就職・転職

就活面接での自己紹介のポイント|好印象を与えるコツとは?【例文あり】

投稿日:2019年4月30日 更新日:

採用面接の自己紹介は通常の自己紹介とは内容が異なります。

面接では第一印象が重要。

初対面の面接官は、自己紹介を見て志望者の印象を決めることも少なくありません。

最初の自己紹介で良い印象を持ってもらえれば、その後の面接が非常に有利になります。

では、採用面接における自己紹介では何を話せばよいのでしょうか。

さらに、話すときの注意点はどのようなことでしょうか。

☞ 就活に有効な無料の高精度自己分析ツールが使える『OfferBox 』とは?

面接で自己紹介を行う理由

初対面の人間が集うと、どうしても緊張や不慣れから会話がスムーズに進まないことがあります。

そのため、お互いの緊張をほぐすために自己紹介を実施します。

特に、就職活動における面接では学生が極度に緊張してしまうケースが多くあるため、多くの企業で自己紹介や雑談を行っています。

この自己紹介によって目の前にいる学生を知ることができます。

自己紹介と自己PRの違い

自己紹介と自己PRはどちらも自分のことについて話すことに変わりありませんが、企業はこれらを別物と捉えています。

面接によっては自己紹介の次に自己PRを述べることもあるので、それぞれの違いを知った上での準備が必要となります。

1.自己紹介は自分のことを簡潔に話す

自己紹介の目的は「あいさつ」と「コミュニケーションのきっかけ作り」です。

自分自身のことについて簡潔に話します。

所属や氏名、専門分野、趣味、特技、自己PRとなる活動概要などについて述べます。

自己紹介は初対面の人への挨拶ですので、ハキハキと大きな声で笑顔を意識し、相手からの第一印象を出来るだけよいものにするようにします。

話す内容は履歴書を見ればわかることが大半ですので、話す内容そのものは重要ではありません。

応募者の中の一人の位置付けではなく、もっと話を聞いてみたいと思う人の中の一人として面接官の印象に残ることを目的としています。

2.自己PRは自分の強みを軸に話す

自己PRの目的は「能力や意欲のアピール」です。

面接では主に自分のひとつの経験を掘り下げて話します。

短い時間で自分はどんな人間なのかをアピールすることだといえます。

目的としては、自分がいかに志望する企業に必要な人材であるかをアピールすることなので、自分の強みを企業でどのように貢献できるのかを絡めて話すと効果的です。

☞ オファー型就活サイト『OfferBox 』とは?

自己紹介で話す内容とは

自分のプロフィールを簡潔にわかってもらうことや面接でPRをしたい内容に簡単に触れることを意識することが必要になります。

【自己紹介の例】

大学・学部・学科名

氏名

面接でPRしたいことに触れる内容

  • 学校で学んできたこと
  • 学業以外の活動・特技
  • 企業に対して魅力に感じている点

結び

【具体例】

○○大学 ○○学部 ○○学科から参りました

○○○○(氏名)です。

趣味はバドミントンで大学のサークルに所属しています。特技はエレクトーンです。

学業以外では、主に洋服の販売のアルバイトに力を注いできました。

現在、アルバイトリーダーとして後輩5名の育成にも携わらせていただいています。

お客様に喜んでもらえるような販売員になることを目指していきたいです。

本日はどうぞ宜しくお願いいたします。

ここで気をつけてほしいのが、話の内容がエントリーシートや履歴書に記載したことと食い違いのないようにすることです。

特技や成果など、話と書類が違っていては真実味が薄れてしまいます。

自己紹介をうまく伝えることが出来ない場合の対処法

自己紹介を考えるときに文章でまとめてしまうと上手くいかないことがあります。

文章のまま覚えると細部までそのまま伝えようとするあまり、話す順番や語尾にこだわってしまい棒読みのように聞こえてしまいます。

伝えたいことを箇条書きでまとめるとよいでしょう。

そうすることで語尾などの細部にこだわることがなくなるので、自分の言葉で話せるようになります。

自己紹介の適切な長さは?

自己紹介は1分以内で話せる長さがよいと言われます。

内容にもよりますが、聞いている側が物足りなさや退屈さを感じない程度の適度な長さです。

1分間の文字数の目安は250〜300字程度です。

ただし、中には「30秒で自己紹介をお願いします」、「2分で自己紹介をお願いします」などと時間を指定されるも場合もあります。

それぞれの時間の場合にどのような話をするかを事前にまとめておくとよいでしょう。

面接で上手に自己紹介するコツ

以下のポイントを意識して自己紹介の準備をしておきましょう。

  • 手短に話すことを意識する
  • 相手に正しく内容を伝えることを意識する
  • ゆっくり話すことを意識する
  • 実際に自己紹介の内容を作成して声に出して話し、かかる時間を把握しておく

面接時に緊張してしまい、事前に準備した自己紹介の内容を忘れてしまうことがありますので、実際に何度も声に出して練習をしておきましょう。

何度も繰り返し練習すると、面接でもある程度滑らかに話すことができます。

自己紹介は最初の印象が決まるので、明るく、はつらつと、適切な声の大きさ・トーンで話すことを意識しましょう。

【就活生の4人に1人が登録!】オファー型就活サイト『OfferBox<オファーボックス>』

OfferBoxは、逆求人サービスにおける利用企業数業界1位です。

しかも、自己分析テストや就活イベントもある逆求人に留まらない就職サイトです。

利用企業数 5600社以上(2019年12月時点の実績)で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用しています。

オススメするOfferBoxのポイント3つ

  • 大手からベンチャーまで数多くの企業からのオファーが来る!
  • 高精度な自己分析ができる!
  • 単なる逆求人サイトに留まらずイベントが豊富!

学生に対して一斉スカウトメールを送れない仕組みをとっているため、迷惑メールがなく、プロフィールや強みをしっかり見たうえで、スカウトメールが届くので安心です。

また、OfferBoxには高機能な自己分析ができる「AnalyzeU+」と他己分析もできる「適性診断360度」があります。

これらの適性診断の結果をもとに、自己PRをさらに磨くことができます。

さらに、選考直結するインターンや業界研究まで様々なイベントに参加することができます。

まずは、あなたの価値を知るために自己分析からはじめましょう。

無料登録 ☞ OfferBox

この他にも特色のある就活サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

内々定辞退のポイント|お互いに良い関係を築ける辞退のしかたとは?

複数の会社から内々定をもらった状況で、他の会社への入社を決めた場合などに内々定を辞退することがあります。 内々定辞退をする際、基本的には電話連絡をするものです。 複数の内々定をもらえるのは嬉しいことで …

12時間労働は正直きつい!|健康へのリスクを考えて働き方を見直す

世の中の仕事には残業がつきものです。 しかし、一般の仕事では8時間勤務のあとに2時間残業で、トータル10時間勤務くらいが多いのではないでしょうか。 しかし、会社によっては、正社員であっても残業が少なか …

労務管理の仕事内容とは?|未経験者が転職する場合はどうすればよい?

企業の経営活動とは人・モノ・金・情報などの経営資源を事業に投入することによって、目標とする成果を生み出す活動のことを指します。 経営資源をいかに効率的に確保して組織化し、効果的かつ継続的に活用するかに …

就活の電話マナーのポイント|心に留めておきたい電話の基本事項とは?

就活において、企業の採用担当者と選考・面接以外で直接コミュニケーションをとらなければいけないのが電話です。 顔が見えないために誤解を生じやすいツールでもあることに注意が必要です。 採用担当者に良い印象 …

仕事辞めたいが転職すべきか?|転職活動をしながら転職するか考える

「仕事の幅を広げたい」「違う業界を経験してみたい」「給料が高い仕事に就きたい」など、会社を辞めたくなる理由は人によって様々ありますが、果たして転職すれば解決するのか誰もが悩んで当然です。 一方で、仕事 …