就職・転職

内定通知の電話にどう応対する?|好印象を持ってもらうポイントとは?

投稿日:2019年7月2日 更新日:

就職活動や転職活動では、採用試験を受け、最終面接に合格した場合の内定通知が出るまでの期間や通知方法は、会社や団体などによって差があります。

会社の一員となる上で、最初のステップとなる内定通知ですが、相手の担当者に失礼のないような対応ができるように、事前にしっかりと準備をしておきましょう。

☞ 就活に有効な無料の高精度自己分析ツールが使える『OfferBox 』とは?

内定通知に使用される手段

内定通知は電話、メール、郵送のいずれかの方法で通知されますが、一般的には電話での通知が多いことが分かっています。

どの会社からの電話か一目で分かるように最終面接を行った会社の電話番号は登録しておきましょう。

また、電話以外の通知の可能性もあるので、1日に数回程度はメールが来ていないかどうか確認し、郵便ポストも毎日チェックしておきましょう。

面接の結果について

1.時期

面接の合否連絡がくるまでの期間は会社によって異なります。

面接の結果は、電話またはメールの場合は3日ほどで、郵送の場合は1週間程度になります。

面接時に面接官から結果連絡についての説明がない場合は、連絡手段や連絡時期を確認しておくとよいでしょう。

先方から伝えられた期間を過ぎても結果連絡がない場合は、自ら問い合わせの連絡をしても問題ありません。

ただし、その場合は担当者は多忙であることを考慮して、選考結果はいつ頃になるかという尋ね方で催促しているイメージを無くすようにするとよいでしょう。

2.内定の場合の対応

電話で内定の連絡がきたときは、その場で意思表明できますが、メールや郵送で通知がきたときは、なるべく早く電話で入社の意思がある旨を伝えるようにしましょう。

なお、内定を辞退する場合は新たな人材を確保するという先方の手間や時間を考えると、なるべく早く連絡するのが望ましい行動です。

辞退の理由は、「諸般の事情」など漠然としたもので問題ありません。

また、選考中の会社がある場合は返事を待ってもらうことも可能ですが、猶予期間は1週間が限度と認識しておきましょう。

☞ オファー型就活サイト『OfferBox 』とは?

電話で伝えるべきポイントとは?

1.内定へのお礼と自分の意思を簡潔に伝える

「この度は内定の通知をいただき、ありがとうございます」と内定を頂いたことに対して、きちんと感謝の気持ちを伝えます。

そして「内定をお受けいたします」と明確に自分の入社の意思を伝えます。

2.入社への意気込み・気持ち

入社するにあたって、自分の意気込みや頑張っていこうという気持ちを伝えましょう。

長々と話す必要はなく、簡潔に伝える程度で問題ありません。

3.必要な書類・手続き等の確認

何度も連絡して手続きなど手順を聞くことのないように、入社までに揃えておくべき必要書類、手続き、スケジュールの確認をしましょう。

また、事前に聞いておきたいことがあればこのタイミングで確認しておきましょう。

話すときは落ち着いてゆっくりと

内定の連絡が来ると、つい興奮してしまい、電話口ではいつもと違って早口で話してしまいがちです。

焦らずにゆっくりと落ち着いて話を聞き、話すときもいつもよりもゆっくり話すことを特に意識しましょう。

一呼吸置きながら、慎重に言葉を選ぶように話し、感謝の気持ちや内定承諾の意志を伝えましょう。

丁寧な対応を心がけて最大限の好印象を与えよう

内定通知の連絡が来た際には丁寧な対応で答えるということを心がけます。

「これからよろしくお願いします」という社員としての最初の挨拶です。自分がその企業で働いていきたいという前向きな姿勢を伝えていくことが大切です。

当たり前のようなことではありますが、これをきっちりこなしておけば、会社側に好印象を持ってもらえます。

何事にも丁寧に対応することです。

【就活生の4人に1人が登録!】オファー型就活サイト『OfferBox<オファーボックス>』

OfferBoxは、逆求人サービスにおける利用企業数業界1位です。

しかも、自己分析テストや就活イベントもある逆求人に留まらない就職サイトです。

利用企業数 5600社以上(2019年12月時点の実績)で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用しています。

オススメするOfferBoxのポイント3つ

  • 大手からベンチャーまで数多くの企業からのオファーが来る!
  • 高精度な自己分析ができる!
  • 単なる逆求人サイトに留まらずイベントが豊富!

学生に対して一斉スカウトメールを送れない仕組みをとっているため、迷惑メールがなく、プロフィールや強みをしっかり見たうえで、スカウトメールが届くので安心です。

また、OfferBoxには高機能な自己分析ができる「AnalyzeU+」と他己分析もできる「適性診断360度」があります。

これらの適性診断の結果をもとに、自己PRをさらに磨くことができます。

さらに、選考直結するインターンや業界研究まで様々なイベントに参加することができます。

まずは、あなたの価値を知るために自己分析からはじめましょう。

無料登録 ☞ OfferBox

この他にも特色のある就活サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

SEへの転職は有望?|自分のスキルを活かせる企業に転職する方法とは?

今の会社に不満がある、漠然と今の仕事をしている、やり甲斐を求めたいなど、転職がちらついているような場合、SEとしてのキャリアや転職について真剣に考えてみませんか。 年収もある程度高く現在人気の職業とい …

就活に英語力は必要か|効果的な英語力のアピールのしかたとは?

就活に英語力は必要だと思いますか。外資系企業など一部の企業では、採用条件として高い英語力を求めています。 高い英語力を求める企業に応募する人は、すでに英語を勉強していることでしょう。 一方、高い英語力 …

エントリーシートの自己PR|内定獲得に繋がる書き方のコツとは?

この記事ではエントリーシート(ES)の志望動機の書き方について紹介します。 ES選考は、就職活動の最初の関門ですが、どのようにESの志望動機を書けば選考を突破できるのか分からず、悩みを抱えている人は多 …

面接での質問への対策とは?|4つに集約されるパターンをマスターする!

就職活動の際、最も緊張する瞬間が面接です。面接は営業活動に似ています。応募しているライバルの中から、自分を選んでもらわなくてはなりません。 面接官が本当に知りたい、質問の本質的な意図を察知し、それに的 …

パワハラで退職を決意!|退職前や転職の準備にするべきこととは?

パワハラが原因で退職をする時はどのようにしたら良いのか。 パワハラで退職を考えている人や退職を強要されている人は、その証拠を残しておきましょう。 また、退職届の退職理由をどう書けばよいのか迷う人も多い …