仕事と技術

「CEO」の意味とは?|「社長」との違いや会社組織における役割とは?

投稿日:2018年7月12日 更新日:

日本でもCEO(最高経営責任者)という単語をよく聞くようになりました。一般的には会社経営においての最高責任者という意味合いがありますが、これは日本の「社長」と同じ位置付けと認識してよいのでしょうか。

「社長兼CEO」「代表取締役社長兼CEO」という肩書きがあることを考えると「社長」と「CEO」は違うと考えた方がよさそうです。では、どのように違うのか確認していきましょう。

CEOとは?

CEOとは、Chief Executive Officerの略であり、最高経営責任者になります。アメリカ型企業における業務執行役員のトップであり、経営の方針や戦略の決定を行い、最終責任を負う人を指します。

なお、CEOについては職責上の呼称であり、会社法で定義された肩書きではありません。

代表取締役とは?

会社法で規定されているのは、代表取締役と取締役です。代表取締役は法律的な定義では「株式会社の代表」のことで、代表とは法人で一番権限のある偉い人のことです。このように代表取締役は日本の会社法で株式会社の代表を指す用語として定められています。

ちなみに株式会社ではない法人は代表取締役が存在しません。それでは「社長」とはどういう意味でしょうか。一般的にはご存知の通り通常「社長」と言うと会社で一番偉い人のことを指します。そのため株式会社では代表取締役のことを社長と呼んでいます。

しかし、社長は会社法で定義された肩書ではありません。そのため、誰を社長と呼ぶかどうかは各会社の判断で決めています。

社長とCEOの違いは?

日本で社長やCEOの肩書を使っていても、会社法上は、なんの権限もありません。従って、社長やCEOを名乗ること自体は自由なのです。社長とCEOは厳密には色々違いますが、日本では同じような意味(社長=CEO)で使用されていることが多いです。

日本企業と欧米企業を比べると、組織の形態が異なっているため、使用される肩書も異なっているのです。日本企業と欧米企業の組織の形態は以下のようになっています。日本企業は、基本的には取締役会で会社の重要事項の意思決定をします。

そして、その意思決定に基づいて、代表取締役と取締役が実際に業務を執行していくのです。つまり、重要な意思決定をする取締役会のトップが代表取締役社長であり、その意思決定に基づき、業務を執行するトップも代表取締役社長なのです。

代表権のない取締役は序列を示す形で専務取締役、常務取締役、取締役と区別している企業が多いです。一方、欧米企業では、日本での取締役会に相当する意思決定機関の構成員である取締役と業務を執行する執行役員が明確に区別されています。

一般的には取締役会で意思決定を行い、その意思決定に基づき執行役員が業務の執行をしていくことになります。そして、業務を執行していく執行役員の中で、最高経営責任者であるCEOや最高執行責任者であるCOO、最高財務責任者であるCFOといった肩書をつけていきます。

CEOは取締役を兼任していることが多いですが、その他の執行役員は取締役を兼任せず、その地位は明確に区別されています。CEOと社長の違いはアメリカと日本の会社形態の相違によるものです。

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

社内ニートになってしまった!|転職せずに脱出を目指すか転職するか

会社に行っても仕事がない。近頃、よく聞く「社内ニート」。その意味は、「会社内」と「ニート」の組み合わせ通り、社内の仕事が与えられず、ニートのように暇を持て余している人のことをいいます。 かつては働く気 …

ファイリングとは何か?|コツを身につけて効率よく仕事しよう!

書類が机の上に山積みになっていて、必要なときにサッと取り出せず、不便を感じたことはありませんか。それは仕事の基礎であるファイリングをおろそかにしているため起きている問題です。 あとでファイリングしよう …

やる気が出ない原因とは?|やる気を出させる効果的な方法とは何か?

あなたは仕事でやる気が出ないときはないだろうか。やる気は仕事を行う上での動力源であり、やる気が出なければ思うように仕事がはかどりません。やる気が出てこないと、そのまま手付かずになり時間だけが過ぎていき …

出世する人の特徴|同僚に差をつけて厳しい競争を勝ち抜く方法とは?

出世したいと思っているけれど、なかなか出世することが出来ないという悩みを持つサラリーマンは多くいます。また、入社したのはいいけれど、同期と差がつき、焦りを感じているという若手社員もいると思います。 し …

「寸志」と「志」の意味|書き方・渡し方のマナーや金額の目安は?

お金や品物を贈る際の表書きに「寸志」や「志」という文字が使われているのを見たことはありませんか。似たような言葉ですが、「寸志」と「志」にはどのような違いがあるのでしょうか。 馴染みのない言葉のため、そ …