就職・転職

(転職)未経験職種への挑戦|スムーズに進めるためのポイントとは?

投稿日:

「未経験歓迎」「未経験可」などを転職サイトや求人票でよく目にしますが、本当に「未経験」で応募できるものなのでしょうか。企業が未経験者を採用することは、転職希望者だけでなく、企業にとってもメリットがあります。

「未経験可」という言葉には人材に対する期待や渇望感が凝縮されています。応募者側からすると新しい業種や職種に転職するのは大変なことです。多くの不安がつきまといます。スムーズな転職のために欠かせないポイントは何か知っておきましょう。

「未経験可」の求人は注意が必要

転職を考える場合、今まで経験した職種とは異なる未経験の職種に就きたいと考える人が多いです。新しい仕事にチャレンジすることによって、新鮮な気持ちで仕事に挑むことができるだけではなく、新しい能力を育てることにもつながるといえます。

求人広告で「未経験可」はよく見られますが、これは応募者の間口を広げるために記載されている場合も多いです。中途採用において企業が最も採用したいのは、やはり即戦力です。企業側は、より多い希望者の中から会社に必要な人材を選びたいと考えています。

また、経験者よりも未経験者が優遇されるケースは少ないといえるため、求人に応募することができても、選考に通らないことは十分考えられます。未経験の人材を採用する場合、企業側はできるだけ若手を採用したいと考える傾向があります。

一般的に「異業界・異職種」へ転職する場合、上限は25歳ぐらいまでで、できればビジネスマナーをひと通り身につけた22~23歳くらいで、一般的には第二新卒といわれる人材を求めるケースが多いです。

未経験可求人の正体は「経験者がいなければ未経験者を採用します」という意味合いが含まれている場合もあるので注意が必要です。

「未経験」にも種類がある

「未経験者歓迎」と言っても、実は以下のように細かく分かれています。どの部分について未経験者が歓迎なのかは募集している企業によって異なるので注意が必要です。

未経験の種類
種類 内容
未経験 業種・職種のいずれの経験を問わない求人
職種未経験 同じ業界の経験があれば、「営業」や「事務」といった職種は問わない求人
業界未経験 同じ職種を経験していれば「製造業」「出版業」「アパレル」といった業界を問わない求人

最も多いのは「業界未経験可」の求人です。たとえば、営業職の募集であれば、営業経験があれば、違う業界での経験でも構わないと考える企業は多いようです。

「未経験」の職種に転職しようと考えるなら

1.未経験者が採用されやすい業種は?

正社員で未経験者が採用されやすい業種は、やはり人手不足の業種です。代表的な業種は運送業、小売り・飲食業が挙げられます。

意外なところでは、製造業が挙げられます。海外拠点の人件費が上がり、また、品質確保のため、国内回帰が増えています。事務系・技術系・製造現場含めて、中途採用を積極的に行っています。

2.未経験者が採用されやすい職種は?

正社員で未経験で採用されやすいのは、営業職とSE職です。営業職は高いコミュニケーション能力や積極性、情報収集力などが求められます。

営業スタイルは業界や企業によって若干異なりますが、基本的な営業スキルを身に付ければ業界問わず幅広く活躍できます。営業職は転職先の王道ですが、出入りが多い、すなわち、大変という面も見逃せない部分ではあります。

現在はネット社会で、今後も普及しますので人手不足が続きます。このような背景もあり、SE職も未経験から転職しやすい職種の一つになっています。IT業界では常に新しい技術開発が進められていますので、向上心があれば未経験でも十分転職可能です。

未経験から転職で重要となるポイント

未経験の業界や職種に挑戦する際に、今までの経験やスキルが全く活かせないというわけではありません。基本的なビジネススキルはどんな業界でも求められますし、前職で培ったスキルや資格の中には、応募先の企業で活かせるものがあるかもしれません。

また、面接で注意したいポイントは、志望動機を明らかにすることです。未経験の方は特に入念に対策をする必要があります。スキルや経験がない分、今後積極的に学んでいく向上心のアピールも大切になります。

現状の課題として認識している事柄を述べることで、客観的に自分を評価する視点や、適切な目標を設定する能力が評価されるかもしれません。

未経験の職種への転職が不安な人は転職エージェントを利用する手もある

未経験職種への転職に不安があったり、スムーズに転職活動を進めたかったりする人は転職エージェントなどの転職支援サービスを利用することも1つの方法です。

転職支援サービスは、企業求人の紹介の他にも、自分の能力と企業との仕事マッチングを行ってくれたり、応募書類の作成について指導してくれたりと、転職にまつわるさまざまなステップでサポートを受けることが可能です。

未経験業種や職種の正確な情報について収集することは難しいとお困りの人には、経験豊富な専任の就活アドバイザーが各業種や職種、紹介する企業の特徴についてなどの疑問にも丁寧に説明してもらえます。

転職で悩んでいませんか? 転職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就職に英語力は必要か?|英語ができないと就職活動は苦戦するのか?

企業のグローバル化の流れに伴って、語学力がある人材を採用したい企業は多くなっています。英語力は就職活動をする上で役に立つことが多く、高い能力が身に付いていれば選考も有利に進めやすくなります。 選考基準 …

インターンシップで給料もらえる?|支払いの有無とその理由とは?

インターンシップは、学生が企業側へお願いをして職場体験をさせてもらっているイメージがあり、給料をもらえる概念すらない参加者もいます。しかし、インターンシップでも給料が支給される場合があります。 従来の …

転職までの期間が長いと不利になる?|過ごし方や理由はどう考える?

会社を自己都合で退職し、就職活動して希望する条件に合う就職先が見つからず、気が付くと就職するまでの期間(無職期間)が長くなってしまったという人も多いのではないでしょうか。その時に問題になるのが、履歴書 …

就活を失敗した人のその後はどうなる?|復活への道のりはあるのか?

専門学校や大学を卒業したら、一般的には就職することになります。中には就職留年をしたり、就活に失敗してフリーターやニートになってしまったりする人もいますが、このような結果になったとしてもどこかで挽回でき …

SCOA対策|公務員試験の攻略のカギ・対策・解答のポイントとは?

SCOA問題が筆記試験で出された場合、どんな対策を立てれば内定を獲得できるのでしょうか。実は一般企業も含めて最近の筆記試験で、SCOA問題を使うことが多くなっています。内定を取るために必要な知識なので …