コミュニケーション

承認欲求が強い人の特徴、原因や接し方を知っておこう

投稿日:2017年8月28日 更新日:

他人から認めてもらいたいと願ってしまい、過度な言動をしてしまう人がいます。承認欲求とは社会を形成して生きる人間の持つ基本的な欲求であり、誰でもこの欲求はもっていますが、度を越すような承認欲求が強い人たちには、何かしらの理由や原因が隠されていることがほとんどです。

どうしてそこまでして、自分を認めて欲しいと願ってしまうのでしょうか。

承認欲求が強い人の特徴

1.寂しがり屋である

承認欲求が強い場合、他人との関わりの中での自分の存在価値を確認するようになります。TwitterやFacebookなどのSNSにおいて、もっとも多いパターンが、人から注目を集めたり、反応があることで普段感じている寂しさを紛らわせるタイプの人です。

つまり、いつも誰かと一緒にいなければ不安になり、一人でいることが苦痛で、孤独を恐れてしまうのです。基本的に一人で行動ができないタイプの人は、承認欲求が強い人といえるでしょう。

2.目立ちたがり屋である

「自分は他人とは違う」という特別視をしてほしいアピールが強いために、人から注目を浴びるような行動をして常に目立とうとします。自分が特別だと錯覚し、その行動がエスカレートするタイプです。

注目をされると、更にエスカレートさせる傾向がありますので、突拍子もないことをしてみたり、他人の迷惑を考えずに目立ちたい一心で行動することがありますので、十分に注意が必要です。

3.相手の話を聞かず、自己主張が激しい

承認欲求の強い人の特徴的な行動として、何でも欲しがります。とにかく自分のことばかり話し続け、主張がはげしく、同意を得られないと気分を害するパターンです。相手が話している途中でも、平気で話を切って、割り込もうとします。

これは、自分が満たされていないために、発言や行動がすべて自己都合になってしまうために、自己主張が激しい人という印象になってしまうのです。

4.自分のことをよく語る

承認欲求の強い人はよく自分中心に物事を語ります。自分の考えや感じたことなど、その時の気持ちなどを相手に話し、それに同意を求めてくる場合などが多いです。ひどい場合は同意だけではなく、考えや気持ちをこちら側まで押し付けて来る人もいるでしょう。

たとえば、ニュースをシェアしては「私はこう感じた」「私はこう思う挙げ句の果てには「みんなこうするべき」と押し付け始めます。そして、こういうことは相手を考えていないので、逆に言えばブロックしても全く問題ありません。

容赦なくブロックしましょう。また、このように自分のことを多く語る人は、相手の話を聞かないことが多いです。

5.他人をよく褒める

承認欲求の強い人はフレンドリーで友人も多いことがほとんどです。他人を褒めることにより、その行為が自分に返ってきます。この行動は女子の間でよく見られます。○○ちゃんかわいいね、△△ちゃんもかわいいよ~。など、女子たちの間で繰り広げられることが多いです。

もしそれがお世辞だったとしても、自分の中でかわいいと言ってもらえたと満足できることができます。そうして承認欲求は満たすことができます。なお、人をランク付けしてみたり、自分の居場所、キャラに異常にこだわる傾向があるのも特徴です。

承認欲求が強い原因

1.褒められた経験が乏しい

その人の人生において、褒められた経験が極端に少ないと、「どうしても認められたい」という感情が強くなってしまいます。

自分の存在を認めてほしい、こんなにがんばっているのに結果の良し悪しで判断されてしまい、認めてくれないという経験が多ければ多いほど、欲求不満が溜まってしまいます。

心の寂しさが根底にあり、承認欲求が解消されない限り、そのストレスを受け続けます。特に両親や家族から褒められた経験が少ない人に大人になって屈折した欲求となって表に現れてきます。

必要以上に肯定して欲しい、認めてほしいという気持が強まり、他人にもそれを求めてしまうことになるのです。

2.大きな挫折を味わった経験がある

子供のころからの夢や目標のために頑張てきたことがあったのに、それが達成できずに大きな挫折を経験したということも原因となることがあります。

自分は長年これだけ頑張てきたことなのに、その夢や目標達成への道を突然失ってしまうことで、大きな心の傷を負って癒せないでいるのです。

プライドが高い人に多く見られる承認欲求で、できるはずという気持ちを持ち続けることによって、もっと認められていいはずだと納得できていない感情が承認欲求を強くさせる結果になるのです。

3.いつも他人と比べている

何かにつけて周りと比べて自分は勝っているなど、常に比較してしまうのは、他人と比較することによって、自分は存在価値があると確認したい心理によるものです。いつも他人と比べることで、安全な位置にいると思いたい気持ちが承認欲求の強さを増す結果になります。

人と比べるのではなく、自分を基準に物事を考えることを意識する必要があります。

4.過去の栄光にしがみついている

過去に一度でも他人から称賛されるような出来事や賞を得た経験があり、その過去の栄光にしがみついていることで承認欲求が強まってしまうということがあります。

本当はすごい人間なのだと、本来の自分はこんなものではないなどという自己顕示欲が強くなり、「もっと認めてくれてもいいのに、分かってほしい、分からせたい」という気持ちに陥り、結果承認欲求が強くなってしまいます。

特に結果を出すための行動をしたり、努力したりしていないのにもかかわらず、過去に得た栄光に関わるジャンルにおいて、これだけは周りの人間よりも自分の方が秀でているんだという、自意識過剰な思いを募らせていることで、さらに承認欲求が強まるのです。

承認欲求が強い人への接し方

1.素直に認めて褒める

承認欲求が強い人は、褒めてもらった経験が乏しく、幼少期に否定されてばかりいたというような原因が当てはまります。その他、いくら努力をしても報われないといった経験から、異常に「人に認められたい」と感じてしまうのです。

まず、認めて褒めることから始めましょう。他の人にとっては「そんなの出来て当然だよ」といわれるようなことでも、その人にとっては苦手分野でとても努力したことかも知れません。

もしくは、自分の気持ちを保つために「出来て当たり前のこと」と分かっていながらも、それでも人に認めてもらいたいという要求からしょうもないことをいってくることもあるかもしれません。

でもそれを認めて褒めてあげることで、その人の中で納得がいき、次のステップへと踏み込むチャンスとなります。まずは、認めて褒めることを意識するようにしましょう。

2.あまり深くは関わらない

承認欲求が強い人で過去にライバルに負けてとても悔しい経験をしたというようなことから承認欲求が強くなっているというような人は「自分が一番でないと絶対に気が済まない」という心理にまで陥っているケースがごく一部ですがあります。

このタイプの人と深いかかわりを持ってしまうと、常に相槌をうって首を縦に振ってあげながら、相手を持ち上げるように対処しないと激高するようなことになりかねません。

「自分が一番でないと気が済まない」タイプの人間とは、非常に気を遣うことになるのであまり深くは関わらないことをおススメします。

お得な情報をおひとつ!

銀行に現金を預けても利息がほとんどつかない世の中で、お得に買い物をすることが家計にとって何より大切になってきます。特にやらないと絶対に「損」をするのが、ポイント制度の活用です。

インターネットでショッピングをするとき、ショッピングサイトのポイントだけでなく、ポイントサイトを経由してショッピングサイトで購入することでポイントサイトのポイントも貯められることを知っていますか。

しかも、その支払いをクレジットカードでチャージした電子マネーで行うことで、クレジットカードのポイントと電子マネーのポイントも貯めることができます。いわゆるポイントの4重取りが可能になります。

今後、モノやサービスの決済の電子化(キャッシュレス化)が普及していくことが予想されます。電子決済に慣れておくと、今後、よりお得な決済手段を選ぶことができるようになるでしょう。

なお、ポイントの4重取りの詳しい内容については、別の記事で紹介していますので、興味のある人はこちらをご覧ください。

-コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

合理主義な性格の人の特徴とメリット・デメリットとは?

合理主義とは無駄がなく結果がでるように頭の中でそれまでの過程を考え行動に移すことをいいます。つまり、合理主義の性格な人は何かをした後に出る結果に無駄がないよう、頭の中で事前に物事の経過を判断し、最短な …

エホバの証人の勧誘の女性への断り方とは? 勧誘目的や活動などを紹介

日本にも信者が多いとされるエホバの証人。エホバの証人とはいったいどのような宗教でしょうか。宗教勧誘のほとんどがエホバの証人と呼ばれる宗教団体によるものです。彼らは「聖書を学んでいる者です」とか「ボラン …

面倒な人や厄介な人への対処法

面倒な人や厄介な人というのは、仕事でもプライベートでもいるものです。特に仕事の場合は、避けようがないという事もありますから厄介です。職場に面倒な人がいれば、「あんな人は、どこにでもいるから…」というこ …

アスペルガー症候群の人への対応はどうすればよい?

アスペルガー症候群は発達障害ですが病気ではありません。発達障害は最近よく知られるようになっていますが、大人の発達障害の認知度はまだまだ低く、本人も周囲の方も困っていることがあります。 「空気が読めない …

強欲な人の特徴や心理とは? 強欲な人への対処法とは?

強欲な人とは普通では考えられないほどの欲望の持ち主です。欲張りであれもこれもと求める人のことを良い評価をする人もいれば、悪い評価をする人もいます。 一般的な人であればある程度まで欲を満たせば満足するも …