英語 資格

稼げる資格「貿易実務検定」|最終的な目標に応じて等級を決める

投稿日:2020年4月8日 更新日:

貿易の自由化はいまや世界的な潮流となり、今後ますます多くの貿易実務のエキスパートが求められる状況となっています。

このような中で、現在、自分の実務能力・知識がどの程度のレベルにあるのか、客観的に確認できる手立てが必要となってきています。

独りよがりの実力ではなく、自他ともに認める貿易実務のエキスパートとしての能力・知識を客観的に測る検定試験が、この貿易実務検定です。

この検定試験は、誰でも受験することができます。

資格取得のメリット

貿易実務検定は、以下のように学生の方から貿易・産業界の第一線で活躍されている方まで、幅広い受験者層が特長です。

  • 貿易関連・通関関連業務に携わる方
  • 個人輸入を行っている方
  • 貿易実務を学習中の方
  • 貿易実務に興味を持っている方
  • 通関士、商業英語、マーケティングを学習中の方
  • スキルアップしたい方 など

貿易・産業界においては単なる推薦ではなく、貿易実務検定試験のプログラムそのものを採用するところもあります。

具体的には、商社・貿易関連組合・人材派遣会社などにおいて、検定プログラムに準拠した研修等が行われています。

検定試験に合格することが、どのような知識と業務遂行能力の証明になるのかが常に明確です。

このことは、受験する際の目標設定が容易であると同時に、検定合格後、就職等に際して履歴書に記載する場合でも、自分にどれだけの業務遂行能力が備わっているのかを明確にアピールすることが出来るようになります。

資格評価

【総合評価 33/50】

ニーズ 7
コスト 7
時間 7
リターン 5
将来性 7

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

(1)A級

試験科目は貿易実務、貿易実務英語、貿易マーケティングで、概ね、3~4年以上の実務経験のレベルです。

貿易実務において判断業務を行うことができる実力を証明するレベルとなっています。

(2)B級

試験科目は貿易実務、貿易実務英語、貿易マーケティングで、概ね、1~3年以上の実務経験のレベルです。

貿易実務経験者の中堅層を対象としています。

(3)C級

試験科目は貿易実務、貿易実務英語で、概ね、1~3年以上のレベルです。

定型業務をこなすために必要な知識があることを証明するレベルです。

まずはこのレベルで基礎固めをしてから、上級レベルにのぞみましょう。

2.試験概要

受験資格 誰でも受けられる
資格の種別 民間資格
難易度 A級:難しい
B級:やや難しい
C級:普通

3.試験データ

受験者数(2019年度合計) A級:142人
B級:2094人
C級:7008人
合格率
(2019年度平均)
A級:41.5%
B級:52.9%
C級:65.0%
受験料 A級:12,760円
B級:7,480円
C級:6,270円
試験日 A級:7月
B級:7月、12月、3月
C級:5月、7月、10月、12月、3月

公式ホームページ ☞ こちら

-英語, 資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

医療・介護・福祉関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

少子高齢化の影響で、ここ数年最も人材ニーズが高まっているのがこの医療・介護業界です。 2025年には65歳以上の高齢者の割合が30.5%以上になると予測され、ここ数年で医療・介護の資格に大きな変革の可 …

稼げる資格「食品衛生責任者」|講習を受ければ1日で取得可能

「食品衛生責任者」とは、食品関係施設において製造・販売等が衛生的に行われるように自主管理を行うための責任者のことをいいます。 食品衛生法施行条例第2条の公衆衛生上講ずべき措置の基準及び食品製造業等取締 …

経理・会計関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

経理・会計資格は、持っていればどんな業界に行っても役に立つスキルだといえます。 国家資格・民間資格を合わせて多くの資格試験が存在しますが、いずれも会社で会計を行うのには役に立つ資格ばかりです。 資格を …

IT資格の中で費用対効果の高い資格はコレだ!

  IT業界は実力主義で資格など持っていてもいなくても同じだという風潮がありますが、実際のところ、どんな資格があるのでしょうか。 IT資格と言っても種類も多く、難易度もそれぞれ違うため、特に …

稼げる資格「ビジネス実務法務検定試験」|法務から販売まで幅広い分野で求められる

ビジネス実務法務検定試験は、法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。 たとえば、営業で取引先との契約書を締結する場面で、契約内容に不備や不利益がない …