就職・転職

ブラック企業の特徴と見分け方|就活で注意すべきポイントはこれだ!

投稿日:2019年5月5日 更新日:

日本の経済が長い期間に渡り、停滞しています。ブラック企業という言葉はかなり前からあり、ここ数年の間にメディアによって大きく取り上げられ、ブラック企業という言葉が一般的に認知されるようになりました。

ブラック企業と分かっていればそのような会社には入社したくありませんが、そのブラック企業の特徴を見抜き、ブラック企業に人生を蝕まれないような知識も労働者側にも必要になっています。

ブラック企業によくある特徴とは?

1.長時間労働である

ブラック企業は従業員を働かせるだけ働かせます。そもそも、長時間労働が無ければ「ブラック企業」ともいえないほどです。達成困難なノルマや通常の企業では考えられないほどの仕事を丸投げされる場合もあります。

「過労死ライン」の月80時間の残業時間を超えるような状態が続くのはブラック企業の象徴といえます。仕事が終わらないのは社員の責任だという風潮がいまだに日本全体に残っており、解決しなければならない社会の課題です。

2.休日が少ない

ブラック企業は利益最優先で社員をロボットのように扱い、ボロボロになるまで働かせるという傾向にあります。ブラック企業の特徴に休日が少ないことが挙げられます。

休みがあったとしても体を休めるだけで終わり、充実した生活を送ることができないことが明白です。有給休暇を取得しようとしても上司が許可せずに欠勤扱いとされ、給料が減らされるケースもあります。

中には全く休みを取ることを許されずに毎日働かされて、その結果過労死となるケースもあります。

3.給料が低い

労働時間と共にブラック企業と判断されるのが、給料の低さです。時給で比較すると明らかにアルバイトの方が条件のよい所さえあります。非正規雇用が多く、いくらでも替えがきくと考えて、このような処遇をするのでしょう。

4.残業代が出ない

深夜まで仕事を続けていても給料が上乗せされるということはなく、サービス残業として扱われてしまいます。労働基準を無視した時間を仕事に費やし、社員は精神的にも肉体的にも疲弊し、ボロボロになっていきます。

また、求人情報の残業時間は実際のものよりもかなり少ない時間が記載している場合があります。求人内容として記載されている労働時間が本当であるか、見極めることがとても重要になります。

5.社員の募集を常時行っている

劣悪な環境で働いていると、当然社員は離れていきます。また、ブラック企業は、使えなくなった社員を簡単に切り捨てます。とても離職率が高く、入れ替わりが激しくなっています。常に求人をしている企業は要注意です。

入社した社員が何人もすぐに辞めてしまうのは、企業の方に問題がある証拠なのです。

6.社風が体育会系

ブラック企業は体育会系が多く、上司や社長の言うことは絶対です。上司から理不尽な事を言われます。

長時間労働に耐えられない場合は根性が足りないとかたづけ、暴言という叱る行為によって社員が伸びるなど、勘違いしている職場で働くことで、精神的に追い詰められた従業員がうつ病を発症したり、自殺をするほど追いつめられる例が数多くあります。

ブラック企業の見分け方

1.通常の相場よりも給与が極端に高い求人

給与が極端に高い場合にも注意が必要です。厳しいノルマを達成した場合の特殊な例としている可能性があります。入社後は成果を出さないと相当なプレッシャーをかけられる可能性が高いでしょう。

企業も慈善事業ではないので、給料に見合うだけの成果を社員に求めます。そのため、残業や休日出勤が多くなり、仕事がすごくキツイということになります。

給料が高いから入社を決めたのに働きにくい環境だったり、何年勤めても昇給がほとんどなかったりということもあるので注意が必要です。

2.大量採用・応募条件の緩い企業

社員数に対する募集人数の割合が多い、応募条件が緩いなど、このような企業は採用してからふるいにかけて大量に脱落させるパターンやブラック企業であるがゆえに離職率も高くなるなどの恐れがあります。

また、このような企業では面接があっさり通ってしまうので、その点もチェックポイントになります。内定が出ずに焦っている人ほどこの手の企業に入社してしまいがちなので注意が必要です。

3.給与条件が「みなし残業」や「年俸制」

基本給の金額や残業代が明記されていない場合は、みなし残業制度の悪用や残業代不払いなど違法労働の温床になりやすくなります。また、給与だけでなく手当や休日などに関する情報が不足している場合は面接の際にきちんと確認しましょう。

面接官が嫌な顔をしたり、きちんと答えられなかったりする会社であれば、ブラック企業の疑いがあるので、入社するべきではないでしょう。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

夜勤手当とは?|割増賃金や深夜割増賃金との違いとは?

工場や病院で仕事をするとき、職場によっては「夜勤」がある場合があります。夜勤などの交替勤務制を導入している工場や病院の中には夜勤手当や交替勤務手当を支給しているところもあります。夜勤は夜中や早朝に働く …

内定辞退の電話連絡|お互いに良い関係を築ける辞退のしかたとは?

複数の会社から内定をもらった状況で、他の会社への入社を決めた場合などに内定を辞退することがあります。内定辞退をする際、基本的には電話連絡をするものです。 複数の内定をもらえるのは嬉しいことですが、やは …

就活メールは件名にこだわる!|名前を入れてライバルとの差別化を図る

就活メールにもマナーがあります。応募するとき、問い合わせをするときなど、就職活動の中で応募先企業とメールのやりとりをする機会は多いものです。きちんとビジネスマナーに沿ったメールを書かないと、応募先企業 …

内々定辞退のポイント|お互いに良い関係を築ける辞退のしかたとは?

複数の会社から内々定をもらった状況で、他の会社への入社を決めた場合などに内々定を辞退することがあります。内々定辞退をする際、基本的には電話連絡をするものです。 複数の内々定をもらえるのは嬉しいことです …

就活での面接中の会話を録音することは可能か?|録音するメリットとは?

就活の面接対策として、誰かの体験談を聞いてみたり、ネットで口コミを調べてみたりといった方法もありますが、人づてに聞くよりも実際の面接の会話内容のほうが、明らかに有益な情報だといえるでしょう。 面接は振 …