資格

稼げる資格「電気主任技術者」|大手の仕事に従事して安定した収入を確保

投稿日:

電気主任技術者

電気設備を設けている事業主は、工事・保守や運用などの保安の監督者として、電気主任技術者を選任しなければならないことが法令で義務づけられています。

電気主任技術者になれば、発電所や変電所、それに工場、ビルなどの受電設備や配線など、電気設備の保安監督という仕事に従事することができます。

電気主任技術者は電気事業法に準拠しており、第1種・第2種・第3種の三種類があります。

資格の種類ごとによる、取り扱い可能な事業用電気工作物の範囲は以下の通りです。

第一種:すべての事業用電気工作物

第二種:電圧17万V未満の事業用電気工作物

第三種:電圧5万V未満の事業用電気工作物(出力5000kW以上の発電所を除く)

資格取得のメリット

1.就職や転職に有利

就職や転職をする時に、電気主任技術者の資格を持っていると就ける職種の幅が広がります。

国家資格試験として代表的な資格である点からもわかるように、実用性が高く、必要とされる業種が多く存在しています。

現在電気業界に身を置く人はもちろん、これから電力・電鉄・ビル管理などの業界へ就職・転職を考えている人にとっても、この資格は大きな力になります。

2.ニーズが高い

オール電化が進む現代では社会的ニーズが高く、将来的にも需要のある注目の資格です。

3.資格取得手当がもらえる

電気業界におけるグレードが高く評価されている資格で、有資格者は職場にとって貴重な存在になり、資格手当や昇進・昇給などの好待遇に結びつくチャンスもあります。

資格評価

【総合評価 35/50】

ニーズ

10

コスト

5

時間

4

リターン

8

将来性

8

資格取得

資格試験に関する概要

1.試験科目

(1)第一種及び第二種(一次)・第三種

  1. 理論:電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測に関するもの
  2. 電力:発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気材料に関するもの
  3. 機械:電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理に関するもの
  4. 法規:電気法規(保安に関するものに限る。)及び電気施設管理に関するもの

(2)第一種及び第二種(二次)

  1. 電力・管理:発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気施設管理に関するもの
  2. 機械・制御:電気機器、パワーエレクトロニクス、自動制御及びメカトロニクスに関するもの

2.試験概要

受験資格

誰でも受けられる

資格の種別

国家資格

難易度

やや難しい

3.試験データ

受験者数(2019年度)

第一種(一次)1,566人(二次)598人

第二種(一次)6,915人(二次)2,513人

第三種 41,543人

合格率(2019年度)

第一種(一次)24.2%(二次)17.2%

第二種(一次)23.6%(二次)22.8%

第三種 9.3%

受験料

第一種及び第二種 12,400円(ネット申込)12,800円(書面申込)

第三種 4,850円(ネット申込)5,200円(書面申込)

試験日

第一種及び第二種(一次)9月(二次)11月

第三種 9月

公式ホームページ ☞ こちら

総合資格情報サイト「総合資格ナビ」

『総合資格ナビ』は、スクール・講座を地域から検索し、一覧で比較できる資格情報サイトです。

講座の探しやすさと比較しやすさを追求し、簡単操作でたくさんの通学・通信講座の詳細を確認&スクールに無料一括資料請求できます。

また、各講座の説明ページも充実しています。

受講料はもちろん、授業の内容や進め方、サポート体制についても詳しくご紹介していますので、気になる講座があればぜひチェックしてみてください。

取りたい資格がまだ決まっていない方は、各資格のガイドで資格の詳細を確認できます。

取得方法や働き方、取得までの費用目安などの詳しい説明があります。

掲載講座は、社会保険労務士、行政書士などの「司法・労務系」、簿記、会計士などの「簿記・会計系」、宅建、建築士、インテリアコーディネーターなどの「不動産・建築系」、Webデザイナー、プログラマーなどの「IT系」といった資格・スキル全般に加えペットや料理、スポーツなどの趣味講座まで幅広く掲載しています。

仕事に活かせる資格や検定対策など、多くの講座の中からあなたにあった講座を見つけましょう。

資料請求 ☞ 資格を取るなら!総合資格ナビ

-資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

総務・事務資格一覧|いま取得すべき本当に稼げる資格とは?

資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには繋がりません。他人と差別化できる稼げる資格は何なのか。
ニーズがあり、あまり費用や時間をかけずに取得できるもので、実際に資格を取得することで稼ぐことができ、将来性があり、今後も有望な資格をピックアップしました。

稼げる資格「弁理士」|知的財産に関する事務所を設立できる

弁理士は、産業財産権(工業所有権)に関するすべての手続きを業務として代理できる国家資格です。 専門的な知識を要求される特許出願を出願者の代理で行い、出願者を特許取得まで導きます。 実際に特許取得まで動 …

稼げる資格「福祉住環境コーディネーター検定試験」|アピールすることで就職が有利に

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。 医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに …

稼げる資格「ビジネス実務法務検定試験」|法務から販売まで幅広い分野で求められる

ビジネス実務法務検定試験は、法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。 たとえば、営業で取引先との契約書を締結する場面で、契約内容に不備や不利益がない …

建築・不動産関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

資格の取得について考えたとき、これからどんな資格を取得しようか。 どこまでのレベルを目指すべきかと悩むことが多いかと思います。 建築と不動産の資格は、いろいろな資格を併せて取ることによって、仕事の範囲 …