就職・転職

面接のコツ|面接官が見ている採用に繋がるポイントとその対策とは? 

投稿日:

ほとんどの企業の採用は面接第一主義です。事前準備をせずに面接に臨むのであれば、時間の無駄になります。面接に臨むならば「内定」を勝ち取りたいところですが、面接を苦手とする人が多いのも事実です。

多くの就活生は面接に不安を持っていますが、面接にはコツがあります。面接での第一印象は、短い時間の中で重要なポイントになります。いくら能力が高くても、第一印象で好感を持たれない場合、最終選考まで残ったとしても内定は取れません。

その他にも面接官に好印象を与えるために、準備段階でやっておくことは何か確認しておきましょう。

面接官は何を見ているのか?

面接官が見ている項目は大まかにいえば以下の3項目になります。

  • 能力(スキル)、専門知識、経験はあるか。
  • 会社に対する興味関心がなく、入社後に退職するような要素を持っているか。
  • 人間関係で問題を起こす可能性はあるか。

面接官もサラリーマンなので責任を持ち一定の評価を得ないといけない立場になります。

入社後、能力がないため使い物にならなかったり、すぐに退職したり、人間関係でトラブルを起こすといった会社に損失を与えるようなことになった場合、自分の評価が落ちることになり、出世に影響を及ぼします。

優秀な人を探すような冒険はしない

面接官も面接時の数分間で優秀かどうか見抜くことなどできるはずがないと考えているので、失敗を避けるかのように優秀な人を見つけるというような積極的な採用を目指さず、消極的な採用にならざるを得ないのです。

面接は準備で決まる

このように考えると「能力があり、会社への興味関心があって、退職するようなネガティブな要素はなく、人間関係も上手くやっていける」と面接官に思わせることができれば、採用に近づきます。

能力や人柄は、短期間に簡単に変えられるものではありませんが、現在の状況を前提として、これを効果的に面接の場でアピールします。

面接官にアピールすることは求められる仕事ができるという自信です。自信のない態度に対して、人は不安を覚えるので、面接ではこれを払拭するように努めます。そして、会社に対する興味です。会社や仕事に対して興味を持つ相手に好感を持ちます。

このため、会社を有効に調べてきたことが伝わるように会社のホームページにあるIR(インベスターズ・リレーション)関連の資料を読み込みや最新の有価証券報告書などを読み込んでおくとよいでしょう。

さらに志望動機など必ず聞かれるような質問の回答はあらかじめ準備しておきます。応募書類と矛盾がないか、アピールできる内容になっているか気をつけて考えましょう。熱意を伝えるために、会社への質問も考えておきたいところです。

また、人間関係も上手くやっていけるといった協調性のある人と思われる要素は、大まかにいえば、「誠実」、「自分で考える」、「明るい」「成熟している」の4つの要素であるといえます。

まずは誠実でない印象を持たれないためにも嘘を徹底的に排除しなければなりません。小さな嘘でも面接官に見抜かれたら誠実でないと見なされます。

自分で考える人をアピールするには、相手の質問を正確に聞き、その質問に対応した受け答えがきちんとできることが重要になります。ライバルとの差をつけることを意識して、模範的な解答をしても質問者の意図しないものであればマイナス印象に繋がります。

また、一緒にいて楽しいと思う人と仕事をしたいはずなので明るい人は好まれます。加えて、大人同士としての距離感を保つことができる成熟した人は職場にトラブルを持ち込むようなことはしないので好まれます。

協調性のある人は会社にとって必要な人材ですので、このような人物像を意識した面接対策を行えば、採用の可能性が高まります。

面接の練習をしよう

回答の内容だけを用意して面接の練習はしないという人がいますが、それは間違いです。回答を考えるだけでいるのと実際に口に出して練習するのでは大きな差があります。

何度も練習することで、本番時の受け答えがスムーズになるのはもちろんのこと、自信をつけることもできます。その上で実際の面接では80%の力を出せれば十分です。

つまり80%の力でも就活面接を突破できる位、しっかり準備することが面接を突破するための条件といえます。

面接練習なら就活支援サービスの利用がオススメ!

面接練習をしてない。一人では上手くできないなど、悩んでいませんか。就活に関する悩みは一人で抱え込まず、就活支援サービスを利用して相談してみましょう。

経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施しており、利用者の方の適性に応じた求人のご提案や、企業にアピールできる書類作成のアドバイス、強みを伝えられる面接対策をしてもらえます。

面接日時の調整や、内定辞退の手続きなど就活時に大変なやり取りは就活支援サービスが代行して行うので、就活に集中することができます。就職したいけど自信がない。誰かに相談してみたい人は、まずは登録しましょう!

登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

内定辞退メールの書き方|誠意が伝わるお詫びの仕方とは?【例文付き】

就職活動や転職活動を行う際、入社したい企業に必ず採用される保証がないため、一般的には複数の会社に応募します。しかし、本命の会社と押さえておく会社の面接を両方受け、どちらも内定をいただいた場合、どちらか …

プロパー社員の実情に迫る!|中途入社社員との待遇の違いとは?

「プロパー」の意味はご存知ですか?プロパーとは英語のproperであり、多くの意味がある語ですが、ここでは「正式の、固有の」という意味合いで使われます。 プロパー社員という言葉を聞いたことがある人も、 …

有給買取は認められる?|付与日数・繰越等の有給休暇に関する法律とは?

仕事を休みたいとき、最も簡単に利用できるのが「年次有給休暇」(以下、「年休」)の取得です。有給休暇が何日分残っているか把握していますか? 多くの人が毎年新たに付与されるものですが、仕事が忙しくて、結局 …

インターンシップの目的とは?|目的理解と目標設定で内定を勝ち取る!

多くの企業がインターンシップを導入しています。ある程度、行きたい企業がはっきりとしているのであれば、インターン生として前もって会社の様子を知っておきたいはずです。 就活生のインターンシップに参加する際 …

住宅手当の相場はどのくらい?|転職者はどこに着目しているのか?

転職活動をする際、給与額を検討要素に入れる人が多いと思います。給与以外にも福利厚生制度で「家賃(住宅) 手当」の名目で金銭を給与に上乗せ支給することを行っている企業もあります。 この制度の有無が支払わ …