就職・転職

履歴書の書き方【新卒】|本人希望記入欄に「特になし」は問題ないのか?

投稿日:2017年11月8日 更新日:

履歴書に「本人希望欄」という項目があります。ところが、この本人希望欄には何を書くべきなのか意外と曖昧です。特に希望がなければ「なし」と書いて問題ないのか。好き勝手に希望を書いていいのか。

それとも企業側に書いてほしい希望があるのかなど、疑問に思うところがあります。希望欄の書き方が分れば、これからは空欄や「特になし」と書かれた、ありきたりな履歴書を提出しなくても済むはずです。

履歴書の本人希望欄に記載する内容とは

企業側の求人募集要項には、条件として「募集職種」「勤務地」「勤務時間」などの条件が提示されていると思います。履歴書の本人希望欄は、応募した企業で働くうえで、譲れない条件がある場合、その条件を伝えるための項目です。

たとえば、「コンサルティング営業を希望」、「親の介護が必要なため、東京近辺を離れられない」や「子どもを保育所に預けているので残業はできない」という事情がある場合にその旨を記載することができます。

1.自分の希望を書き込めばいいわけではない

履歴書の本人希望欄や本人希望記入欄は誤解を生みやすいのですが、履歴書の本人希望欄は希望職種や給料など「自分の希望を記入すれば良い」というものではありません。

2.履歴書の本人希望欄は「最低基準のライン」を書くものと心得る

履歴書の本人希望欄や本人希望記入欄には、必要最低限のことだけを記入するのが大前提です。 希望勤務地や希望給与額といったものを書く必要があるときは、書き方としては「これでないと選考辞退をします」とすることができる最低基準のものを記入します。

本人希望欄の「希望」は「望むもの」ではなく「必要最低限のお願い」と理解しましょう。なお、あくまでも採用の決定権は企業側にありますので注意しましょう。

詳細な条件交渉は面接時に行なうことができるので、履歴書の本人希望欄には最低限の条件を記載するようにしましょう。履歴書は応募者と採用担当者にとって最初の接点となります。自己流を貫いて採用担当者にマイナスイメージを与えないように注意しましょう。

履歴書の本人希望欄に書くことがない場合

特に希望がなく、何も書くことがない場合は、「貴社の規定に従います」、「貴社の規定に準じます」と記載するのが一般的です。採用担当者が、空欄=記入モレという認識をする可能性があるため、何も書くことがないからといって、空欄のまま提出するというのはオススメしません。

履歴書は応募者にとって最初のプレゼンテーションツールとなります。採用担当者にやる気がないのかなと思われないためにも、空欄とはせずにきちんと書くようにしましょう。

本人希望記入欄を書くときの基本的なルール

本人希望記入欄は大きく分けて、あらかじめ項目立てがされているものと、自由に書き込めるフリースペースの2つのタイプがあります。

1.項目立ての場合

希望職種などの項目ごとに1行分のスペースが用意されているものがほとんどであるため、フォーマットに従い、枠内におさまるように書きます。

2.フリースペースの場合

長々と書き連ねないように注意します。多くてもフリースペースの8割程度におさめるようにします。長文は読み手に負担を掛けるので、簡潔に書くことを心掛けましょう。

項目立てをして箇条書きにして、何の項目にどんな希望が書かれているのか一目でわかるように、行間も意識するのがよいでしょう。

本人希望記入欄を書くときの注意点

1.待遇の希望は書かないようにする

給与など待遇面の希望を書くことは採用担当者に良い印象を与えず、採用が不利になる可能性があります。そのため、原則、求人情報の募集要項に記載されている給与で問題なければ、「貴社の規定に従います。」などと書くようにします。

2.複数の職種を募集している場合は希望職種を記載する

複数の職種を同時期に募集している場合は、採用担当者を混乱させ、選考がスムーズに進まない可能性があるため、希望職種を必ず書くようにします。また、希望職種の名称は企業の募集要項で提示されている名称に合わせます。

これは、採用担当者に職種を勘違いしているのではないのかとも思わせる可能性もあるためです。募集要項を確認し、企業が募集している職種で書くようにします。

3.特別な条件は面接時に相談する

どうしても譲れない条件があるのなら、本人希望欄には記載せずに面接時に直接相談する形で進めましょう。

本人希望欄の具体的な書き方の例

本人希望欄記入例(項目立ての場合)

  • 希望職種⇒「一般事務」(求人情報と同じ職種名で)
  • 希望給与⇒「貴社の規定に従います」
  • 希望勤務時間⇒「貴社の規定に従います」「○○~○○時の勤務を希望いたします」
  • 希望勤務地⇒「貴社の配属に従います」「本社、○○支社での勤務を希望いたします」
  • 出社可能日⇒「平成○年○月○日より勤務可能」または「即日勤務可能」

就活(新卒)では本人希望欄に、希望職種以外はできるだけ書かないようにしましょう。本人希望欄に色々と書くことは控えて、「貴社規定に従います」または「貴社規定に準じます」と記入するのが一般的です。

どうしても書くべき事情がある場合は別ですが、原則は本人希望欄には「貴社規定に従います」と書くのが理想です。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

休職すると給料はもらえない?|休職手当や制度はどうなっているの?

給料は労働の対価として支払われています。もし、病気、ケガなどで休職せざるを得なくなったとき、休職中の給料はどうなるのでしょうか。休職中に給料がもらえないと生活に支障を来たすので、手当の有無が気になりま …

職務経歴書の書き方|アルバイト経験者が正社員を目指す攻略法とは?

「新卒で入社した会社を退職し、数年間アルバイトを経験し、その後、再び正社員募集の求人に応募する」という場合、応募企業へ提出する履歴書にアルバイトの経験を記載するのか疑問もあるかと思いますが、この経験も …

面接日程の返信メールがない場合の対処法|催促メールを出すべきか?

履歴書などの書類も送付し、後は担当者からの面接日程を待つばかりという状況でいくら待っても来ない場合、いつまで待てばよいのでしょうか。ビジネスメールのやり取りで、相手から返信が来なくて悶々とすることはあ …

高卒で就職するメリットとデメリットとは?|人気の高い職種は?

大学全入時代と言われている今時ですが高卒で就職した人は、どのような職業についているのでしょうか。高校生の人からすれば気になる点だと思います。 多くの人が借金までして大学に進学する為、大学に進学するメリ …

就活時期はいつからスタート?|就職協定のルール廃止とその影響とは?

建前では、就活は大学3年生の3月からスタートして、大学4年生の6月に面接が解禁されて、内定がもらえるスケジュールになっています。しかし、実際はこれよりも前にスタートしています。 就活の失敗を防ぐため、 …