就職・転職

就活の履歴書の書き方|本人希望記入欄に「特になし」は問題ないのか?

投稿日:2017年11月8日 更新日:

履歴書に「本人希望欄」という項目があります。

ところが、この本人希望欄には何を書くべきなのか意外と曖昧です。

特に希望がなければ「なし」と書いて問題ないのか。好き勝手に希望を書いていいのか。

それとも企業側に書いてほしい希望があるのかなど、疑問に思うところがあります。

希望欄の書き方が分れば、これからは空欄や「特になし」と書かれた、ありきたりな履歴書を提出しなくても済むはずです。

履歴書の本人希望欄に記載する内容とは

企業側の求人募集要項には、条件として「募集職種」「勤務地」「勤務時間」などの条件が提示されていると思います。

履歴書の本人希望欄は、応募した企業で働くうえで、譲れない条件がある場合、その条件を伝えるための項目です。

たとえば、「コンサルティング営業を希望」、「親の介護が必要なため、東京近辺を離れられない」や「子どもを保育所に預けているので残業はできない」という事情がある場合にその旨を記載することができます。

1.自分の希望を書き込めばいいわけではない

履歴書の本人希望欄や本人希望記入欄は誤解を生みやすいのですが、履歴書の本人希望欄は希望職種や給料など「自分の希望を記入すれば良い」というものではありません。

2.履歴書の本人希望欄は「最低基準のライン」を書くものと心得る

履歴書の本人希望欄や本人希望記入欄には、必要最低限のことだけを記入するのが大前提です。

希望勤務地や希望給与額といったものを書く必要があるときは、書き方としては「これでないと選考辞退をします」とすることができる最低基準のものを記入します。

本人希望欄の「希望」は「望むもの」ではなく「必要最低限のお願い」と理解しましょう。

なお、あくまでも採用の決定権は企業側にありますので注意しましょう。

詳細な条件交渉は面接時に行なうことができるので、履歴書の本人希望欄には最低限の条件を記載するようにしましょう。

履歴書は応募者と採用担当者にとって最初の接点となります。

自己流を貫いて採用担当者にマイナスイメージを与えないように注意しましょう。

履歴書の本人希望欄に書くことがない場合

特に希望がなく、何も書くことがない場合は、「貴社の規定に従います」、「貴社の規定に準じます」と記載するのが一般的です。

採用担当者が、空欄=記入モレという認識をする可能性があるため、何も書くことがないからといって、空欄のまま提出するというのはオススメしません。

履歴書は応募者にとって最初のプレゼンテーションツールとなります。

採用担当者にやる気がないのかなと思われないためにも、空欄とはせずにきちんと書くようにしましょう。

本人希望記入欄を書くときの基本的なルール

本人希望記入欄は大きく分けて、あらかじめ項目立てがされているものと、自由に書き込めるフリースペースの2つのタイプがあります。

1.項目立ての場合

希望職種などの項目ごとに1行分のスペースが用意されているものがほとんどであるため、フォーマットに従い、枠内におさまるように書きます。

2.フリースペースの場合

長々と書き連ねないように注意します。

多くてもフリースペースの8割程度におさめるようにします。

長文は読み手に負担を掛けるので、簡潔に書くことを心掛けましょう。

項目立てをして箇条書きにして、何の項目にどんな希望が書かれているのか一目でわかるように、行間も意識するのがよいでしょう。

本人希望記入欄を書くときの注意点

1.待遇の希望は書かないようにする

給与など待遇面の希望を書くことは採用担当者に良い印象を与えず、採用が不利になる可能性があります。

そのため、原則、求人情報の募集要項に記載されている給与で問題なければ、「貴社の規定に従います。」などと書くようにします。

2.複数の職種を募集している場合は希望職種を記載する

複数の職種を同時期に募集している場合は、採用担当者を混乱させ、選考がスムーズに進まない可能性があるため、希望職種を必ず書くようにします。

また、希望職種の名称は企業の募集要項で提示されている名称に合わせます。

これは、採用担当者に職種を勘違いしているのではないのかとも思わせる可能性もあるためです。

募集要項を確認し、企業が募集している職種で書くようにします。

3.特別な条件は面接時に相談する

どうしても譲れない条件があるのなら、本人希望欄には記載せずに面接時に直接相談する形で進めましょう。

本人希望欄の具体的な書き方の例

本人希望欄記入例(項目立ての場合)

  • 希望職種⇒「一般事務」(求人情報と同じ職種名で)
  • 希望給与⇒「貴社の規定に従います」
  • 希望勤務時間⇒「貴社の規定に従います」「○○~○○時の勤務を希望いたします」
  • 希望勤務地⇒「貴社の配属に従います」「本社、○○支社での勤務を希望いたします」
  • 出社可能日⇒「平成○年○月○日より勤務可能」または「即日勤務可能」

就活(新卒)では本人希望欄に、希望職種以外はできるだけ書かないようにしましょう。

本人希望欄に色々と書くことは控えて、「貴社規定に従います」または「貴社規定に準じます」と記入するのが一般的です。

どうしても書くべき事情がある場合は別ですが、原則は本人希望欄には「貴社規定に従います」と書くのが理想です。

キャリアパーク就職エージェント【キャリアパーク】

キャリア特化型メディア「キャリアパーク」が運営する、就職活動を支援するサービスです。

就活での悩みはさまざまあり、自分で解決することが難しい悩みもあります。

  • いつも書類選考で落ちてしまう
  • 面接に自信がない
  • 将来やりたいことが見つからない
  • 自分にあった最適な企業が見つからない

これらのような悩みがあっても専属の就活アドバイザーが解消し、就活対策から企業紹介、内定までをサポートします。

○キャリアパークのセールスポイント

  • 厳選した大手グループ、東証一部上場企業、急成長ベンチャー、優良企業など様々な企業の中から、あなたに合った企業を紹介
  • ESや一次選考免除などの特別推薦ルートへ案内
  • 自己分析、ES、面接、グループディスカッションなど充実の選考対策を実施

どのように進めればいいのか分からない方でも大丈夫、まずは無料相談の申し込みからはじめましょう。

無料相談 ☞ 【キャリアパーク!就活エージェント!】

この他にも特色のある就活サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

エントリーシートの自己PR|内定獲得に繋がる書き方のコツとは?

この記事ではエントリーシート(ES)の志望動機の書き方について紹介します。 ES選考は、就職活動の最初の関門ですが、どのようにESの志望動機を書けば選考を突破できるのか分からず、悩みを抱えている人は多 …

円満退社のしかた|しこりを残さない退職理由と退職時の注意点とは?

会社を退職する理由はどうすればいいのだろうとあれこれ悩んでいないでしょうか。 会社を辞めるときの退職理由の伝えるとき「正直に話したことでトラブルになってしまうのは避けたい」、「どんな理由だと納得しても …

内定辞退メールの書き方|誠意が伝わるお詫びの仕方とは?【例文付き】

就職活動や転職活動を行う際、入社したい企業に必ず採用される保証がないため、一般的には複数の会社に応募します。 しかし、本命の会社と押さえておく会社の面接を両方受け、どちらも内定をいただいた場合、どちら …

内々定辞退のポイント|お互いに良い関係を築ける辞退のしかたとは?

複数の会社から内々定をもらった状況で、他の会社への入社を決めた場合などに内々定を辞退することがあります。 内々定辞退をする際、基本的には電話連絡をするものです。 複数の内々定をもらえるのは嬉しいことで …

残業30時間は少ない方なのか?|多いと感じるなら転職すべきか?

何時間の残業から激務だと思いますか。 残業時間が月60時間ともなるとかなりの人が多いと感じるようになりますが、残業時間が月30時間となると意見は分かれ、多いと感じる人もいれば少ないと感じる人もいたり、 …