建築・不動産 資格

稼げる資格「一級建築士」|長い道のりを諦めなければ年収1,000万円も

投稿日:2020年6月28日 更新日:

建築士

建築士とは、建築士法に基づく資格で、国土交通大臣または都道府県知事から免許の交付を受け、建築物の設計及び工事監理等の業務を行う技術者の資格です。

建築士免許は、業務の対象となる建築物の用途、規模、構造に応じて、一級建築士、二級建築士、木造建築士に分類されます。

一級建築士の仕事内容は、大きく分けて、「設計業務」と「工事監理業務」があります。

さらに「設計業務」は、建築物の安全性を確保する「構造設計」、建物利用者の利便性向上のための「設備設計」、実用性と建物のデザイン性を追求する「意匠設計」の3つに分けられます。

一級建築士の場合は、取り扱える建築物の規模が大きいため、二級建築士や木造建築士と比べて設計業務の内容も高度かつ多岐に渡ります。

また、設計図通りに工事が進行しているのかを確認する「工事監理業務」は建築士の独占業務として定義されています。

資格取得のメリット

1.就職・転職に有利になる

一級建築士の資格を取得すると建築の知識と十分な実務経験を持っていることはもちろんのこと、資格取得のために努力をした人物であることの証明となるため、そういった面でも信頼度が上がります。

建築業界や不動産業界、官公庁などに就職する際に有利になります。

2.昇格・昇給が見込める

勤めている企業からも高評価を得られ、資格手当なども支給されます。

会社の規模にもよりますが一級建築士の場合、月1~3万円の資格手当がもらえます。

3.社会的ステータスの向上

一級建築士の登録者数は2019年4月現在で370,000人ほどいますが、全国で実際に活動している一級建築士(=3年に一度の受講義務のある定期講習修了者数)は50,000人ほどしかいないため、重宝されます。

4.更なる上級資格の取得に繋がる

一級建築士として5年の実務経験を積むと、構造部分の設計を行える「構造設計一級建築士」と設備の設計が行える「設備設計一級建築士」というさらに上級資格の受験資格が得られます。

これらの資格取得者はそれぞれまだ10,000人程しかいないため、より多くの仕事を請けることができ、技術性の高い建築士として活躍していけるでしょう。

資格評価

【総合評価 35/50】

ニーズ 9
コスト 6
時間 6
リターン 7
将来性 7

資格取得

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

(1)学科試験(四肢択一式)

学科I(計画)、学科II(環境・設備):2時間
学科III(法規):1時間45分
学科IV(構造)、学科V(施工):2時間45分

(2)設計製図試験

設計製図:6時間30分

※あらかじめ公表する課題の建築物についての設計図書の作成(7月下旬公表)

2.試験概要

受験資格 制限あり(※)
資格の種別 国家資格
難易度 やや難しい

※受験資格の詳細はこちらを参照

3.試験データ

受験者数(2019年度) 学科  :25,132人
設計製図:10,151人
合格率(2019年度) 学科  :22.8%
設計製図:35.2%
総合  :12.0%
受験料 17,000円
試験日 7月(学科)、10月(設計製図)

公式ホームページ ☞ こちら

-建築・不動産, 資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げる資格「通関士」|就職のほか派遣社員の時給アップにも有利

通関士は、「輸出入手続を行なうプロフェッショナル」で、財務省が管轄する貿易関連で唯一の国家資格です。 豊富な知識を使って、「通関書類の作成」や、「通関手続きの代行」といった、通関業務を一手に請け負いま …

稼げる資格「消費生活アドバイザー」|消費者と企業の間を取り持ち円満解決に導く

消費生活アドバイザー資格制度は、消費者と企業や行政の架け橋として、消費者からの提案や意見を企業経営ならびに行政等への提言に効果的に反映させるとともに、消費者の苦情相談等に対して迅速かつ適切なアドバイス …

稼げる資格「応用情報技術者試験」|エンジニアとしての経験値を証明する

ITエンジニアとしてのレベルアップを図るには、応用情報技術者試験がオススメです。 技術から管理、経営まで、幅広い知識と応用力が身に付き、システム開発、IT基盤構築などの局面で、高いパフォーマンスを発揮 …

稼げる資格「介護職員初任者研修」|いつでも求められる介護資格の第一歩

介護職員初任者研修は、介護職員として働く際に必要な基本的な知識や技術を修得でき、介護の初心者向けの資格として位置付けられています。 訪問介護の仕事を行うには介護資格を持っている必要があります。 初任者 …

稼げる資格「弁理士」|知的財産に関する事務所を設立できる

弁理士は、産業財産権(工業所有権)に関するすべての手続きを業務として代理できる国家資格です。 専門的な知識を要求される特許出願を出願者の代理で行い、出願者を特許取得まで導きます。 実際に特許取得まで動 …