就職・転職

転職でハローワークを利用する!|事前準備と上手な利用方法とは?

投稿日:2019年3月17日 更新日:

仕事を探す場所といえば、ハローワークですが、就職・転職活動のために初めてハローワーク(公共職業安定所)に行くときは少し不安になるかと思います。服装や必要な持ち物など事前に確認できるものは準備しておきましょう。

年齢性別を問わず多くの人が利用している施設ですので、けっこう気楽に利用できる場所です。

ハローワークへ行くときの服装や持ち物はどうすればよいか

ハローワークに初めて行くときの服装は、普段着で問題ありません。常識の範囲内であまりにだらしない格好などは避けましょう。

面接時の服装が気になる人は面接本番と同様のスーツを着て行き、ハローワークのカウンセラーにアドバイスをもらうのもひとつの方法です。

持ち物の指定はなく、何も持たなくても構いませんが、履歴書、メモ帳、筆記用具があると便利です。履歴書があると過去の職務経歴や資格などを「求職申込書」に記入する際や、カウンセラーに説明する際にスムーズにできます。

ハローワークの利用の流れ

ハローワークの利用時間は、基本的に月曜日から金曜日までの8時30分~17時15分です。一部のハローワークは19時00分まで開いているところもあります。また、地域によっては土曜日も利用できるところがあります。

全国ハローワークの所在案内で身近にあるハローワークを確かめましょう。ハローワークで仕事探しをするときの基本の流れは以下のとおりです。

1.求職申込書の提出

ハローワークを利用するとき、提出しなくてはいけない書類が「求職申込書」です。ハローワーク内に置いてあって、名前や住所などの基本情報と探したい仕事の職種などを書いて提出します。

内容は、氏名、年齢、住所、連絡先などの個人情報のほか、今までの職務経験、学歴、資格、また希望する職種、勤務地、給与、勤務形態、勤務条件などです。

これを提出すれば必要な手続きはすべて完了です。「ハローワークカード」(または「求職受付票」ともいいます)を受け取って、全国すべてのハローワークが利用できるようになります。

2.キャリアシートの提出

続いては「キャリアシート」(または「求職公開申込書」ともいいます)の提出です。名前や住所などの基本情報と自分のアピールポイントなどを書きます。これは採用する企業が見るための書類で、提出すると企業側から仕事の連絡がくることもあります。

キャリアシートを提出するかどうかは自由です。提出することで仕事に出会えるチャンスが増えるので、提出するようにしましょう。

3.求人情報の検索

ハローワークには求人検索用のパソコンを設置しており、登録件数は60万件以上あります。国が運営しているだけあって、圧倒的な情報量です。仕事の内容や給料などの様々な条件で絞り込んで検索が出来るようになっています。

4.職業相談

気に入った求人情報を見つけたら、そのまま検索機で印刷をして窓口で相談をします。ここでは、求人情報についての詳細や応募企業の評判など質問することができます。

希望した条件にマッチした仕事はすぐに見つからないので、大体の候補をいくつか選んでおいて、相談員に見てもらいながら決めるのがコツです。同時に自分自身の経験や自分が貢献できることをアピールするとよいでしょう。

担当者が紹介できると判断すれば、その場で企業に連絡をして仲介をしてくれます。

5.応募

多くの企業は書類選考があるので、履歴書と職務経歴書を書いて送ります。このときも書いた書類は相談員にチェックしてもらいましょう。 自分一人で書類を書くよりも経験豊富な相談員にアドバイスをもらいながら書く方が断然有利です。

応募時点でハローワークから公式な「紹介状」がもらえます。応募者は「再就職手当」という就職のお祝い金がもらえて、企業側にも助成金が出るしくみになっています。お互いの利益になる制度なので採用が有利になることもあります。

6.面接の予約

書類選考なしで、直接面接を受け付けている会社もあります。そのときに強力にサポートしてくれるのがハローワークです。面接の予約などの手続きも相談員に対応してもらえます。

ハローワークを活用する

ぜひオススメしたいのが「職業訓練」や「セミナー」の利用で、多くのメリットがあります。

1.職業訓練で役立つスキルを磨く

職業訓練では、実務に役立つスキルをじっくりと教えてくれます。しかも専門学校なら高い学費を払わなければいけないところを、職業訓練ならすべて無料です。使わないと損といってもいいほどお得な制度です。

さらに職業訓練を受けてる間は、失業保険を受け取れる期間が延長される制度もありますので利用しましょう。

2.セミナーで就活のノウハウを身に付ける

職業訓練とは別にハローワークでは就職活動のノウハウを身に付けるためのセミナーも定期的に開催されています。 履歴書・職務経歴書の書き方や、面接のときの受け答えのコツなど、すぐに役立つ実践的な内容のものが多くあります。

また、同じように仕事を探している人たちとグループで受ける形式になっているので、同じ目標を持つ仲間が見つかったり、人とコミュニケーションを取る練習にもなります。

ハローワークはブラック企業の求人ばかりなのか

ハローワークの求人はよくブラック企業が多いといわれますが、実際のところ半分ぐらいはそのような求人で占めているという声を聞きます。ハローワークに優良求人が少ないことには理由があります。

ハローワークは無料で求人をかけることが出来るので、地元の中小企業の仕事が非常に多くなります。そのため転職サイトなどでは網羅できない地域の仕事がたくさんある一方で、結果として賃金が低い求人がとても多くなります。

求人数は多いが、給与や待遇の面では転職サイトの求人に劣ることもあり、転職サイトへの登録をして活動をする人もいます。ハローワークで求人を探すだけでなく、転職サイトも見て、より条件のいい正社員の求人を探してみてはいかがでしょうか。

サイトに登録して、求人を探したり相談に乗ってもらったりなどのサポートも受けたものの、結局就職しなかった人もたくさんいますので心配はいりません。これらの就職・転職支援サービスをうまく活用して、自分に合う就職先を見つけてください。

転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

賞与の平均はどのくらいか?【2018年】|転職時における注意点とは?

求人情報の給与の支給条件に賞与(ボーナス)年2回、決算状況により決算賞与を年1回支給など、就職活動や転職活動をしている新卒者や既卒者、第二新卒者の人にとって、仕事探しの重要条件になります。 求人情報を …

面接に落ちるのはなぜ?|面接の選考ポイントやその対策方法とは?

書類選考は通過できるのに、なぜか面接で落ちてしまう。面接でも自分では手応えはあったのに何がいけないのだろうかといった悩みに直面している人は多いのではないでしょうか。就活の面接で落ちることが多い人には、 …

残業時間月30時間は少ない方?|多いと感じるなら転職すべきか?

何時間の残業から激務だと思いますか。残業時間が月60時間ともなるとかなりの人が多いと感じるようになりますが、残業時間が月30時間となると意見は分かれ、多いと感じる人もいれば少ないと感じる人もいたり、ち …

就活用スーツの色や柄はどう選ぶ?|色や柄でライバルに差をつけられる?

就職活動のスーツを用意する際、まず色で悩みます。就活で大切なのが第一印象です。人の見た目が半分以上だといわれています。黒、紺、グレーならば問題ないことは分かるけれども印象に差はつくのでしょうか。 人柄 …

就職に英語力は必要か?|英語ができないと就職活動は苦戦するのか?

企業のグローバル化の流れに伴って、語学力がある人材を採用したい企業は多くなっています。英語力は就職活動をする上で役に立つことが多く、高い能力が身に付いていれば選考も有利に進めやすくなります。 選考基準 …