IT 資格

稼げる資格「システム監査技術者試験」|IT系人材として幅広い活躍の場が得られる

投稿日:2020年6月4日 更新日:

システム監査

システム監査技術者試験は、被監査対象から独立した立場で組織体の情報システムの適切な活用、コンプライアンス確保やITガバナンス向上につながる監査を行う、高度なIT人材としての能力を判定する試験です。

資格取得者の主な就職先は、コンピューターメーカーやソフトウェア関連企業など。監査結果を企業のトップマネジメントなどに報告し、改善・向上を促すことが役割とされています。

高度IT人材として確立した専門分野をもち、監査対象から独立した立場で、情報システムや組込みシステムを総合的に点検・評価・検証して、監査報告の利用者に情報システムのガバナンス、マネジメント、コントロールの適切性などに対する保証を与える、又は改善のための助言を行う人を想定しています。

資格取得のメリット

1.評価が高くなる

「情報処理技術者試験の最難関レベル」とされ、情報システムの業界では、高評価を受ける資格で、資格取得の報奨金が出される会社も多いといわれています。

2.転職に有利になりやすい

知識のレベルについて、少なくとも一定以上の水準に達していることを、資格取得によって客観的に示してくれます。

履歴書に「システム監査技術者試験合格」と記載されていれば、言葉を尽くして職務経歴書を記載するよりも説得力があるケースは少なくないため、転職時に有利になりやすくなります。

3.システムを客観的に見れるようになり仕事の幅を広がる

普段、開発業務のみに従事しているエンジニアの方にとって重要で、良くも悪くも目先の作業に没頭してしまうという傾向が強い方が多いです。

管理基準・監査基準といった基本を学ぶことで、さまざまな分野で必要とされる証跡管理、トレーサビリティ、見える化、といった事柄を、統一感を持って見る感覚を養うことができます。

資格評価

【総合評価 37/50】

ニーズ 9
コスト 5
時間 5
リターン 9
将来性 9

資格取得

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

(1)午前Ⅰ試験(四肢択一)

テクノロジ系・マネジメント系・ストラテジ系の全分野となります。

(2)午前Ⅱ試験(四肢択一)

「データベース」「ネットワーク」「セキュリティ」「システム開発技術」「サービスマネジメント」「システム監査」「経営戦略マネジメント」「企業活動」「法務」の9分野から出題されます。

範囲が午前Ⅰと重なりますが、問われる内容が高度になるため難易度が高くなります

(3)午後Ⅰ試験(記述式)、午後Ⅱ試験(論述式)

期待する技術水準に達しているかどうかを、技能を問うことによって評価します。

  • 情報システム・組込みシステム・通信ネットワークに関すること
  • システム監査の実践に関すること
  • システム監査人の行為規範に関すること
  • システム監査関連法規に関すること

2.試験概要

受験資格 誰でも受けられる
資格の種別 国家資格
難易度 難しい

3.試験データ

受験者数(2019年度) 4,175人
合格率(2019年度) 14.6%
受験料 5,700円
試験日 4月

公式ホームページ ☞ こちら

-IT, 資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げる資格「情報処理安全確保支援士試験」|情報セキュリティ管理を支援する人のための資格

情報システムや組織に対する脅威や脆弱性を評価し、技術面・管理面での有効な対策を遂行できるセキュリティエンジニアや情報システム管理者を目指す方に最適です。 情報セキュリティの重要性はますます高まっており …

稼げる資格「CAD利用技術者試験」|パソコン慣れしている人なら割と簡単

CAD利用技術者試験とは、一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)が主催する、CADに関する知識やスキルを有しているかを測るための技能検定試験です。 CADの知識だけではなく、業務上の知識やパ …

稼げる資格「福祉住環境コーディネーター検定試験」|アピールすることで就職が有利に

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。 医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに …

稼げる資格「プロジェクトマネージャ試験」|エンジニアの転職が有利になる

情報システム又は組込みシステムのシステム開発プロジェクトの責任者となり、予算・工程・品質などを管理し、プロジェクトを円滑に運営します。 進捗状況を把握し、問題や将来見込まれる課題を早期に把握・認識し、 …

総務・事務関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

社会の動きに対して、実は一番敏感な反応が求められるのが、社内全体のマネジメントを担う総務・事務関係の部署です。 マイナンバー制度により個人情報保護が今まで以上に重視されるようになり、50人以上の事務所 …