コミュニケーション

文句ばかり言う人の心理とは? 振り回されない対処法とは?

投稿日:

文句ばかり言う人の不満の心理とはどのようなものなのでしょうか。あなたの周りに文句ばかり言う人はいませんか。自分がやる気を持っていたとしても、毎日否定的な言葉を聞くのは心理的にも辛く、不満を持ってしまいます。

文句ばかり言う人は、強いストレスや劣等感、欲求不満などを抱え、それを自分の中で消化できずにいます。そのイライラを周囲にまき散らすことで、自分の気持ちを安定させているのです。

文句ばかり言う人の心理を知ることで、負の感情に取り込まれないように防御しましょう。

文句ばかり言う人の心理とは?

1.完璧主義でプライドが高い

文句ばかり言う人は、プライドが高く、完璧主義者であるため、「自分の考えや価値観以外を認めない」という特徴を持っています。自分の考えに絶対的に自信がありますが、その自信は周りからすると独りよがりで、到底受け入れられるものでないことが多いのです。

多くの人が、なんとか自分の中で折り合いをつけるものですが、プライドが高い人にとっては、これが我慢できません。相手の悪口を言って、自分の優位性を保とうとするのです。

また、他人に対しても同じように完璧を求めるため、理想と現実がズレてしまうことが往々にしてあり、結果、「完璧な自分が望む通りに物事が動かない」と、不平不満を漏らすことになるのです。

2.自分ファースト

相手の立場で物事を考えられず、自分の損得勘定でしか物事を見ないため、「自分は他人に比べて損をしている」を感じると、途端に不平不満だらけになります。

「これだけ頑張って仕事をしているのに、あいつは外回りをほとんどせずにいつも営業成績がよい。絶対に裏があるはずだ。」「なんで私ばかりが我慢しなくちゃいけないのか」と自分の損得しか考えていないため、不満が多くなるのです。

文句が多い人の心理として「なんで自分だけ」と常に思っている節があります。これは、他の人が苦労していることを想像できないために起こります。

こういった心理の人は人の気持ちを考えられない人が多く、自分が文句や悪口を言うことでどんな悪影響があるのかなども考えようとしません。自分の損得しか考えられない人に対して、周りが何かしてくれるわけもありません。

そうしてまた、文句を言い続けるという悪循環に陥るのです。文句ばかり言う人は、自分が思い描く結果が得られなかったときに、その事実だけにこだわります。

なぜそうなったのかという背景を理解して自分を納得させることや、その出来事をバネに自己成長する気持ちを持つことが苦手なのです。

3.誰かのせいにすることで今の自分を支えている

うまくいかないことや違った考えを受け入れることができず、「自分の考えは間違っていない」という心理が働き、誰かのせいにして文句を言い続けるのです。ある意味、文句を言い続ける人は、「ストレス耐性が弱い」と言えるかもしれません。

つまり、自分と向き合うことで傷ついたり、自分の弱さを認めることが怖いのです。そんな弱い自分を隠そうと、誰かのせいにしてしまうのです。自分の弱さを認めることができず、自分と向き合うこともできません。

そのことに気づいていながら、目をそらし続ける自分に、嫌気がさしているとも考えられます。

文句ばかり言う人の対処法

1.相手の不満は聞き流す

悪口や愚痴はすべて聞き流すことが対処法として楽です。自分も相手も楽で、しこりなく人間関係を続けるようにするには、それが一番の対処法といえます。

相手が自分の話を聞いてくれないタイプだと分かれば、文句ばかり言う人は、怒りを発散できないため、徐々にあなたから距離を置くようになります。文句を聞いている間は、とにかく聞き流すことに徹しましょう。

時には自分の意見を突っ込みたくなるかもしれませんが、そこはグッとこらえましょう。途中で同意を求められたとしても、「そうかな?」と曖昧に返事しておくとよいでしょう。同意してしまうと、相手が自分から離れていきません。

2.相手のペースに巻き込まれない

どれだけ文句を言われても相手のペースに巻き込まれず、自分のペースを保つようにすることです。文句ばかり言う人は、ネガティブなパワーが非常に大きいです。相手のパワーに飲み込まれると、延々と相手のペースに合わせなければならなくなります。

特に、一度相手に合わせてしまうと、相手は自分を理解してくれたと思い、時間や場所を問わず、自分の考えや不満を吐き出し続けかねません。相手のペースに合わそうとせず、節度を持って付き合うことが大切です。

3.相手と距離を置く方法を考える

文句ばかりをいう人に振り回されないためには、心理的にも身体的にも距離を置くことが一番です。具体的な方法としては、相手と関わる時間を持たないことです。

たとえば、忙しいことを理由に個人的に過ごす時間がないことを伝えるなどして、なんとか相手と距離を置く方法を考えましょう。文句ばかり言う人は、怒りや不満を自分で解決できません。

文句ばかり言う人はメンタルに問題を抱えていることが多いため、中途半端なかかわり方は、お互いがお互いを傷つけ合うことになりかねません。最初の段階で自分には手に負えないと考えて、距離を置くことが一番です。

-コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

雑談力をつけるコツとは?|最強のビジネススキルを身につけ営業力UP!

  ビジネスにおいて雑談は有効手段です。雑談力があれば、取引先の方とも打ち解けられ、社内ではうまくコミュニケーションををとれるようになります。コミュニケーションを円滑にするための「雑談」の役 …

合理主義な性格の人の特徴とメリット・デメリットとは?

合理主義とは無駄がなく結果がでるように頭の中でそれまでの過程を考え行動に移すことをいいます。つまり、合理主義の性格な人は何かをした後に出る結果に無駄がないよう、頭の中で事前に物事の経過を判断し、最短な …

アスペルガー症候群の人への対応はどうすればよい?

アスペルガー症候群は発達障害ですが病気ではありません。発達障害は最近よく知られるようになっていますが、大人の発達障害の認知度はまだまだ低く、本人も周囲の方も困っていることがあります。 「空気が読めない …

女性がタトゥーを入れる心理とは? タトゥーを後悔する理由とは?

タトゥーは男性が入れているイメージが強いものでしたが、最近では女性もワンポイントでタトゥーを入れているのを見かける事が多くなってきました。 若い人にとってタトゥーはファッションやオシャレという意味合い …

コミュニケーション能力を向上させる観察力と洞察力の鍛え方とは?

コミュニケーション能力とは一般的には「他者との意思伝達・感情伝達を円滑に行う能力」を指します。ビジネスにおける基本事項です。コミュニケーション能力の高い人は、相手に対して興味や関心を持って会話をするの …