就職・転職

「仕事に行きたくない」原因と対処法は?|転職も視野に入れるべきか?

投稿日:2019年4月18日 更新日:

「仕事したくない」、「会社に行きたくない」という気持ちは、サラリーマンやOL、アルバイトをしている人であれば必ずといっていいほどあるはずです。この原因は職場で受ける「身体的疲労」と「精神的ストレス」によるものが主な要因となっています。

上手く人間関係を築ける人や、仕事を器用にこなせる人なら、仕事や会社に多少の不満はあってもやっていけますが、「身体的疲労」と「精神的ストレス」で悩まされる人にとって会社は「自分が苦しい思いをするために行く場所」など、苦痛の感情しか生まない場所でしかありません。

しかし、会社に行きたくないと思っている人は辞めることはもちろん、休むことさえ人一倍抵抗があったりします。どのように対処すればよいでしょうか。

「仕事に行きたくない」原因

「身体的疲労」と「精神的ストレス」を起こす要因は人それぞれで、きっかけは無数にあります。その中で多くの人に共通している主な要因は以下の3つです。

1.長時間労働

長時間労働は身体的疲労と精神的ストレスの両方の原因となります。仕事量は能力や体力による限界があり、それを超えると心身に大きな負担がかかります。

与えられた仕事が自分の能力や技術、体力の許容量を超えて働き続けると、疲労やストレスが蓄積して、仕事をしても失敗が続いてやる気が低下します。最終的には仕事が手につかなくなり、「仕事をしたくない」となります。

2.仕事が向いていない

向いていない仕事に就いていることで、それが精神的ストレスの原因になることがあります。たとえば、会社の業績悪化に伴い、営業経験のない技術系の職場にいた人が配置転換で営業部門へ異動となったケースを考えます。

不慣れな仕事をすれば、失敗が多くなり、営業成績が悪いため上司からの営業失格の烙印を押されることで仕事に対して必要以上のプレッシャーを感じてしまい、ストレスが蓄積したりモチベーションが低下したりしてしまいます。

3.人間関係

職場の人間関係は、精神的ストレスに大きな影響を与えます。たとえば、仕事に不慣れな新入社員に対して、上司の注意や叱責が過剰な精神的苦痛を与えていたり、与えられた仕事が本人の許容量を超えていることで、やる気が低下することがあります。

また、上司と若手社員を仲介する役割を持つ中堅社員が、上司と若手社員、それぞれの間で友好的に取りまとめようとすることが強いストレスとなり、それが仕事に対する嫌気につながることが多くあります。

このようなストレスで新入社員や中堅社員のやる気を削がれると、今度は上司が「部下が指導どおりに動いてくれない」と憤り、上司のモチベーションまでもが低下する悪循環を生むことになります。

「仕事に行きたくない」ときに出る症状

1.身体に現れる主な症状

身体の働きを調整する「自律神経」が正常に働くことで、健康な状態に保たれますが、過度なストレスを受けると自律神経のバランスが崩れ、身体に不具合が生じることがあります。肉体的におこる症状は、ほとんどが交感神経優位によるものです。

主な症状は以下のようなものがあります。

・疲労感:体が疲れやすい、朝起きることができない
・吐き気・胃腸の異常:吐き気、腹部膨満、便秘、下痢、腹にガスが溜まる食欲不振
・頭痛:頭がずきずきする、頭が重い、頭がふらつく
・筋肉の凝り・関節の痛み:首や肩の凝り、関節の痛みなど肩こり
・睡眠障害:不眠、日中の眠気

2.精神に現れる主な症状

自律神経が乱れると、脳内伝達物質「ドーパミン」「ノルアドレナリン」、そして「セロトニン」の分泌量に乱れが生じ、ネガティブな精神状態を引き起こすことがあります。精神的に起こる症状のほとんどが副交感神経優位によるものです。

主な症状は以下のようなものがあります。

・抑うつ気分
・やる気が出ない
・思考力や集中力の低下

疲労やストレスによる異常が出た場合の対処法

その根本にある原因を見つけ、解決することが重要です。

1.長時間労働や向いていない仕事が原因となっている場合

業務が多いなど、能力以上のことを求められてプレッシャーを感じる、失敗をしてしまうなどが理由で仕事が辛いという方は、上司や同僚に相談するなど、人に頼ってみることも大切です。仕事を行う上で重視すべきことは、その業務が予定通りに完了させることです。

人に頼ってはいけないということはありません。1人で抱え込むより、現状を伝えて業務を分担したり、同僚や先輩、上司に効率的な方法や注意点を聞くなどして、スムーズに業務を遂行することを意識します。

2.ストレスや心身の不調が原因となっている場合

疲れが溜まっていることが考えられるので、まずは休息をとるようにします。症状が回復しない場合は医療機関に相談することも必要になります。現職に関わらず、今後も仕事や生活を続けるには心も身体も健康であることが大切です。

特に症状がひどい時は休職するなど検討する必要があります。

3.人間関係が原因となっている場合

親や兄弟であっても、意見や考え方・価値観の違いからケンカをしてしまうことがよくあります。仕事であれば、なおさらです。人にはさまざまな考え方があることを理解し、受け入れるという考え方を身に付ける必要があります。

他人の考え方を変えるのは難しいですが、自分を変えるであれば、少しづつ意識して変わることができるかもしれません。自分の考えが柔軟になり、今までよりも付き合いやすくなる可能性があります。

価値観を変えるのは時間がかかるので、場合のよっては、上司に相談して現状の改善を図るのがよいかもしれません。

本当に仕事に行きたくないのであれば無理は禁物

会社は利益を出すことが第一の優先事項です。社員もある程度は利益が優先の動きをせざるを得ません。生活のためにも、仕事を失うのは困るというのは誰もが思うことです。

しかし、自分にとって不都合なことも受け入れなければいけないことがあっても自分にできないことを無理すると自分自身が苦しくなるだけです。その仕事が心身に悪影響があるような場合であれば、話は別です。

どうにも対処ができない場合は、最終的に人間関係や疲れ切った心身をリセットするために「仕事を辞める」「休職する」という選択肢もあるでしょう。仕事に行きたくないと苦しんでいる人が知るべきなのは、仕事は世の中にたくさんあるということです。

今の職場しかないと思うから、無理をしてがんばって苦しんでしまうわけで、他にも自分が働く場所があると思うことが、自分自身の心をふっと軽くすることがあります

転職のプロがあなたの不安を解消!

自分の働き方について疑問や悩みを抱えている人は、一人で抱え込まず転職に関するプロに相談することをオススメします。もちろん転職するか決めていなくても、お気軽に問い合わせすることができます。

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

面接辞退メールのポイント|失礼のないの無難な断り方のコツとは?

就活では第一志望から内定を貰ったなど、様々な事情で他に応募している企業の面接の辞退を連絡する時があります。面接の時間を割いて頂いている企業や選考途中の企業に対して辞退するのは気が引けるものです。 失礼 …

年収の平均はどのくらいでどんな生活実態か?|転職で年収アップできる?

生活するにあたって、収入を基準にする人は多いと思います。収入に見合った無理なく家賃が払える部屋に住んだり、家計を圧迫しない範囲で趣味を楽しんだりしている人が、ほとんどではないでしょうか。 年齢別、そし …

転職に年齢制限はあるのか?|年齢に応じた成功する企業選びを紹介

転職をするなら35歳までなんていわれていたこともあり、年齢的な部分で転職に不安を感じている人が多いです。一般的には年齢が高くなれば不利になるといわれていますが、何歳であろうと実際に転職に成功した人は多 …

短所の「優柔不断」を長所に言い換える|面接時でのアピール方法とは?

就職活動において、面接時で長所と短所を聞かれることが多くあります。そのとき、悩みどころとなるのは短所の答え方です。短所はネガティブなものなので内容と伝え方を間違えると仕事が出来ない人だと思われてしまい …

解雇予告手当とは?|解雇の内容で受給の制約はあるのか?

終身雇用制度の崩壊によりリストラなどによる解雇は、他人事ではありません。解雇されることによって生活費の調達が困難となってしまう従業員(労働者)を保護するための制度が存在します。 労働基準法により、勤め …