就職・転職

SPIテストで電卓は使用できるのか?|テスト前に必要な準備とは?

投稿日:2017年12月14日 更新日:

時間との戦いと言われるSPIテストは言語問題はともかく計算が多い非言語問題では電卓が使えれば何とかなると思う人も多いはずです。SPIテストの種類による電卓の利用可否や対策について解説します。

SPIテストで電卓は使えるのか

SPIテストには受験形態が大きく分けて3つあります。外部会場のパソコンを使用して受験する「テストセンター」形式、自宅のパソコンを使って受験する「webテスティング」形式、そして、企業の関係施設内でパソコンや紙上の問題を解く「インハウスCBT」形式の3つです。

1.テストセンターは筆算

SPIテストをテストセンター会場で受験する際には、電卓の使用は禁止です。「テストトセンター」の受験会場で基本的にSPI試験では電卓に限らず私物の持ち込みは不可となっています。もちろんペンなどの筆記用具やメモ、ノート類も持ち込み禁止です。

そのため、受験者は会場スタッフから事前にもらう計算用紙と鉛筆を使い問題を解くことになり、必然的に筆算を駆使して非言語問題に臨むことになります。

「テストセンター」形式は今日では多くの企業が採用していることを考えると、常日頃から筆算を素早く行う訓練を多少はしておいた方が良さそうです。テストセンターSPI試験に行く時の持ち物として必須なのは、身分証明書と受験票のみと覚えておきましょう。

2.WEBテスティング(自宅等)は電卓使用可能

自宅のパソコンを使って受験する場合は電卓を活用しましょう。企業から送られてきたメールから直接問題へアクセスし受験するwebテスティング形式のSPIテストでは、電卓の利用を前提とした問題が作成されています。筆算に手間はかけず、電卓を手元において問題を解いていきましょう。

ただし、電卓が使えるからといっても計算の方法が分からなければ、結局解答は出せません。電卓を頼りにしすぎる余り、解き方を全く勉強していなかったということにならないよう、SPIテストの問題集を使って試験対策はしっかりしておきましょう。

3.インハウスCBT(企業内テスト)は電卓使用可能

インハウスCBTは電卓の使用を想定した問題構成になっています。企業の説明会に参加して、その場でペーパーではなく、webで受けるテスト方式です。試験時間や試験内容は「webテスティングと同等です。

電卓の使用に慣れる

WEBテスト版SPI(WEBテスティング、インハウスCBT)では、電卓の使用を前提とした問題が多く出題されます。そのため、必ず電卓を用意してから、WEBテスト版SPIを受験します。当然、本番のWEBテスト版SPIでだけ電卓を使用すれば良いわけではありません。

本番までに電卓の使用に慣れていなければ、電卓を上手く扱えず時間がかかり、他の受験者に後れをとります。

電卓の使用には慣れると本番に対応できる

普段から電卓を使って計算問題を解くようにしておくと、電卓の使用に慣れることができます。WEBテスト版SPIの対策問題集を解くときにも、WEBサイト上で仮想SPIのWEBテスト対策問題を解くときも、常に電卓を使うようにしておきましょう。

本番を迎えた際、電卓を使いこなせないことで逆に時間が足りなくなったという事態に陥らないように準備しておきましょう。

テスト前に必要なこと

人気企業では倍率が高い分、テストでかなり多くの志望者が落とされてしまうこともあります。自分自身のキャリアのイメージを思い描き、面接の対策や心構えの準備をしていても、テストが意外な落とし穴になるというケースも多くあります。

まずはテストの種類を把握して、しっかりとテスト対策をして地に足をつけておくことが必要です。テスト対策は数をこなせば慣れていくものですが、数をこなすには自身のモチベーションを整える必要があります。

自分の進みたい道を明確にすることで地道な作業や問題演習もこなせることができます。

遠回りに感じるかもしれませんが、就活を始める時点でテスト対策を始めるのではなく、多くの社会人と会い、たくさんの社会との接点を作ることで自分が進むべき理由・意図を明確にしてからモチベーションを整えてテスト対策に挑むことを強くおススメします。

最後は自分自身の理解力

SPIテストでは電卓が使える場面は限られており、利用可能なときであっても問題を解く過程で自分の頭での理解が不可欠です。問題集を繰り返し解いて個々の出題への対応の仕方を理解し、素早くそれらを行えるように訓練しておく必要があります。

その上で使えるときは電卓を活用し、高得点を目指してください。

参考:SPI3公式サイト(リクルート)

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

庶務の業務内容とは?|総務との違い・求められるスキル・やりがいは?

伝票処理から電話応対、資料作成までテキパキこなすオフィスのマルチプレーヤーの一般事務は庶務とも呼ばれています。 部署内の複数の社員から仕事を頼まれることもあり、業務が多岐に渡るので、その場に応じて、緊 …

内定者懇親会関連のメール返信|押さえるべきポイントとは?【例文あり】

内定をもらうと内定者懇親会のお知らせが来ますが、この内定者懇親会は具体的にどのような趣旨の会合なのか。また、内定者懇親会への案内がメールで来る場合もありますが、どのように返信をするのがよいのか紹介しま …

内定辞退メールの書き方|誠意が伝わるお詫びの仕方とは?【例文付き】

就職活動や転職活動を行う際、入社したい企業に必ず採用される保証がないため、一般的には複数の会社に応募します。しかし、本命の会社と押さえておく会社の面接を両方受け、どちらも内定をいただいた場合、どちらか …

就職に英語力は必要か?|英語ができないと就職活動は苦戦するのか?

企業のグローバル化の流れに伴って、語学力がある人材を採用したい企業は多くなっています。英語力は就職活動をする上で役に立つことが多く、高い能力が身に付いていれば選考も有利に進めやすくなります。 選考基準 …

フェルミ推定攻略法!|就活面接における合否判定のポイントとは?

就職活動を始めるとフェルミ推定という言葉を一度は聞いたことがあると思います。大手企業の試験などで実際に使われたことがある理論です。フェルミ推定とはどのような理論なのか。また、どのようなときに役に立つの …