就職・転職

内定の取り消しへの対応策|最大のピンチを乗り越えるポイントとは?

投稿日:

内定取消は、企業側から何らかの理由で一度決まった採用内定を取り消すことです。内定とは、そもそも企業と求職者(内定者)との間に条件付き労働契約が結ばれたとみなされる状態です。

長い就職活動を経て、ようやく内定を獲得して、これを前提に求職活動を中止したりするなどの行動を取るのですから、内定を取り消されてしまうことのダメージは計り知れません。

人生最大のピンチに匹敵するような事態に対して、どのように対処すればよいのでしょうか。

内定取消は解雇と同じ

内定をもらった時点ではまだ働いていませんが、採用内定を通知した時点で、入社日から就労する労働契約が成立している状態となります。そのため、内定通知書を受け取った後の内定取り消しは「解雇」と同じ扱いになります。

ただし、入社日までに一定の理由があった場合には、その契約を解約できるという契約が成立しているとされています。内定は法的に労働契約が成立していると判断されるため、内定取り消しは「労働契約の解消」となり労働法上の問題が発生します。

したがって、内定取消は、一般の解雇と同じ扱いとなり、正当な理由と認められない内定取消しは無効となります。なお、内定取消の理由は、内定通知書や誓約書などに記載されている事項に該当した場合(たとえば、卒業できなかったなど)などと限定されています。

内定取消を無効にするために法的に争うことは可能

内定を取り消された場合、法的な手続きを経て、内定取消の撤回や損害賠償を求めることもできます。しかし、納得できる結果になるかどうかは、あくまでもケースバイケースになります。そして、法律の専門家に依頼する場合には、費用が掛かります。

裁判などの法的な争いをする場合には、このことを念頭に置いて行動しましょう。内定取消には納得いかないけれど、出費があるのは抵抗があると考える人は、無料相談や電話相談などを行っている事務所もありますので、まずはそちらを頼るのがよいでしょう。

法的な対策を望む場合、鍵となるのは内定取消の理由です。企業側の一方的な理由での内定取消は、無効と判断される例があります。内定通知の手紙や、同様のメールなどが残っていれば、裁判で争う際に有利な証拠となります。

内定取消はめったにないケースといえますが、内定を受けた後でも何が起こるか分からないと考えた場合、内定に関する書類の保管をしておいた方がよいでしょう。

また、企業側から内定を辞退するように進められるケースもあるようです。そのような話しを持ちかけられた場合には、了承してしまうと辞退したとされてしまうので注意が必要です。

内定取消された会社に入社したいか再考する

内定取消については、法的な手段を取ればに内定取消の撤回など有利になるケースがありますが、内定取消を無効にできたとして、果たしてその企業に入社して働きたいと思うことができるでしょうか。

理不尽な対応をとる企業に就職したところで明るい未来があるとは思えません。入社したいと一度は希望した企業とはいえ、一方的に内定取消の扱いをされると間違いなく印象は悪くなります。

その上、内定取消の撤回を求めて争っているわけですから、内定取消の撤回で入社できたとしても円満に会社生活が送れるかというと、限りなく難しいと言わざるを得ません。

このように考えると内定取消の撤回を求めずに損害賠償を求める方向に切り替えて、さっさと気分を切り替えて誠実な企業への就職を目指したほうが良いかもしれません。

就職は人生のプランを大きく変える分岐点のひとつなので、よく考えてから判断することをオススメします。

内定取消後の新たな就職先を見つけるときのオススメは?

内定取消は本来ならば合理的な理由があり、企業と内定者の間で然るべき手続きをした上で行うものです。そのような段階を踏むことを怠るような企業に入社しても、その後の会社生活で大変な思いをしてしまうかもしれません。

思い切って就活エージェントなどの就活支援サービスを活用し、快適に活躍できる企業を改めて探すのも方法の一つです。就活エージェントでは、専任のアドバイザーが条件に合った企業をマッチングしてくれます。

さらに、履歴書の書き方・添削や面接対策などのアドバイスもしてくれるので、一人で就職活動を続けるよりも心強いはずです。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活に英語力は必要か|効果的な英語力のアピールのしかたとは?

就活に英語力は必要だと思いますか。外資系企業など一部の企業では、採用条件として高い英語力を求めています。高い英語力を求める企業に応募する人は、すでに英語を勉強していることでしょう。 一方、高い英語力ま …

解雇予告手当とは?|解雇の内容で受給の制約はあるのか?

終身雇用制度の崩壊によりリストラなどによる解雇は、他人事ではありません。解雇されることによって生活費の調達が困難となってしまう従業員(労働者)を保護するための制度が存在します。 労働基準法により、勤め …

市役所(地方公務員)の志望動機|書き方のポイントとは?【例文あり】

市役所職員というと安心・安定のイメージがあり、「定時で帰れて、給与も上がっていくから市役所の職員になろう」と簡単に考えてしまう人も多いでしょう。民間よりも楽だと勘違いをして試験を受けると不合格になって …

労務管理の仕事内容とは?|未経験者が転職する場合はどうすればよい?

企業の経営活動とは人・モノ・金・情報などの経営資源を事業に投入することによって、目標とする成果を生み出す活動のことを指します。経営資源をいかに効率的に確保して組織化し、効果的かつ継続的に活用するかによ …

履歴書の書き方のポイント!|本人希望記入欄に「特になし」は問題ないのか?

履歴書に「本人希望欄」という項目があります。ところが、この本人希望欄には何を書くべきなのか意外と曖昧です。特に希望がなければ「なし」と書いて問題ないのか。好き勝手に希望を書いていいのか。 それとも企業 …