総務・事務 資格

稼げる資格「貿易実務検定」|未経験でも経験者同様のスキルが測れる

投稿日:2020年5月4日 更新日:

貿易の自由化はいまや世界的な潮流となり、今後ますます多くの貿易実務のエキスパートが求められる状況となっています。

このような中で、現在、自分の実務能力・知識がどの程度のレベルにあるのか、客観的に確認できる手立てが必要となってきています。

独りよがりの実力ではなく、自他ともに認める貿易実務のエキスパートとしての能力・知識を客観的に測る検定試験が、この貿易実務検定です。

この検定試験は、誰でも受験することができます。

資格取得のメリット

貿易実務検定は、以下のように学生の方から貿易・産業界の第一線で活躍されている方まで、幅広い受験者層が特長です。

  • 貿易関連・通関関連業務に携わる方
  • 個人輸入を行っている方
  • 貿易実務を学習中の方
  • 貿易実務に興味を持っている方
  • 通関士、商業英語、マーケティングを学習中の方
  • スキルアップしたい方 など

貿易・産業界においては単なる推薦ではなく、貿易実務検定試験のプログラムそのものを採用するところもあります。

具体的には、商社・貿易関連組合・人材派遣会社などにおいて、検定プログラムに準拠した研修等が行われています。

検定試験に合格することが、どのような知識と業務遂行能力の証明になるのかが常に明確です。

このことは、受験する際の目標設定が容易であると同時に、検定合格後、就職等に際して履歴書に記載する場合でも、自分にどれだけの業務遂行能力が備わっているのかを明確にアピールすることが出来るようになります。

資格評価

【総合評価 33/50】

ニーズ 7
コスト 7
時間 7
リターン 5
将来性 7

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

(1)A級

試験科目は貿易実務、貿易実務英語、貿易マーケティングで、概ね、3~4年以上の実務経験のレベルです。

貿易実務において判断業務を行うことができる実力を証明するレベルとなっています。

(2)B級

試験科目は貿易実務、貿易実務英語、貿易マーケティングで、概ね、1~3年以上の実務経験のレベルです。

貿易実務経験者の中堅層を対象としています。

(3)C級

試験科目は貿易実務、貿易実務英語で、概ね、1~3年以上のレベルです。

定型業務をこなすために必要な知識があることを証明するレベルです。

まずはこのレベルで基礎固めをしてから、上級レベルにのぞみましょう。

2.試験概要

受験資格 誰でも受けられる
資格の種別 民間資格
難易度 A級:難しい
B級:やや難しい
C級:普通

3.試験データ

受験者数(2019年度合計) A級:142人
B級:2094人
C級:7008人
合格率
(2019年度平均)
A級:41.5%
B級:52.9%
C級:65.0%
受験料 A級:12,760円
B級:7,480円
C級:6,270円
試験日 A級:7月
B級:7月、12月、3月
C級:5月、7月、10月、12月、3月

公式ホームページ ☞ こちら

-総務・事務, 資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

生産技術の仕事内容、やりがい、役立つ資格、求められる人材に関するまとめ

製造業は機械系、電子系、化学系など、多様な分野がありますがものを作る以上はどのように生産するかを考え、実際に生産していく必要があります。 工場では生産技術と呼ばれる人が計画に沿ってスムーズに作業が進ん …

法務・法律関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

法律資格と言えば「弁護士」「司法書士」「行政書士」が有名で三大法律資格と呼ばれ、「士業」が目立ちます。 これらのどの資格も難易度は高いものの「一生モノの資格」として、人生の一発逆転を狙って取得を志す人 …

稼げる資格「登録販売者」|どんな店でも医薬品を扱うことができる

医薬品医療機器等法に基づき、一般用医薬品の販売等を担う、薬剤師とは別の新たな専門家「登録販売者」の制度が設けられています。 2009年の薬事法(現・薬機法)改正により、それまでは薬剤師・薬種商にしか認 …

稼げる資格「一級建築士」|長い道のりを諦めなければ年収1,000万円も

建築士とは、建築士法に基づく資格で、国土交通大臣または都道府県知事から免許の交付を受け、建築物の設計及び工事監理等の業務を行う技術者の資格です。 建築士免許は、業務の対象となる建築物の用途、規模、構造 …

総務・事務関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

社会の動きに対して、実は一番敏感な反応が求められるのが、社内全体のマネジメントを担う総務・事務関係の部署です。 マイナンバー制度により個人情報保護が今まで以上に重視されるようになり、50人以上の事務所 …