仕事と技術

扶養家族とは?|扶養者と被扶養者の違いや扶養家族の基準とは? 

投稿日:2018年5月6日 更新日:

ニュースや新聞で扶養者・被扶養者・扶養家族などという言葉を耳にしますが、厳密にどの人のことを指しているのか理解している人は少ないかもしれません。家族がいれば必ず扶養者・被扶養者・扶養家族に関する手続きを行うことになります、ぜひ知識を深めておきましょう。

扶養者とは?

扶養する人を指し、扶養とは自己の労働が困難でかつ資産が十分でないために独立して生計を営めない人の生活をできるように支えることをいいます。ちなみに扶養される側は被扶養者といいます。

被扶養者とは?

扶養される人のことで、主に収入面で援助が必要な「家族」を指します。年末調整や確定申告の手続きで扶養控除という言葉を聞いたことがあると思います。被扶養者・扶養家族など、同じ扶養されるという意味です。

扶養家族とは?

扶養家族とは、被扶養者と同様に主に収入における生活面で助けてもらう必要のある家族のことを指す言葉です。会社にお勤めの方は年末調整時に扶養控除という言葉をよく耳にするかと思いますが、一定の要件を満たす扶養家族がいることで税制上の特典を受けることができます。

また、会社で加入している健康保険でも、一定要件を満たす扶養家族であれば、基本的に健康保険料を納めることなく健康保険の給付を受けることが可能です。上記の通り、扶養家族には大きく分けて健康保険の扶養家族と税法の扶養家族が存在します。

しかし、同居している親族であれば、無条件に扶養家族としての要件を満たすわけではありません。また、同じ扶養家族という言葉が使われていますが、健康保険の扶養家族と税法の扶養家族では定義が異なりますので注意が必要です。

それでは、健康保険と税法における扶養家族の定義を確認してみましょう。

扶養家族の基準は「健康保険」と「税法」で異なる

扶養家族の基準は「健康保険」と「税法」で異なります。共に家族だからといっても無条件に扶養家族となるわけではありません。

1.健康保険上の扶養家族の基準とは?

被保険者の収入によって生活していれば、被扶養者として健康保険料を納めることなく健康保険の給付が受けられます。認定基準は以下の通りです。

(1)認定基準

  • 健康保険法に定める被扶養者の範囲であること
  • 後期高齢者に該当していないこと
  • 被保険者がその家族を扶養せざるを得ない理由があること
  • 被保険者がその家族を経済的に主として扶養している事実があること
  • 被保険者には継続的にその家族を養う経済的扶養能力があること
  • その家族の年収は被保険者の年収の1/2未満であること
  • その家族の収入は年間130万円未満(60歳以上又は59歳以下の障害年金受給者は年間180万円未満)であること

(2)被扶養者の範囲

①同居でなくてもよい

  • 配偶者(内縁を含む)
  • 子(養子を含む)・孫・兄弟姉妹
  • 父母(養父母を含む)などの直系尊属

②同居であることが条件

  • 上記以外の三親等内の親族(義父母等)
  • 内縁の配偶者の父母・連れ子
  • 内縁の配偶者死亡後のその父母・連れ子

2.税法上の扶養家族の基準とは?

(1)認定基準

  • 配偶者以外の親族、または都道府県知事から養育を委託された児童や市町村長から養護を委託された老人であること
  • 納税者と生計を一にしている
  • 年間の合計所得金額が38万円以下である
  • 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないまたは白色申告者の事業専従者でないことが条件

親族の範囲は、6等親内の血族および3等親内の姻族、里子などが該当。配偶者の場合は、別途配偶者控除として扱います。また、同居していなければならないということではなく、常に生活費等の送金されている場合には、生計を一にするものに該当します。

所得税法上の扶養控除は年間の合計所得額にて判断されることになるのですが、その判断基準額は年間38万円以下とされており、給与所得のみ場合は、年間103万円以下の場合です。公的年金等に係る雑所得だけの場合は、収入金額が158万円以下(65歳未満は108万円以下)となります。

これらを超えた収入が有る家族がいる場合には、扶養状態にあるとは見なされません。

(2)扶養者の範囲

  • 納税者と生計を一になる配偶者(婚姻関係が法律上で認められているもの)や親族
  • 里子として認められている子ども
  • その年の12月31日現在の年齢が16歳未満の人は扶養控除の対象にはならない

給与規程の「家族手当」はどのような基準で支給されていますか?

健康保険と税法における扶養の概要について説明しました。考え方が大まかに理解できたかと思います。ここで多くの会社で支給している「家族手当」についてですが、給与規程にはどのように記載されているか確認してみるとよいでしょう。

多くの給与規定で「扶養家族がある場合、○○円を支給する」とだけの記載になっていないでしょうか。その場合は慣例で健康保険での基準か、税法での基準のどちらかで処理をされていると思われます。

トラブルを避ける意味でも、どちらの基準で支給をするのか、この機会に明確にしておくとよいでしょう。

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

仕事のストレスで壊れそう!|感じやすい人の特徴・原因・解消法とは?

仕事が多すぎる、社風が合わない、正当な評価をもらえないなど、人間関係に問題がなくても、ストレスを感じたり、うつになってしまうことが一般的になっています。ストレスで毎日イライラ。仕事によるストレスが心身 …

算定基礎届とは何か?|算定基礎届の算定時期に残業すると損するのか?

企業の人事・総務担当者にとっては新入社員を迎え入れる為の様々な業務に追われ、ようやく落ち着いた頃に今度は、社会保険の手続きの中でも最も複雑で面倒な算定基礎届の作成です。 担当者の中でも苦手な方が多いの …

名刺の英語表記の作り方|よく使われる役職名や部署名などの英語表記は?

最近、名刺の裏面に英語表記をする人が増えています。外国人と名刺交換をしたり、海外で名刺を渡したりする場合は英語表記の名刺を交換するのが一般的です。 英語表記の名刺を作成しようとすると「どの表現を使うの …

メール返信の「インライン」|ビジネスメールで気を配りたいマナーとは?

ビジネスでは、メールで問い合わせてメールで返信というやり取りがとても多いものです。仕事関係のメールで、「インラインにて回答します」と書いてあるものを見かけますが、どのような意味があるのかわかりますか。 …

「幸いです」の意味と使い方|ビジネスにおける使用上の注意点とは?

ビジネスメールではストレートすぎる表現を使うと上から目線の文章になってしまいがちだからです。特に文末の表現には注意が必要です。たとえば、メールの文末に「~してください」という表現はストレートな印象があ …