資格

稼げる資格「日商簿記検定試験」|事務系の仕事に就くなら必須の資格

投稿日:

大企業から個人商店まで、お金の動くところには必ずといってよいほど使われているのが簿記です。

その簿記の技術と知識を認定するための資格試験の一つに日商簿記検定があります。

簿記検定にも様々な種類がありますが、中でも受験者の規模が大きい日商簿記検定は、最もポピュラーな簿記検定といえます。

資格取得のメリット

1.ニーズが高く活躍のフィールドは幅広い

経理業務のプロフェッショナル資格として、知名度と信頼度は抜群であり、時代に左右されることなく、活躍のフィールドも全国各地に広がります。

2.社内での評価が上がり昇進・昇格の可能性が高まる

経理・財務部門で働く方にとって、簿記は強力な武器になります。

実務に必要な技能を習得している証明になるので、会社からの評価もアップし、資格手当や昇進、昇給も期待できます。

3.就職や転職もいっそう有利になる

経理の仕事は、正社員からパートまで雇用形態もさまざまあり、経理の技能を持つ人材として、就職・転職も有利になります。

経理関係の仕事に就きたい方はぜひ押さえておきたい資格です。

4.上級資格のステップアップになる

簿記3級を足がかりに、簿記2級、簿記1級、税理士、公認会計士など、さらに上の資格へのステップアップも目指せます。

中小企業診断士やファイナンシャルプランナーなど、お金に関わる関連資格の取得もスムーズになります。

資格評価

【総合評価 36/50】

ニーズ

9

コスト

6

時間

6

リターン

7

将来性

8

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

(1)1級

極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うために求められるレベルです。

合格すると税理士試験の受験資格が得られます。

商業簿記・会計学 90分

工業簿記・原価計算 90分

(2)2級

経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つです。

高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベルです。

商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)5題以内 120分

(3)3級

業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格です。

基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベルです。

商業簿記・5題以内 120分

2.試験概要

受験資格

誰でも受けられる

資格の種別

公的資格

難易度

1級:やや難しい

2級:やや難しい

3級:普通

3.試験データ

受験者数(2018年度)

1級:15,089人

2級:137,644人

3級:248,555人

合格率(2018年度)

1級:11.2%

2級:14.2%

3級:47.6%

受験料

1級:7,850円

2級:4,720円

3級:2,850円

試験日

1級:6月、11月

2級及び3級:6月、11月、2月

公式ホームページ ☞ こちら

総合資格情報サイト「総合資格ナビ」

『総合資格ナビ』は、スクール・講座を地域から検索し、一覧で比較できる資格情報サイトです。

講座の探しやすさと比較しやすさを追求し、簡単操作でたくさんの通学・通信講座の詳細を確認&スクールに無料一括資料請求できます。

また、各講座の説明ページも充実しています。

受講料はもちろん、授業の内容や進め方、サポート体制についても詳しくご紹介していますので、気になる講座があればぜひチェックしてみてください。

取りたい資格がまだ決まっていない方は、各資格のガイドで資格の詳細を確認できます。

取得方法や働き方、取得までの費用目安などの詳しい説明があります。

掲載講座は、社会保険労務士、行政書士などの「司法・労務系」、簿記、会計士などの「簿記・会計系」、宅建、建築士、インテリアコーディネーターなどの「不動産・建築系」、Webデザイナー、プログラマーなどの「IT系」といった資格・スキル全般に加えペットや料理、スポーツなどの趣味講座まで幅広く掲載しています。

仕事に活かせる資格や検定対策など、多くの講座の中からあなたにあった講座を見つけましょう。

資料請求 ☞ 資格を取るなら!総合資格ナビ

-資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げる資格「弁理士」|知的財産に関する事務所を設立できる

弁理士は、産業財産権(工業所有権)に関するすべての手続きを業務として代理できる国家資格です。 専門的な知識を要求される特許出願を出願者の代理で行い、出願者を特許取得まで導きます。 実際に特許取得まで動 …

稼げる資格「全国通訳案内士」|資格を取ればフリーでもガイドができる

全国通訳案内士は、通訳案内士法において「報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をすることをいう。)を業とする。」とされています。 全国通訳案内士は国家試験に合格した方 …

経理・会計資格一覧|いま取得すべき本当に稼げる資格とは?

資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。 資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには繋がりません。 …

稼げる資格「介護職員初任者研修」|いつでも求められる介護資格の第一歩

介護職員初任者研修は、介護職員として働く際に必要な基本的な知識や技術を修得でき、介護の初心者向けの資格として位置付けられています。 訪問介護の仕事を行うには介護資格を持っている必要があります。 初任者 …

稼げる資格「銀行業務検定試験」|金融関係者の昇進・昇給の必須条件に

銀行業務検定試験は主として銀行・保険・証券等金融機関の行職員を対象に、業務の遂行に必要な実務知識や技能・応用力についてその習得程度を測定することを目的とした、誰でも受験できる検定試験です。 法務・財務 …