就職・転職

アルバイトから正社員になれる?|正社員登用制度有の実態と落し穴とは?

投稿日:2017年10月2日 更新日:

求人情報や求人票を見ると「正社員登用制度」というワードが目につきます。高校・専門学校・大学・大学院を卒業して就職活動中、もしくは、現職から別の仕事に就こうと転職活動をしている人であれば、求人広告等で就職先を探した際などに見たことがあると思います。

正社員の求人が少ない昨今、正社員になれるかもしれないと期待して「正社員登用制度」がある会社でアルバイトを考える人も多いと思います。「正社員登用制度」とはどのような制度なのでしょうか。

一見すると希望に満ち溢れた制度のように感じますが、実態は様々な落とし穴があり、将来的に問題に発展することも多いので注意が必要です。

正社員登用制度とは

契約社員やアルバイトなどの雇用形態から、正社員へと転換する制度のことです。たとえば、契約社員として入社し、1~2年勤務したのち昇格試験などを合格したら正社員になれるというようなケースが該当します。

正社員になれば、より責任のある仕事やポジションにチャレンジできるようになったり、給与が上がったりする場合もあります。

【正社員のメリット】

  • 雇用期間に定めがなく、定年まで働ける可能性が高い
  • 昇給や賞与、昇格の機会があり、収入アップできる
  • レジャー施設を優待価格で利用できるなど福利厚生が充実している
  • 研修や資格取得支援など、スキル向上を図れる機会が多い など

非正規から正規雇用への転換が進む

厚生労働省がまとめた2016年版の「労働経済の分析」(労働経済白書)によると、2015年の雇用者数は45万人増の5,640万人となっています。特に女性の雇用者数の伸びが顕著になっています。産業別では特に「医療、福祉」において、27万人増となっているのが目立ちます。

また、正規・非正規の増減に関しては、男女計では55~59歳、60~64歳で人口減少しているにも関わらず、正規雇用労働者の増加が見られ、男性は60~64歳、女性は30~34歳、55~59歳、60~64歳で人口減少に関わらず、正規雇用労働者が増加しています。

また、非正規から正規雇用への転換をみると、2015年平均では2014年平均と比べて減少しているものの、引き続き転換が進んでいます。

「正社員登用制度」の実績と条件は面接で確認する

「正社員登用制度」とは、アルバイトやパート、契約社員など非正規雇用社員が正社員へ移行できる制度のことですが、法律で条件や定義などが決められているわけではありません。

企業により条件が異なり、一定期間を経るとほとんどが正社員に登用される場合もあれば、全くない場合もあるといいます。おおまかに以下のようなパターンに分かれるようです。

  • 社員登用は行っているが、職場の過酷さゆえに社員登用希望者がいない
  • 形式上は社員登用を謳っているが、実際に採用する気はない
  • 社員登用はしているが、多くの社員の中から数%なのでごく一部の人だけ
  • 社員登用はしているが、正社員よりも実績を出している者が対象
  • 実際に社員登用を行ったが登用した社員が皆、期待ほどの成果を挙げられなかったので、現在は慎重に選考を行っている

正社員登用のハードルはかなり高いということを認識しておきましょう。それでもチャレンジする場合に求められるのは、「正社員以上のパフォーマンスを発揮すること」だといわれています。

これを厳しいと捉えるか、チャンスと捉えるかは人によって異なりますが、大切なのは入社した企業に利益をもたらす活躍をすること。覚悟を決めて、自分の仕事に全力で取り組むことが重要です。

正社員登用制度が多い職種

正社員登用制度を採用している職種は、ある程度絞られています。外食産業やカラオケ店、ガソリンスタンドなどが多いです。ある意味、専門性の低い職業なので給与面では満足できない可能性もありますが、こうした業界ならば正社員への道があります。

他にも以下のような職種でも正社員登用制度が多いようです。

正社員登用制度が多い職種(例)
営業 営業事務(アシスタント)
訪問販売員 受付係
カスタマーサポート テレマーケティングスタッフ
アドバイザー プランナー
販売員 機械オペレーター
ドライバー(運転手) 清掃員

求人内容によっては正社員の可能性があることも

求人などを見ていると、同じ仕事内容でもアルバイトの募集と社員の募集を同時に出していることがあります。このような求人内容の場合、アルバイト採用から正社員への採用を行っている可能性が高いです。

正社員登用に近づく仕事のしかた

非正規雇用の人が正社員として働くまでに必要な期間は、だいたい3年のようです。同じ職場で3年ほど働いていると上司から正社員登用の打診があり、それを承諾すると登用試験を受けられます。

3年という期間はあくまでも目安ですので、会社によっては数ヶ月で正社員登用されたというケースもあります。非正規雇用から正社員登用に近づくためには、日々の仕事のしかたも工夫する必要があります。まず、社員との協調性を大切にすることです。

特にチームワークに重きを置いている会社の場合、協調性があり、チームを大切にしながら成果を上げられる社員の存在は貴重です。きっちりとした挨拶ができることや、情熱を持って真面目に仕事をするという姿勢は、どのような業種にも求められることです。

また、早く正社員になりたいからといって焦ることなく、目の前の仕事をきちんと正確にこなしていくことが評価につながります。上司や同僚に対して、報告・連絡・相談をしっかりと行っていくことで、仕事の効率は上がります。

特に、分からないことを分からないまま放っておくことは避けるべきです。分からないことは上司や同僚に相談して、明確にしていく必要があります。入社直後は、誰でも仕事に慣れないことに戸惑います。

しかし、報告・連絡・相談を小まめに行うことで、仕事内容の理解も深まっていきます。このような小さな積み重ねが社内のチームワークをよくすることにつながります。会社にとって欠かせない存在となることが正社員登用に近づくためには必要です。

正社員登用を狙うならまずは企業選びが重要

社員登用制度は非正規雇用者から優秀な人を引き上げるため、労働者や会社にとってもメリットのある制度です。特に会社にとっては既に仕事の働きぶりを把握しているので、会社内での実績のない一般採用者よりも会社の価値を高めてくれる可能性が高く、メリットがあるといえます。

しかし、法律できちんと制定されていないため、企業が悪用してしまっている現実もあります。正社員登用制度は自社ルールが通用するので、面接時にきちんと質問して、念書を作成してもらいましょう。それが難しい場合は、転職エージェントに頼るもの一つの手です。

積極的に正社員登用制度を利用して、安定した生活を手に入れましょう。

就職支援サービス利用のススメ!

一般的な就職活動も内定までには努力が必要ですが、フリーター歴やニート歴が長い場合や学生時代に就職活動の経験がなかった場合などは、就職活動をしても不採用続きで悩む人が多いようです。

新卒や中途の就職活動とは少し勝手が違います。実際、就職活動に必要な情報についても新卒や中途向けのものは多くありますが、フリーターやニートなどの経歴を持った人に向けた情報は少なく、十分な就活の環境が整っていないのが現状です。

「今更、就職活動をしても正社員になれないのではないか」という不安や、いざ就職活動をはじめるにしても「何からはじめていいのかわからない」と思っていませんか。就職活動が長期化すると自信がなくなり、就職を断念してしまう可能性も出てきます。

そんなときは一人で悩まず、積極的に就職支援サービスなどの第三者の力を借りましょう。自分の強みや弱点などを客観的に知ることができれば、書類や面接の通過率も高まり、早期に就職先が見つかるはずです。

また、就職活動をしている人も悩みなどを相談してもらいたい場合や効率的に就職活動したいの場合も就職支援サービスを利用するとよいでしょう。

登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはフリーターや職歴がない既卒に対してビジネスマナーから書類の書き方、面接の仕方までしっかりと研修を行う転職エージェントです。無料の就活講座を受けられる点が魅力なのがウズウズカレッジです。

研修を受けることによってどの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

職歴なし・フリーターの人はまずはウズウズカレッジでしっかり就職について学んでから就職活動をしましょう。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

○JAIC(ジェイック)

JAICは既卒学生やフリーターの正社員転職を支援する年齢層特化型転職エージェント です。フリーターや職歴がない既卒に対してビジネスマナーから書類の書き方、面接の仕方までしっかりと研修を行う転職エージェントです。

無料の就活講座を受けられる点が魅力です。講座でビジネスマナーを学び、20社の選考を書類選考なしで受けることが可能です。未経験や営業職に強みがあります。

また、JAICのスタッフは1社1社取材訪問しており、飲食や投資用不動産、保険といった離職率の高い業種や、そもそも若手を育てる気がない企業を排除し、安心して働ける企業を紹介しています。そのため就職後も定着率が高くなっています。

職歴なし・フリーターの人はまずはJAICでしっかり就職について学んでから就職活動をしましょう。

☞ 公式サイト:高卒、大学中退者の就職支援にも強い!学歴ではなく人物重視の企業と面接ができる!就職ならジェイック! のページへ進む

この他にもフリーターや職歴がない既卒を対象にした就職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

仕事が憂鬱で希望が持てない|この状態を脱出するための方法とは?

仕事に行きたくないと憂鬱になる事はありませんか。毎日何でこんな汗水垂らして働かなくてはいけないのか、何で同じことばかり繰り返さなければいけないのか。憂鬱になることは数多くあります。 楽して稼げるほど仕 …

管理職昇格は残業代カットの手段か?|「名ばかり管理職」に騙されない!

管理職の呼び方は店長や係長、課長、部長など、さまざまあります。一般的に管理職になるということは仕事の実績や能力・経験が会社に認められているといえます。 会社の制度として「管理職の役職者には役職手当を支 …

労務管理の仕事内容とは?|未経験者が転職する場合はどうすればよい?

企業の経営活動とは人・モノ・金・情報などの経営資源を事業に投入することによって、目標とする成果を生み出す活動のことを指します。経営資源をいかに効率的に確保して組織化し、効果的かつ継続的に活用するかによ …

みなし残業にありがちなトラブル|会社員なら知っておきたい対処法とは?

頑張って残業をしたのに、給与明細を見たら残業代が少ない。「うちの会社は『みなし残業』だから、いくら働いても残業代は変わらないんですよね」と働く現場では、よくこのような言葉を聞くことはありませんか。 こ …

特定派遣廃止による影響とは?|派遣労働者の正社員への道は開けるのか?

特定派遣の廃止にともない、派遣事業を行う会社は、運営許可の有効期限後に厚生労働大臣の認可が必要となります。つまり、条件を満たせなければ、派遣事業を継続できません。働く人にはデメリットがありますが、正社 …