就職・転職

内定者懇親会関連のメール返信|押さえるべきポイントとは?【例文あり】

投稿日:2017年10月12日 更新日:

内定をもらうと内定者懇親会のお知らせが来ますが、この内定者懇親会は具体的にどのような趣旨の会合なのか。また、内定者懇親会への案内がメールで来る場合もありますが、どのように返信をするのがよいのか紹介します。

内定者懇親会とは何か

内定者懇親会とは内定者のための懇親会をいいます。入社前に会社の役員・社員と内定者の親睦を図ったり、内定者同士の仲を深めたりすることを目的としています。企業は何故、内定者懇親会を開くのでしょうか。

社員達と親睦を図ったり、内定者同士の仲を深めることはもちろんですが、一番の目的は内定者の内定辞退を防ぐためです。懇親会を開き、会社と内定者の結びつきを強くします。

初めて社員達や同期と顔を合わせることになるので第一印象に気を配り、社会人としてのマナーを守って参加しましょう。

内定者懇親会案内メールへの返信等のマナー

1.内定者懇親会の案内が来たらすぐに返信する

会社から案内メールをもらったら、出席でも欠席でもできるだけ早く返信をするのがビジネスマナーです。24時間以内に出席か欠席かの返信をするよう心がけなければなりません。内定懇親会のお誘いのメールに関してはいくら親睦目的ではあっても礼節を重んじなければなりません。

内定者懇親会は、おそらく就職するであろう企業における「最初のビジネスシーン」となります。悪い印象を与えないためにも、マナーをしっかりと守りましょう。

2.内定者懇親会は出来るだけ参加すること

内定者懇親会は参加必須ではないものもありますが、出来るだけ参加するよう心掛けるべきです。内定者懇親会は、内定者同士が仲良くなれる貴重な機会です。入社式前、自分の同僚や先輩となる方々と顔を合わせるとても貴重な場になってくれます。

仮に参加出来ないとなると、入社する際に自分以外はすでに人間関係が出来ていて自分だけ孤立している状況になってしまうかもしれません。

3.内定者懇親会欠席の場合でも必ず連絡すること

参加することが望ましいのですが、欠席しても問題はありません。内定者懇親会は、内定式のような正式な就活ステップとは違い、あくまでも「内定者同士が懇親を深めるためのもの」です。内定者懇親会を欠席しても、内定取消にはなりません。

内定取消は法的に「雇用契約」扱いとなり、雇用契約の解除には『重大な事由』が必要になります。たとえば、内定取り消しには、履歴書等の虚偽事項記載や、刑事事件に該当するような重大なトラブルを起こすなど、社会人でいえば「解雇相当」の事由が求められます。

このため、欠席しても問題はありませんが、どうしても欠席しなければならない場合は、欠席の連絡をします。企業によっては、内定者懇親会を無断で欠席すれば、「内定辞退」と受け取られることもあるので注意しましょう。

内定者懇親会の案内メールに返信する際のポイント

内定者懇親会の案内メールへ返信をする際に、押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。内定者懇親会がおこなわれる場合、多くの場合は企業側から「内定者懇親会のご案内」というメールが届きます。その際は、メールで返信するのが基本です。

1.内容がわかる件名にする

メールを送る際に気を付けたいのが、「件名」です。社会人の多くは、毎日多くのメールを受け取っています。そのため、一目で内容がわかるような件名にすると、親切だといえます。

2.シンプルな文面を意識する

メール返信をする際は、シンプルな文面を意識して作成します。内定懇親会に参加する場合は意気込みを、不参加の場合は理由を伝えたいと考えますが、多くのメールを受け取る企業側の担当者が知りたいのは「参加か不参加か」であって、意気込みや理由まで深く読む時間はありません。

だらだらと意気込みや理由が書かれたメールは読む時間が無駄になります。しかし、逆にシンプルすぎるメールを送っても、「きちんと作成していない」と思われかねないので、注意が必要です。

返信内容としては、「案内メールのお礼」、「参加するかどうか」、「一言」があれば、問題ありません。

3.最後には必ず署名をつける

返信メールを送信する前には、署名がちゃんとついているかどうかを確認してください。返信に限らず、企業とやり取りする際のメールでは、署名をつけるのが一般的なマナーです。

署名がなければ、誰からきたメールなのか分かりにくいうえに、企業側が返信をする際に連絡先を探さなければならないため、手間をかけてしまいます。署名を書いておけば、そのままメールを作成したり、電話をかけることができるため、時間の節約になります。

署名に書くべき内容は、「大学名(学部・学科)・学年・氏名・メールアドレス・郵便番号・住所・携帯電話の電話番号」が必要です。携帯電話を小まめに確認しないという人は、自宅の電話番号も載せておくと、連絡が取りやすくなります。

内定者懇親会の案内に対する返信メールの例文

上記のポイントを踏まえて返信メールを作成すれば、企業側から悪い印象を持たれる心配はないでしょう。

1.内定者懇親会に出席する場合の返信メール【例文】

件名:内定者懇親会「出席」のご連絡(○○大学××××)

本文:

○○○○株式会社(会社名)
○○様

お世話になっております。
○○大学○○学部の○○○○(自分の名前)です。

この度は「内定者懇親会」のご案内を頂戴し、誠にありがとうございました。
ぜひとも参加させていただきたく、出席の連絡をさせていただきました。
ご指示の通り、当日は必要書類と印鑑を持って伺います。

当日お目にかかれますことを、楽しみにしております。
メールにて取り急ぎ、内定者懇親会出席のご連絡まで。

――――――――――――――――――――――――
○○大学○○学部
○○○○
電話:XXX-XXXX-XXXX
メールアドレス:XXXX-XXXX@XXXX.XXX
――――――――――――――――――――――――

企業側の担当者は同様の多くのメールを読むことになりますので、メールの文面はできるだけ簡潔にしてください。短い文章で内容がしっかり伝われば充分です。

2.内定者懇親会を欠席する場合の返信メール【例文】

件名:内定者懇親会についてのご連絡(○○大学××××)

本文:

○○○○株式会社(会社名)
○○様

お世話になっております。
○○大学○○学部の○○○○(自分の名前)です。

内定者懇親会のご案内、たしかに頂戴いたしました。
大変残念なのですが、実はその日は教育実習の予定が入っており、どうしても伺うことができません。

せっかくご案内いただきながら、誠に申し訳ございませんが、今回は欠席ということにさせていただきたく存じます。もし、また別の機会がございましたら、ぜひとも参加させていただきたいと思っております。

ご案内ありがとうございました。

ほんとうに申し訳ございません。

――――――――――――――――――――――――
○○大学○○学部
○○○○
電話:XXX-XXXX-XXXX
メールアドレス:XXXX-XXXX@XXXX.XXX
――――――――――――――――――――――――

出席の場合と違い、件名に「欠席」とは書きにくいので、「欠席」の文言を書かず、「内定者懇親会について」とだけ表記しても問題ありません。返信をする際のポイントは、欠席の理由を簡潔に説明することとメールの最後でお詫びを繰り返すことです。

内定者懇親会後のお礼のメールはすぐに出す

内定者懇親会が終わったら、お礼のメールをすぐに送ります。スピーディーな対応がビジネスシーンで良い結果を生み出します。

内定者懇親会のお礼のメール【例文】

件名:内定者懇親会のご開催【御礼】(○○大学××××)

本文:

○○○○株式会社(会社名)
○○様

お世話になっております。
○○大学○○学部の○○○○(自分の名前)です。

本日は内定者懇親会にお招きいただきまして誠にありがとうございました。
先輩や同期など多くの方と交流することができ、 大変有意義な時間を過ごすことができました。

入社までの残りの学生生活は、学業に励みながら
1日でも早く会社の役に立てる人材となれるように
ビジネススキルも磨き、精進して参ります。

今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。
まずは略儀ながら、メールにてご挨拶させていただきます。

――――――――――――――――――――――――
○○大学○○学部
○○○○
電話:XXX-XXXX-XXXX
メールアドレス:XXXX-XXXX@XXXX.XXX
――――――――――――――――――――――――

内定者懇親会のお礼メールは、用件を明確にした件名、内定者懇親会のお礼と感謝を述べること、締めの言葉と署名を忘れないことです。また、簡単に具体的なエピソードを交えた感想を書くと、相手がたの印象に残りやすいといえます。

長さとしても、あまり長いのは逆に失礼になることがありますので、このくらいの文量で十分です。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「売り手市場」「買い手市場」|就職活動におけるの意味と使い方とは?

市場状況を指していう「売り手市場」「買い手市場」という言葉は、就職活動においても、よくニュースなどで「今は売り手市場だ!」「今は買い手市場だ!」とよく耳にします。 「売り手市場」「買い手市場」という言 …

就活に英語力は必要か|効果的な英語力のアピールのしかたとは?

就活に英語力は必要だと思いますか。外資系企業など一部の企業では、採用条件として高い英語力を求めています。高い英語力を求める企業に応募する人は、すでに英語を勉強していることでしょう。 一方、高い英語力ま …

インターンシップで給料もらえる?|支払いの有無とその理由とは?

インターンシップは、学生が企業側へお願いをして職場体験をさせてもらっているイメージがあり、給料をもらえる概念すらない参加者もいます。しかし、インターンシップでも給料が支給される場合があります。 従来の …

労務管理の仕事内容とは?|未経験者が転職する場合はどうすればよい?

企業の経営活動とは人・モノ・金・情報などの経営資源を事業に投入することによって、目標とする成果を生み出す活動のことを指します。経営資源をいかに効率的に確保して組織化し、効果的かつ継続的に活用するかによ …

面接に落ちるのはなぜ?|面接の選考ポイントやその対策方法とは?

書類選考は通過できるのに、なぜか面接で落ちてしまう。面接でも自分では手応えはあったのに何がいけないのだろうかといった悩みに直面している人は多いのではないでしょうか。就活の面接で落ちることが多い人には、 …