資格 金融

稼げる資格「貸金業務取扱主任者」|貸金業界でキャリアアップしたい人にとって欠かせない資格

投稿日:2020年5月20日 更新日:

消費者金融業界にとどまらず、クレジットカード会社や不動産担保ローンを扱う会社などは全て貸金業者にあたります。

貸金業務取扱主任者は、貸金業従事者に対し、貸金業に関する法令の規定を順守して、貸金業の業務を適正に実施するために必要なものを行わせるための助言または指導を行う役割を担います。

資格取得のメリット

1.業界内での評価につながる!

貸金業者は、営業所ごとに、主任者の数/貸金業の業務に従事する者の数が1/50人以上になるように、主任者を設置しなくてはなりません。

そのため、業界内では取得を必須あるいは奨励としており、存在意義の高まりが予想されます

2.コンプライアンス問題に需要がある資格!

昨今は、時代の流れなどもあってコンプライアンスの必要性が高まっています。

この資格を保持していることにより、融資業務に関する一定の知識があると評価されるため、就職や転職の際に多少有利に働く可能性はあります。

資格評価

【総合評価 37/50】

ニーズ 8
コスト 7
時間 5
リターン 8
将来性 9

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

マークシート方式(試験時間:2時間)

・法及び関係法令に関すること
・貸付け及び貸付けに付随する取引に関する法令及び実務に関すること
・資金需要者等の保護に関すること
・財務及び会計に関すること

2.試験概要

受験資格 誰でも受けられる
資格の種別 国家資格
難易度 普通

3.試験データ

受験者数(2019年度) 10,003人
合格率(2019年度) 30.0%
受験料 8,500円
試験日 11月

 公式ホームページ ☞ こちら

-資格, 金融

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げる資格「情報処理安全確保支援士試験」|情報セキュリティ管理を支援する人のための資格

情報システムや組織に対する脅威や脆弱性を評価し、技術面・管理面での有効な対策を遂行できるセキュリティエンジニアや情報システム管理者を目指す方に最適です。 情報セキュリティの重要性はますます高まっており …

稼げる資格「宅地建物取引士」|改称され「士業」になって人気急上昇

宅地建物取引士とは、宅地建物の公正な取引が行われることを目的として創設された資格です。 宅地または建物の売買、交換または貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護および円滑な宅地または建物の流通がなされ …

稼げる資格「一級建築士」|長い道のりを諦めなければ年収1,000万円も

建築士とは、建築士法に基づく資格で、国土交通大臣または都道府県知事から免許の交付を受け、建築物の設計及び工事監理等の業務を行う技術者の資格です。 建築士免許は、業務の対象となる建築物の用途、規模、構造 …

稼げる資格「ファイナンシャル・プランニング技能士」|自分の目標に応じた選択ができる

ファイナンシャル・プランニング技能士とは、国家資格であるある技能検定制度の一つです。 一般社団法人金融財政事情研究会およびNPO法人日本ファイナンシャルプランナーズ協会が実施しています。 近年では保険 …

金融関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

  金融系の資格は私たちの日常生活に密着しており、どの資格も知名度が高い鉄板資格が多いのが特徴です。 金融系の資格は難易度が高いものが多いけれども、金融業界で働くのであれば必須となる資格が数 …