資格

稼げる資格「一級建築士」|長い道のりを諦めなければ年収1,000万円も

投稿日:

建築士

建築士とは、建築士法に基づく資格で、国土交通大臣または都道府県知事から免許の交付を受け、建築物の設計及び工事監理等の業務を行う技術者の資格です。

建築士免許は、業務の対象となる建築物の用途、規模、構造に応じて、一級建築士、二級建築士、木造建築士に分類されます。

一級建築士の仕事内容は、大きく分けて、「設計業務」と「工事監理業務」があります。

さらに「設計業務」は、建築物の安全性を確保する「構造設計」、建物利用者の利便性向上のための「設備設計」、実用性と建物のデザイン性を追求する「意匠設計」の3つに分けられます。

一級建築士の場合は、取り扱える建築物の規模が大きいため、二級建築士や木造建築士と比べて設計業務の内容も高度かつ多岐に渡ります。

また、設計図通りに工事が進行しているのかを確認する「工事監理業務」は建築士の独占業務として定義されています。

資格取得のメリット

1.就職・転職に有利になる

一級建築士の資格を取得すると建築の知識と十分な実務経験を持っていることはもちろんのこと、資格取得のために努力をした人物であることの証明となるため、そういった面でも信頼度が上がります。

建築業界や不動産業界、官公庁などに就職する際に有利になります。

2.昇格・昇給が見込める

勤めている企業からも高評価を得られ、資格手当なども支給されます。

会社の規模にもよりますが一級建築士の場合、月1~3万円の資格手当がもらえます。

3.社会的ステータスの向上

一級建築士の登録者数は2019年4月現在で370,000人ほどいますが、全国で実際に活動している一級建築士(=3年に一度の受講義務のある定期講習修了者数)は50,000人ほどしかいないため、重宝されます。

4.更なる上級資格の取得に繋がる

一級建築士として5年の実務経験を積むと、構造部分の設計を行える「構造設計一級建築士」と設備の設計が行える「設備設計一級建築士」というさらに上級資格の受験資格が得られます。

これらの資格取得者はそれぞれまだ10,000人程しかいないため、より多くの仕事を請けることができ、技術性の高い建築士として活躍していけるでしょう。

資格評価

【総合評価 35/50】

ニーズ 9
コスト 6
時間 6
リターン 7
将来性 7

資格取得

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

(1)学科試験(四肢択一式)

学科I(計画)、学科II(環境・設備):2時間
学科III(法規):1時間45分
学科IV(構造)、学科V(施工):2時間45分

(2)設計製図試験

設計製図:6時間30分

※あらかじめ公表する課題の建築物についての設計図書の作成(7月下旬公表)

2.試験概要

受験資格 制限あり(※)
資格の種別 国家資格
難易度 やや難しい

※受験資格の詳細はこちらを参照

3.試験データ

受験者数(2019年度) 学科  :25,132人
設計製図:10,151人
合格率(2019年度) 学科  :22.8%
設計製図:35.2%
総合  :12.0%
受験料 17,000円
試験日 7月(学科)、10月(設計製図)

公式ホームページ ☞ こちら

総合資格情報サイト「総合資格ナビ」

『総合資格ナビ』は、スクール・講座を地域から検索し、一覧で比較できる資格情報サイトです。

講座の探しやすさと比較しやすさを追求し、簡単操作でたくさんの通学・通信講座の詳細を確認&スクールに無料一括資料請求できます。

また、各講座の説明ページも充実しています。

受講料はもちろん、授業の内容や進め方、サポート体制についても詳しくご紹介していますので、気になる講座があればぜひチェックしてみてください。

取りたい資格がまだ決まっていない方は、各資格のガイドで資格の詳細を確認できます。

取得方法や働き方、取得までの費用目安などの詳しい説明があります。

掲載講座は、社会保険労務士、行政書士などの「司法・労務系」、簿記、会計士などの「簿記・会計系」、宅建、建築士、インテリアコーディネーターなどの「不動産・建築系」、Webデザイナー、プログラマーなどの「IT系」といった資格・スキル全般に加えペットや料理、スポーツなどの趣味講座まで幅広く掲載しています。

仕事に活かせる資格や検定対策など、多くの講座の中からあなたにあった講座を見つけましょう。

資料請求 ☞ 資格を取るなら!総合資格ナビ

-資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げる資格「ビジネス実務法務検定試験」|法務から販売まで幅広い分野で求められる

ビジネス実務法務検定試験は、法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。 たとえば、営業で取引先との契約書を締結する場面で、契約内容に不備や不利益がない …

英語関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

語学系の資格は国内だけでなく海外でも活躍したい人にとって非常に有利な資格です。 国際化社会において外国語、特に世界のどこにいってもコミュニケーションが取れるといわれている英語のスキルは重要になることは …

資格試験の勉強方法とは?|独学によるスピード感ある勉強が基本!

社会人が取得できる資格のほとんど独学で合格できます。 資格取得のための勉強で大切なことは資格取得の予備校や専門学校に通っていても、予備校や専門学校に通っていない時間にどれだけ密度の高い勉強を継続できる …

稼げる資格「TOEFL」|海外留学を目指している人に不可欠

TOEFLは、世界最大の教育測定機関Educational Testing Service(ETS)が1964年に開発したTOEFLテストは、これまでに世界中で3500万人以上が受験している実績のある …

技術資格の中で費用対効果の高い資格はコレだ!

資格の取得について考えたとき、これからどんな資格を取得しようか。 どこまでのレベルを目指すべきかと悩むことが多いかと思います。 技術系資格は危険を伴う業務が多いため必置資格とされているものが多いのが特 …