英語 資格

稼げる資格「貿易実務検定」|最終的な目標に応じて等級を決める

投稿日:2020年4月8日 更新日:

貿易の自由化はいまや世界的な潮流となり、今後ますます多くの貿易実務のエキスパートが求められる状況となっています。

このような中で、現在、自分の実務能力・知識がどの程度のレベルにあるのか、客観的に確認できる手立てが必要となってきています。

独りよがりの実力ではなく、自他ともに認める貿易実務のエキスパートとしての能力・知識を客観的に測る検定試験が、この貿易実務検定です。

この検定試験は、誰でも受験することができます。

資格取得のメリット

貿易実務検定は、以下のように学生の方から貿易・産業界の第一線で活躍されている方まで、幅広い受験者層が特長です。

  • 貿易関連・通関関連業務に携わる方
  • 個人輸入を行っている方
  • 貿易実務を学習中の方
  • 貿易実務に興味を持っている方
  • 通関士、商業英語、マーケティングを学習中の方
  • スキルアップしたい方 など

貿易・産業界においては単なる推薦ではなく、貿易実務検定試験のプログラムそのものを採用するところもあります。

具体的には、商社・貿易関連組合・人材派遣会社などにおいて、検定プログラムに準拠した研修等が行われています。

検定試験に合格することが、どのような知識と業務遂行能力の証明になるのかが常に明確です。

このことは、受験する際の目標設定が容易であると同時に、検定合格後、就職等に際して履歴書に記載する場合でも、自分にどれだけの業務遂行能力が備わっているのかを明確にアピールすることが出来るようになります。

資格評価

【総合評価 33/50】

ニーズ 7
コスト 7
時間 7
リターン 5
将来性 7

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

(1)A級

試験科目は貿易実務、貿易実務英語、貿易マーケティングで、概ね、3~4年以上の実務経験のレベルです。

貿易実務において判断業務を行うことができる実力を証明するレベルとなっています。

(2)B級

試験科目は貿易実務、貿易実務英語、貿易マーケティングで、概ね、1~3年以上の実務経験のレベルです。

貿易実務経験者の中堅層を対象としています。

(3)C級

試験科目は貿易実務、貿易実務英語で、概ね、1~3年以上のレベルです。

定型業務をこなすために必要な知識があることを証明するレベルです。

まずはこのレベルで基礎固めをしてから、上級レベルにのぞみましょう。

2.試験概要

受験資格 誰でも受けられる
資格の種別 民間資格
難易度 A級:難しい
B級:やや難しい
C級:普通

3.試験データ

受験者数(2019年度合計) A級:142人
B級:2094人
C級:7008人
合格率
(2019年度平均)
A級:41.5%
B級:52.9%
C級:65.0%
受験料 A級:12,760円
B級:7,480円
C級:6,270円
試験日 A級:7月
B級:7月、12月、3月
C級:5月、7月、10月、12月、3月

公式ホームページ ☞ こちら

-英語, 資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

資格試験突破の極意とは?|最短で合格する超効率的勉強法のポイント

行政書士、社労士、宅建、中小企業診断士、公認会計士、司法書士、TOEICなどの難関資格、難関試験を短期間で合格できる人、働きながら資格の勉強して合格できる人、一発合格できる人はどんな人なのでしょうか。 …

稼げる資格「TOEIC」|700点台以上ならアピール力大幅UP!

日常生活やグローバルビジネスにおける活きた英語の力を測定する、世界共通のテストで、英語を使う仕事についている方にとって、TOEICは英語力の指標として使われることが多くなっています。 聞く・読む力を測 …

技術資格一覧|いま取得すべき本当に稼げる資格とは?

資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。 資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには繋がりません。 …

IT資格一覧|いま取得すべき本当に稼げる資格とは?

  資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。 資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには …

稼げる資格「社会保険労務士」|企業からのニーズは高いが難易度も高い

社会保険労務士の主な業務は、企業の人事労務管理をサポートすることです。 どんな小さな会社でも、従業員がいる以上、労働条件や服務規律、社会保険への加入など、人事労務に関する諸問題を避けて通ることはできま …