就職・転職

内定者懇親会と内定後の過ごし方|民間企業と公務員の違いとは?

投稿日:2017年11月14日 更新日:

内定をもらうと、一般的には内定式よりも前に内定懇親会のお知らせをもらうでしょう。一言でいうと「親睦会」のようなものであり、あまり堅苦しくない形式で進行するケースが多いです。

民間企業の内定者懇親会

内定後、1か月から2か月の間に内定者懇親会が開催されます。内定者懇親会の内容は主に飲み会です。内定者を集めて飲み会を開き、みんなで仲良くなろうという内容です。内定者懇親会では、以下のようなことが行われます。

1.入社までの過ごし方についての説明

冒頭に人事から今後の過ごし方について簡単な説明があります。

  • 内定式までの過ごし方やスケジュールの説明
  • 入社までの課題の説明
  • 入社前後に行われる研修の説明 など

このような点が人事から説明されます。入社に関する書類提出など重要な内容が多いので、忘れないように必ずメモをしてください。

2.内定者同士の自己紹介・スピーチ

人事の説明が終わったら、内定者同士での自己紹介があります。第一印象が決まりますのでよい印象を残せるように、事前にしっかりと自己紹介の内容を考えておきましょう。

3.グループワーク

内定者を打ち解けさせるため、内定者懇親会では、「新入社員が入社前にすべきこと」のような簡単なテーマが出され、グループで検討するというようなことがあります。評価には関係がなく、あくまでも打ち解けることを目的としているので、リラックスして取り組みましょう。

4.食事会

食事会なので緊張することはありませんが、出来るだけ多くの内定者に声をかけて「この人とはウマが合いそうか」等をチェックしておきましょう。内定者懇親会で同期と仲良くなっていると、入社後も何かと助けてくれる仲間になってくれます。

これから一緒に働く仲間ですから、積極的に声をかけて打ち解けましょう。

5.先輩社員との交流会

比較的若い先輩社員との交流会が設けられる場合があります。もう内定しているのですから、怖いものはありません。以下のような内定が出るまで聞きたくても聞けなかったことを聞いてもよいでしょう。

  • 通常どのくらい残業するか
  • 何時頃に退社するか
  • 福利厚生制度はどうなっているか
  • 有給休暇は取りやすいのか など

このような気になるポイントを聞いて、「複数の内定先から、どこを選ぶべきか」の指標にするのも自由です。

公務員の内定者懇親会

国家公務員などの公務員の内定者懇親会は、民間企業の内定者懇親会とは異なります。民間企業の内定者懇親会は通常、内定者を集めて社員と話をする会であり、内定者のための懇親会です。

一方、公務員の内定者懇親会は、各省庁・地方公共団体の内定者の人たちが貴重な体験談を話してくれますので、翌年に公務員試験を受け、面接を受け、内定をもらおうとする人たちのための懇談会の位置付けになります。

公務員の内定者が集まって、公務員志望者からの質問に答えるのが公務員の内定者懇親会です。 内定者が何かしてもらえるものではなく、公務員内定者が次の世代のために開く懇談会です。

公務員の内定者懇親会は大学単位で行われることが多く、いろいろな大学の公務員内定者が各大学に集まって志望者を集め、食事を取りながら、お酒を飲みながら志望者の質問に答えるのです。

内定者懇親会の服装

民間企業の開くものは、内定者懇親会に限らず私服指定がない限り、原則としてスーツが正しい服装です。スーツ着用の場合は、就活で着用していたリクルートスーツで参加するのがベターです。ライトグレーやストライプ柄などのスーツで参加したとしても、評価が下がることはありません。

派手過ぎない程度にマナーを意識したスーツを選びましょう。また、私服参加と決まっているのにスーツで参加するのはNGです。他の参加者が私服の中1人だけスーツといったことも考えられ、逆に目立ってしまうでしょう。

私服参加と決まっている場合は、オフィスカジュアルを意識した格好にしてみてください。一方、大学のサークル等のイベントで行われる内定者懇談会や、公務員の内定者懇談会の場合は、服装は私服です。内定者とはいえ、学生が開くイベントにスーツで行く必要はありません。

特に公務員関係のイベントではスーツを着ることはほとんどありません。いくつかイベントに参加して、だんだんスーツが増えてきたと思ったらスーツを着ればよいのです。

それでも不安があるという場合は幹事に服装について確認しましょう。基本的にはその実施内容ごとに決まりや希望があるので、スーツか私服かは直接幹事に確認したほうが間違えはありません。

内定後は学生生活に未練を残さないように過ごす

内定後は学生生活でも最高の期間でもありますが、一方で社会人になるための準備期間でもあります。よくバランスをとって過ごすことが大切です。大事なことは、学生生活に未練を残さないようにすることです。

社会人になってから、「学生時代にあれをしておけばよかった」というのはゼロにはできませんが、「できることはやった」と言えるくらいにはしておきたいものです。多くの人がやってよかったと評価する内定後の過ごし方をいくつか紹介します。

1.長期の旅行に行く

長い期間の旅行に行ったことがないという人は、この機会を利用して行ってみると良いでしょう。卒業旅行として友人と行くのも良いですし、一人旅で自分の時間を過ごすのも良いでしょう。日常を離れ、見聞を広げる良い機会ですし、何よりよい思い出になります。

2.学生時代に十分できなかったことを勉強する

学生は勉強をするものですが、卒業して社会人になる前になって、急に勉強をしておけばよかったと思うことも少なくありません。後悔しないように、学生時代には十分できなかった勉強をしてみるのも良いでしょう。

3.友人と遊ぶ

損得勘定抜きで付き合える友人は社会人になると作るのが難しくなります。学生時代の友人との関係も疎遠になりがちですから、ずっと友達でいられるように関係を強く結んでおきましょう。

4.アルバイト

就職準備はお金がかかりますので、アルバイトをしてお金を稼ぐことも大切です。また、様々なアルバイトにチャレンジできる機会も学生のうちだけですので、短期バイトでいろいろ経験しておくことも就職後にも役に立つことが多くあります。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

総合職と一般職の違いとは?|どのような判断基準で応募すればよいか?

就職活動をしていると、会社の募集職種欄に「総合職」「一般職」「エリア総合職」と書かれているのを見かけます。中には職種別採用は行っていないと書かれていることもあります。これらの違いは何か、よく分からない …

リクルーター面談とは?|接触があったときから選考は始まっている!

就職活動中「リクルーター」という言葉をよく聞くかと思いますが、リクルーターの意味や役割を知っていますか。リクルーター制度を導入している企業が増えており、実はリクルーターは、内定への最大の近道になり得る …

転職での内定辞退のポイント|失礼のない無難な断り方のコツとは? 

転職活動で複数の会社をまとめて受けてみるのはよくあることです。そのために同時期に内定を数社から頂いてしまったというケースは意外とよくあります。複数の内定をもらったとしても転職先として選べるのは1社です …

「伺わせていただきます」は誤りか?|就活での敬語の使い方には注意!

普段何気なく使っている敬語。どんな種類があって、どのように使い分けをしているのか意識したことはありますか。敬語の使い方の良し悪しによってビジネスシーンではあなたの印象を変えてしまうこともあります。 細 …

転職成功の秘訣とは?|転職エージェントの選び方で結果に大きく差が出る

現在は求人数も増えてきていますので、就職先を見つけやすくなってきています。ハローワークで求人を探すだけでなく、ほかの就職・転職サイトも見て、より条件のいい正社員の求人を探してみてはいかがでしょうか。 …