美容・健康

ヨーグルトダイエットの効果的方法とは?

投稿日:

ヨーグルトは乳酸菌が善玉菌を増やし腸内環境を改善することで便秘解消や体脂肪解消につながり、ダイエットや美容にもオススメの健康法としていろいろと紹介されています。ダイエットをするときには、その方法が本当に正しいのか不安になるものです。

便通がよくなることでダイエットにもつながるヨーグルトですが、効果的に毎日の生活に取り入れる方法としてどのようなものがあるのか、ヨーグルトを使ったダイエットについて、その方法や効果を紹介します。

「ヨーグルトダイエット」が痩せる理由とは?

ヨーグルトの特徴は、乳酸菌を含んだ発酵食品であるということです。腸の中には「乳酸菌」をはじめとするたくさんの腸内細菌が住んでいるのですが、重さにすると1~1.5kgにもなります。

中でもヨーグルトに含まれる「乳酸菌」は体にとって良い働きをする「善玉菌」と呼ばれ、悪玉菌の増殖を抑える効果があります。乳糖などの糖類を栄養源にして酸を作り出し、これらの酸が腸を刺激することで便秘予防効果が期待できます。

一方、悪玉菌が増えると腸内環境が悪化して便秘になりやすくなります。腸内環境が悪化して便秘がちになると、代謝が悪くなるので痩せにくく太りやすい体になってしまいます。

善玉菌によって腸の調子が良くなるということは、腸の運動量が増えるということなので基礎代謝量アップにもなり、痩せ体質にもつながります。

また、ヨーグルトにはカルシウムを多く含んでおり、そのカルシウムは脂肪の排出を促進することから体脂肪を減らす効果があります。さらに、基礎代謝を上げるので、消費カロリーが増えて痩せやすくもなります。

その結果として痩せやすい体質を作ることができるので、無理な食事制限をしなくてもダイエットができるのがヨーグルトダイエットなのです。

ダイエットに向いているヨーグルトの選び方

効果的な乳酸菌は何千という種類があり、数百億個を食べても、直接腸に届くことができるのは、ほんのわずかな量だといわれています。代表的な乳酸菌の種類を紹介します。いずれもダイエット効果が見込まれます。

1.ヤクルト菌

ヤクルト菌は元々体内に存在している善玉菌の1つで飲み物の名前にもなっています。胃液や胆汁などの消化液にも負けず生きて腸に到達し、悪い菌を減らす乳酸菌が発見され、さらに強化し、鍛え上げ、培養することに成功しました。それが、後に「乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)」と呼ばれるラクトバチルス カゼイ シロタ株(ヤクルト菌)です。

2.ビフィズス菌

ヤクルト菌と同じく、ビフィズス菌も元から体内に存在している善玉菌です。森永乳業のビヒダス(商品名)が有名です。血液を固める力のあるビタミンKや、身体を丈夫にするビタミンBなどを腸の中でまとめて吸収させてくれる働きがあります。

また、腸内を刺激して害となる物質を体の外へと出す働きもあります。ビフィズス菌は乳酸や酢酸といった有機酸を生成し、悪玉菌の増殖を防いで腸内環境を整えさまざまな生理機能を発揮します。

特にビフィズス菌が生成する酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑制すると考えられています。ヒトの腸内、特に大腸内では、ビフィズス菌は乳酸菌*の数百倍多くすんでいます。

そのため、ビフィズス菌はヒトの腸内に適した菌といえます。また、乳酸菌は糖を分解して乳酸を作り出しますが、ビフィズス菌は乳酸に加えて酢酸を作り出します。この酢酸が腸内で重要な機能を発揮します。

3.クレモリス菌

フジッコのカスピ海ヨーグルト(商品名)の中に多く含まれている乳酸菌がクレモリス菌で、粘り気があるのが特徴です。クレモリス菌の主な健康効果は、次の3つです。

  • 便秘を改善する
  • 血糖値の上昇速度を緩める
  • 免疫力の向上

便秘改善効果はヨーグルト全般にありますが、残りの2つはクレモリス菌の特徴的な効能です。

4.LG21

明治乳業などの研究で新しく開発されたのがLG21です。通常の乳酸菌の多くは、胃酸や胆汁で弱められてしまい、腸まで届くことができるのはわずかだったのですが、LG21は胃の中で働くことのできる菌なので、胃の中に潜んでいるピロリ菌と戦うことができるのが特徴です。

ヨーグルトは夜に食べると効果的

ヨーグルトを夜に食べる一番のメリットは、腸が最も活発に活動するゴールデンタイムといわれている夜の22時~翌日の2時に合わせ、腸内環境を整えておくことができることです。

老廃物が体外へ排出される、いわゆるデトックスの作用が強くなり、太りにくい体質が作られていくといわれています。

デトックスが促されると、便秘を解消し、血流を促進することで冷えやむくみを改善するだけではなく、新陳代謝もよくなるため肌の調子が整い美肌を手に入れることができます。

夕食後にヨーグルトを食べるメリットは主に2つあります。1つ目は、腸のゴールデンタイムに合わせて、ヨーグルトに含まれる乳酸菌を摂取することで腸内の環境が整い、デトックスを始めとした様々な効果を得ることができるます。

2つ目は、夕食後から寝るまでの間にヨーグルトを食べることを習慣化すれば、夕食後にヨーグルトを食べることを考慮して自然と夕食の量を減らすことができる点です。

なお、この方法は短期間で痩せることができるダイエット方法ではありません。腸内環境を整えることで痩せやすい体質に変える方法ですのでリバウンドを避けるために有効な方法といえます。

-美容・健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

縄跳びダイエットで効果を得るポイントとは?

子どもの頃に遊んでいた縄跳びは有酸素運動で脂肪燃焼効果が高く、ダイエット効果があります。必要な道具は縄跳び用の縄だけという手軽さで、継続しやすいこともダイエット法として根強い人気があります。 実際に縄 …

ダイエットは食べる順番を変えるだけで痩せられる

食事の際、食べ物を食べる順番を気にしていますか。特に意識せずに「好きなものから食べる」や「嫌いなものから食べる」など、気分で食べている人が多いと思います。しかし、食べる順番を変えるだけでダイエットにな …

ダイエットは筋肉維持を意識しながら行うのがよい

ダイエット中のカロリー制限は重要です。脂肪を減らすことが優先されますが、てっとり早く痩せたいと思うあまり、運動をせずに食事制限だけを行うと筋肉が落ちてしまい、リバウンドの危険性があります。 結果的にダ …

内臓脂肪を減らす効果的な方法とは何か?

体の脂肪は大きく「内臓脂肪」と「皮下脂肪」に分けられます。内臓脂肪は皮下脂肪と比べると運動によって減らしやすいという特徴があります。実は内臓脂肪を減らすことが生活習慣病予防に繋がります。男性も女性も内 …

食事制限と運動を組み合わせて無理なくゆっくりとダイエットするのがベスト

健康的に痩せる方法というのは誰もが求めているものであり、食事・運動・サプリといったものからそれらの結果を得ようと考えている人も多いでしょう。 急激に痩せるのは健康的とはいえませんので、3食の食事バラン …