った求人を紹介しています。

また、自分では調べにくい詳しい業務内容や企業の風土などの情報を得やすいなど、メリットが豊富です。転職エージェントによっては、面接対策や応募書類作成のアドバイスを行い、求職活動を全面的にサポートしてくれるため、一人で転職活動をするより効果的といえます。

転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活メイクのポイント|知性・意欲・清潔感を伝える色と濃さで決まる!

短期決戦の面接では、第一印象が大切です。数分しかない面接では、見た目で印象を判断されてしまうことがあり、せっかく良い受け答えができても、見た目でマイナスなイメージを持たれてしまっては非常にもったいない …

面接のコツ|面接官が見ている採用に繋がるポイントとその対策とは? 

ほとんどの企業の採用は面接第一主義です。事前準備をせずに面接に臨むのであれば、時間の無駄になります。面接に臨むならば「内定」を勝ち取りたいところですが、面接を苦手とする人が多いのも事実です。 多くの就 …

事務職とはどのような職種か?|未経験で転職するときの注意点とは?

事務職は今も昔も変わらない人気職種の1つです。新卒採用の場合、一般職の仕事がこれにあたります。未経験から事務職への就職することは可能なのか、もし可能ならどのような知識やスキルが求められるのか知りたいと …

失業保険の給付金額の違いは?|退職理由で貰える金額が変わるので注意!

自己都合退職と会社都合退職では失業保険の給付金の金額が、150万円以上変わってくる場合があります。転職する際に職業欄に記載する「自己都合退職」と「会社都合退職」。一見、なんら変わりのないことだと思って …

転職での内定辞退のポイント|失礼のない無難な断り方のコツとは? 

転職活動で複数の会社をまとめて受けてみるのはよくあることです。そのために同時期に内定を数社から頂いてしまったというケースは意外とよくあります。複数の内定をもらったとしても転職先として選べるのは1社です …