IT 資格

稼げる資格「基本情報技術者試験」|IT業界へ進むための登竜門的な資格

投稿日:2020年6月15日 更新日:

情報処理技術者

ITエンジニアとしてキャリアをスタートするには、まず基本情報技術者試験から受験するのがオススメです。

しっかりとした基礎を身に付けることにより、その後の応用力の幅が格段に広がります。

高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた人を想定しています。

資格取得のメリット

1.評価が高くなる

時代の変化に対応した必要知識を習得できることから、企業によっては、基本情報技術者試験の合格者に対して資格手当を支給しているケースがあります。

平均では5,000円の資格手当が支給されていることが多く、資格手当は、勉強している方にとって大きなモチベーションになります。

2.就職や転職に有利になりやすい

IT業界への就職では実務経験や成果物が重視されますが、大きく有利にはならないものの、効力は十分にあると考えられています。

求人において資格取得者を優遇している企業は少なくなく、特に、IT以外の業界からIT業界に転職する場合、基本情報技術者試験に合格しておくと好印象を与えます。

また、実績や経験など条件が同じであれば、当然資格取得者の方が優遇されるでしょう。

3.上位資格にもつながる

基本情報技術者試験は、情報処理技術者試験の共通キャリアフレームワークの中でレベル2と位置づけられており、レベル3の応用情報技術者試験、レベル4の各種高度試験への道も開けてきます。

上位の試験の合格はさらにレベルの高い知識が求められますが、基本情報技術者試験の範囲を深くしたものが多く出題されます。

しっかり身につけることで上位試験を目指すときの基盤となります。

資格評価

【総合評価 34/50】

ニーズ 7
コスト 7
時間 7
リターン 7
将来性 6

資格取得

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

(1)午前試験(四肢択一)

テクノロジ系・マネジメント系・ストラテジ系の全分野となります。

(2)午後試験(記述式)

期待する技術水準に達しているかどうかを、技能を問うことによって評価します。

  • コンピュータシステムに関すること
  • 情報セキュリティに関すること
  • データ構造及びアルゴリズムに関すること
  • ソフトウェア設計に関すること
  • ソフトウェア開発に関すること
  • マネジメントに関すること
  • ストラテジに関すること

2.試験概要

受験資格 誰でも受けられる
資格の種別 国家資格
難易度 やや難しい

3.試験データ

受験者数(2019年度) 169,170人
合格率(2019年度) 25.7%
受験料 5,700円
試験日 4月、10月

 公式ホームページ ☞ こちら

-IT, 資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

法務・法律資格一覧|いま取得すべき本当に稼げる資格とは?

資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには繋がりません。

稼げる資格「弁理士」|知的財産に関する事務所を設立できる

弁理士は、産業財産権(工業所有権)に関するすべての手続きを業務として代理できる国家資格です。 専門的な知識を要求される特許出願を出願者の代理で行い、出願者を特許取得まで導きます。 実際に特許取得まで動 …

技術資格の中で費用対効果の高い資格はコレだ!

資格の取得について考えたとき、これからどんな資格を取得しようか。 どこまでのレベルを目指すべきかと悩むことが多いかと思います。 技術系資格は危険を伴う業務が多いため必置資格とされているものが多いのが特 …

英語関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

語学系の資格は国内だけでなく海外でも活躍したい人にとって非常に有利な資格です。 国際化社会において外国語、特に世界のどこにいってもコミュニケーションが取れるといわれている英語のスキルは重要になることは …

稼げる資格「ビジネス実務法務検定試験」|法務から販売まで幅広い分野で求められる

ビジネス実務法務検定試験は、法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。 たとえば、営業で取引先との契約書を締結する場面で、契約内容に不備や不利益がない …