資格

日商簿記は会計資格で一番人気! 取得するなら2級以上目指そう!

投稿日:

経理・会計資格は、持っていればどんな業界に行っても役に立つスキルだといえます。国家資格・民間資格を合わせて多くの資格試験が存在しますが、いずれも会社で会計を行うのには役に立つ資格ばかりです。

資格を取得しておくことによって必要な知識を身につけれるだけでなく、できることが増えて活躍の場も広がります。独立して活かすのはもちろん、企業内でその知識を業務に活かし幅広く活躍することも可能です。

一番人気は「日商簿記検定試験」

ますますビジネスパーソンに求められるのが経理・会計の知識です。それゆえ、これらの会計関連資格を持っていれば採用にもつながりやすくなり、まさに経営・会計関係資格は「稼げる資格」といえます。その中でも1番人気は日商簿記検定試験だといえます。

日商簿記は普及・知名度ともにトップクラスの資格です。さらに、取りやすくて多くの人が持っているので、資格のレベルへの共通認識ができているのもポイントが高いです。求人募集を見ても、あらゆる職種で「日商簿記」という記載をしている企業は本当に多いです。

簿記資格は運営団体によって企業へのアピール力が違う

日商簿記は一番使える会計資格といえるかもしれません。ただ、学生が在学中に取得しているケースも多いので、取るのであれば2級以上は持っておいた方がよいでしょう。なお、ここで注意をしておきたいのが、どの団体が運営している検定試験であるかということです。

簿記がオススメと言うと「簿記なら何でもいい」と思っている人もいますが、「簿記」といえば、それは通常「日商簿記検定」のことを指します。経理・会計関係の資格は、まずは取るなら運営が日本商工会議所のものを狙いましょう。

商工会議所が運営している資格は企業へのアピール力も高いので、持っていると就職等に有利になりやすくなります。

難関資格取得後でも独立せずに企業内で活かす方がよい?

日商簿記以外の代表的な会計資格といえば公認会計士や税理士などがありますが、公認会計士や税理士の資格取得を目指すなら、独立ではなく、会社の中で働くことを想定するのも良いでしょう。

「最難関資格の1つである公認会計士や税理士に対して、企業求人の割合は増加傾向です。もし、これら資格を持って入社すれば幹部候補にもなれるので、今の時代はよほど営業力に自信がある人以外は独立より企業勤めを選択するのも良いでしょう。

特に税理士有資格者の企業求人ニーズは高く、仮に科目合格の状態でも需要はあります。

その他の会計関連資格の動向は?

一方、鳴り物入りで評判になったグローバル社会の共通会計資格である「IFRS」(国際財務報告基準)は、まだそこまで普及の兆しは無いようです。

この資格は持っておくと社内で専門家として重宝されるかもしれませんが、まだまだ「これがあるから採用される」と言うレベルの普及率ではないかもしれません。

なお、会計ソフト関連の資格にも「会計ソフト実務能力試験」「電子会計事務検定」「弥生検定」など、様々ありますが、これらについても注意が必要になります。

会計ソフトは「どれを使うか」によって様子が変わってくるので、もしその会社が使っている会計ソフトが事前に分かるのであれば、取得しておくと有利になることもあります。ただ、事前にどの会計ソフトが分からないのであれば、無理して取ろうとしなくても大丈夫です。

もちろん、持っていてもマイナスにならないので資格を取得しても無駄にはならないと思いますが、仮に取る場合は「会計ソフト実務能力検定」など、より一般普及度が高い資格を取るように意識するのがオススメです。

税理士、FPなどの人気資格にも暗雲が・・・

公認会計士を筆頭に、何かと資格が多い会計関連資格は、お金周りのことを扱うだけのこともあって、難関資格が多いのも特徴です。その中で、「ちょっとコスパが悪い」といわれる会計資格は、ファイナンシャル・プランナーです。

CFPや1級レベルなら評価もされますし、頑張れば独立もできます。同じ「ファイナンシャル・プランナー」でも2級・3級、AFPのレベルでは金融系の会社員なら持っている人も多いので希少性は低くなります。

また、一発逆転を目指してこの資格を勉強する人も多いのですが、独立するには相当のコミュニケーション能力が必要なので、資格取得だけでは意味がありません。また、クラウド系の会計ソフトが続々登場し、存続が心配されているのが有名資格「税理士」です。

会計ソフトの登場で、今同業者たちが恐々としています。今後はもっと競争が熾烈になっていくはずなので、今から新たにこの資格の取得には注意する必要があります。

また、他の会計資格に比べて、受験資格等も必要ないため、会計業界に精通していない人には受験しやすそうなのが検定系です。しかし、会計関連の検定資格は知識確認には良いのですが、難易度が低いものが多くあり、履歴書上でも評価されにくくなっています。

特に国際会計基準であるIFRSの習熟度を試す「IFRS検定」は、受験費用が高いのに、社会的な影響力が低くコスパはよくありません。これら検定系の資格に関しては、直接的なメリットを得るよりは、「勉強するためのツール」と割り切ったほうがよいかもしれません。

-資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

総務・事務の資格はトレンドにあったものを抑えよう!

社会の動きに対して、実は一番敏感な反応が求められるのが、社内全体のマネジメントを担う総務・事務関係の部署です。 マイナンバー制度により個人情報保護が今まで以上に重視されるようになり、50人以上の事務所 …

稼げる資格を厳選!【英語編】

資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには繋がりません。他 …

稼げる資格を厳選!【経理・会計編】

資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには繋がりません。他 …

稼げる資格を厳選!【金融】

資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには繋がりません。他 …

英語等の語学系で取るべき資格とは?

語学系の資格は国内だけでなく海外でも活躍したい人にとって非常に有利な資格です。国際化社会において外国語、特に世界のどこにいってもコミュニケーションが取れるといわれている英語のスキルは重要になることは確 …