資格

稼げる資格「ビジネス実務法務検定試験」|法務から販売まで幅広い分野で求められる

投稿日:

ビジネス実務法務検定試験は、法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。

たとえば、営業で取引先との契約書を締結する場面で、契約内容に不備や不利益がないか発見し、正しい判断ができれば、トラブルを未然に防ぐことができます。

身につけた正しい法律知識は、業務上のリスクを回避し、会社へのダメージを未然に防ぐことができます。

同時に、自分の身を守ることにもなります。

なお、企業活動の主要分野を多くカバーしているので業種も限定されることはありません。

資格取得のメリット

1.キャリアアップにつながる

ビジネス実務法務検定試験を社内資格制度に取り入れている企業が多くあります。

社内での自己評価・キャリアアップにつながる資格といえます。

2.法律系資格の登竜門

他の法律系の資格を取得したいと考えている方にとって、ビジネス実務法務検定はメリットになります。

ビジネス実務法務試験で学ぶ必要のある範囲は民法・刑法・商法・労働法・著作権法などさまざまです。

そのため、司法書士や行政書士・弁理士といった他の法律系資格の勉強にもつながります。

3.就職・転職が有利になる

ビジネス実務法務検定は、就職や転職でも有利に働く場合がありますが、2級以上のレベルでなければ、実務経験者と比較して有利になることはないので注意が必要です。

資格評価

【総合評価 31/50】

ニーズ 5
コスト 7
時間 7
リターン 5
将来性 7

資格試験に関する概要

1.各級のレベル

(1)1級

【実務的対応能力としてのアッパーレベルを想定】

業務上必要な法務知識をビジネス全般にわたって持っており、その知識に基づいて多面的な観点から高度な判断・対応ができる。

(2)2級

【知識レベルのアッパーレベルを想定】

企業活動の実務経験があり、弁護士などの外部専門家に対する相談といった一定の対応ができるなど、質的・量的に法律実務知識を有している。

(3)3級

【ビジネスパーソンとして最低限知っているべき法律実務基礎知識を想定】

ビジネスパーソンとしての業務上理解しておくべき基礎的法律知識を有し、問題点の発見ができる。

2.資格試験内容

(1)1級:論述問題(4時間)

【共通問題】

民法および商法・会社法を中心に、できるだけ全業種に共通して発生することが考えられる法律実務問題を出題

【選択問題】

特定の業種に関連する一定の法律をクローズアップして出題

法務実務担当者の実務対応能力を試験

  • 取引上のトラブルを処理
  • 取引関係に立たない第三者とのトラブルを処理
  • 法務関係の上司や弁護士などの専門家に法的トラブルの顛末・処理方法を報告
  • 予防法務的観点からトラブルになりそうな問題に対応

(2)2級:マークシート方式(2時間)

  • 企業取引の法務
  • 債権の管理と回収
  • 企業財産の管理・活用と法務
  • 企業活動に関する法規制
  • 株式会社の組織と運営
  • 企業と従業員の関係
  • 紛争の解決方法
  • 国際法務(渉外法務)

(3)3級:マークシート方式(2時間)

  • ビジネス実務法務の法体系
  • 企業取引の法務
  • 債権の管理と回収
  • 企業財産の管理と法律
  • 企業活動に関する法規制
  • 企業と会社のしくみ
  • 企業と従業員の関係
  • ビジネスに関連する家族法

3.試験概要

受験資格 誰でも受けられる(1級以外)
資格の種別 公的資格
難易度 普通

  
※ただし、1級は2級合格者のみ受験可能。

4.試験データ

受験者数(2019年度) 1級:453人
2級:12,552人
3級:21,061人
合格率(2019年度) 1級:17.2%
2級:40.9%
3級:75.1%
受験料 1級:11,000円
2級:6,600円
3級:4,400円
試験日 1級:12月
2級、3級:6月、12月

公式ホームページ ☞ こちら

総合資格情報サイト「総合資格ナビ」

『総合資格ナビ』は、スクール・講座を地域から検索し、一覧で比較できる資格情報サイトです。

講座の探しやすさと比較しやすさを追求し、簡単操作でたくさんの通学・通信講座の詳細を確認&スクールに無料一括資料請求できます。

また、各講座の説明ページも充実しています。

受講料はもちろん、授業の内容や進め方、サポート体制についても詳しくご紹介していますので、気になる講座があればぜひチェックしてみてください。

取りたい資格がまだ決まっていない方は、各資格のガイドで資格の詳細を確認できます。

取得方法や働き方、取得までの費用目安などの詳しい説明があります。

掲載講座は、社会保険労務士、行政書士などの「司法・労務系」、簿記、会計士などの「簿記・会計系」、宅建、建築士、インテリアコーディネーターなどの「不動産・建築系」、Webデザイナー、プログラマーなどの「IT系」といった資格・スキル全般に加えペットや料理、スポーツなどの趣味講座まで幅広く掲載しています。

仕事に活かせる資格や検定対策など、多くの講座の中からあなたにあった講座を見つけましょう。

資料請求 ☞ 資格を取るなら!総合資格ナビ

-資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げる資格「法人税法能力検定」|税制改革を前に需要増加が予想される

法人税法能力検定は法人税の基本的な理解のために必要である企業内の税務処理や法人企業の中堅経理担当者として必要な税務署への書類作成などの税務処理ができる知識や実務での応用的税務処理など法人税に関する計算 …

稼げる資格「TOEIC」|700点台以上ならアピール力大幅UP!

日常生活やグローバルビジネスにおける活きた英語の力を測定する、世界共通のテストで、英語を使う仕事についている方にとって、TOEICは英語力の指標として使われることが多くなっています。 聞く・読む力を測 …

稼げる資格「ファイナンシャル・プランニング技能士」|自分の目標に応じた選択ができる

ファイナンシャル・プランニング技能士とは、国家資格であるある技能検定制度の一つです。 一般社団法人金融財政事情研究会およびNPO法人日本ファイナンシャルプランナーズ協会が実施しています。 近年では保険 …

技術資格の中で費用対効果の高い資格はコレだ!

資格の取得について考えたとき、これからどんな資格を取得しようか。 どこまでのレベルを目指すべきかと悩むことが多いかと思います。 技術系資格は危険を伴う業務が多いため必置資格とされているものが多いのが特 …

稼げる資格「経理・財務スキル検定(FASS)」|期間中の随時受検を上手く活用

「FASS検定」とは、実務能力の測定に重点を置いた試験で、経理・財務の実務に関するスキルを客観的に測定するため先進企業50社の経理・財務幹部によって開発されたの検定試験です。 経済産業省の高度専門人材 …