仕事と技術

プレゼンの上達のコツはこれだ!|シンプルで実践できる極意とは?

投稿日:2018年10月27日 更新日:

会議で自分の企画を発表したり、取引先に自社の新商品を売り込んだりするために「プレゼン」を行うことがあります。しかし、よい企画や新商品があっても「話す」スキルが低いとセールスポイントを相手に伝わらず、商談もうまくいきません。

プレゼン中は、話し相手が理解を深めるための時間です。心地の良い間を取れるかどうかは、話し手の最も重要な技術と言っても過言ではありません。実は人を動かすプレゼンはそれほど難しいことではありません。プレゼンを成功させるコツは話す順番です。

実践すれば必ずプレゼンが上達するコツを紹介します。

話す順番を意識する

話す順番を意識すると、論理的に相手に話を伝えることができるようになります。具体的には、「P:POINT(結論)」、「R:REASON(理由)」、「E:EXAMPLE(事例)」、「P:POINT(結論)」という順番で話していきます。

この方法は、それぞれの頭文字をとって「PREP(プレップ)法」と呼ばれます。たとえば、顧客に自社商品の説明を行う場合の具体例を以下に示します。

この商品のメリットはお客様がこの商品を使用していて困ったときのアフターフォローの体制が充実していることです。(結論)

この商品はお客様が購入後、使い方がわからず、相談できる人がいないという話をよく聞きます。(理由)

お客様で行なって頂く、初期設定が正しく行われていないため、商品の動作が途中で止まり、仕事に支障をきたしてしまったというトラブルの話もあります。初期設定をこちらで行うことはもちろんのこと、困ったときに電話をすればすぐにお伺いできる体制になっている方が、安心してご利用頂けると思います。(事例)

そのため、この商品はお客様に満足して頂けるようにアフターフォローの充実に力を入れています。(結論)

結論では自分が伝えたいことを話します。それを最初に持ってくることによって、自分の主張が何なのか明確になります。次に理由を話します。理由が次に来ることによって、なぜその意見を主張するのかがわかりやすく伝わります。

そして、事例ではその理由が自分だけでなく他の人も同じように思っているという裏付けが含まれています。この事例によって、話に信憑性が増して興味を持つようになります。

最後に改めて結論を話すことで話の内容がグッと締まり、わかりやすく論理的な印象を与えられます。

話し方を意識する

伝え方、つまり話し方はとても重要です。当たり前のことですが、いくら内容が良くても、早口過ぎたり声が小さ過ぎたりして聞き取りにくければ聞き手に伝わりません。また、プレゼンのときは特に、聞き手を引き付けるような話し方を心掛けなければなりません。

1.ゆっくり話す

人前で話すことに慣れていない人は、緊張して話すスピードが速くなってしまいがちです。早口で話す人は落ち着きがないように見えます。また、聞き手はそのような人に対して軽い印象を持ち、話す内容の説得力も落ちてしまいます。

逆にゆっくり話すと言葉が聞き取りやすくなります。また、聞き手は話し手が落ち着いて、自信を持って話しているように感じ、話す内容の説得力が増します。プレゼンでは、ゆっくり落ち着いて話すように心掛けましょう。

2.声のトーンに注意する

声のトーンに気をつけて、はっきりと話すことが大切です。小声でボソボソと話したのでは、聞き取りにくくて、聞き手がストレスを感じてしまいます。聞き取りやすいように声の張りに気をつけ、ハキハキと話すことを心がけるとよいでしょう。

また、時には身ぶり手ぶりを交えたボディランゲージを取り入れると、聞き手の視線を引きつけられます。

3.重要な箇所は強調する

重要な部分は、話し方を変えるなどして強調しましょう。たとえば、声を少し大きくする、同じフレーズを繰り返す、話すスピードを落とす、身ぶり手ぶりを大きくするなどの方法が一般的です。

話し方に強弱をつけることで、聞き手の集中力が落ちていた場合でも、再び自分に引きつけられます。

4.間(ま)を効果的に入れる

プレゼンではメリハリが大切です。そこで重要になってくるのが「間(ま)」の取り方です。

たとえば、「この商品に関するセールスポイントは3つあります。皆さんはどのようなセールスポイントがあると思いますか」と質問を投げ掛けた後、少し間(ま)を取る方法もあります。

このように語り掛ければ、聞き手がそれぞれ頭の中でセールスポイントを思い描くようになり、プレゼンに引き込まれていく効果をもたらします。

5.話すときの姿勢にも注意する

プレゼンしている人が背中を丸めていたり、ポケットに手を突っ込んでいたりしては、それがどんなに素晴らしい企画だとしても、聞いている人はよい印象を持たないため、プレゼンに引き込まれることはありません。

一般的によい姿勢といわれるような、背筋を伸ばして軽く胸を張り、少し顎を引いたような姿勢で話し続けられるよう、心掛けるとよいでしょう。

自分のスキルや能力の適正な年収の相場がいくらになるのか気になりませんか?

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。サービスの利用はすべて無料のため、気軽に相談できます。

今後のためにも、まずは転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。登録は無料で、求職者は全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「壮行会」と「送別会」との違いとは?|歓送会とはどのようなものか?

人事異動の季節になると送別会、歓迎会、壮行会などの名称で宴会が行われます。異動や転職・退職などをする職場の上司や部下、同僚たちを新天地へ送り出す機会も多いかと思います。 それぞれにどのような違いがある …

「ご健勝」「ご多幸」の意味と違い|ビジネスでの使い方や例文で理解する

難しくて正しい意味を調べることのない「ご健勝」「ご多幸」という言葉は普段の会話で使うことはほとんどないでしょうか。 目上の方や仕事上の上司や取引先などへ、手紙やメールを送る場合、書き出しの前文や文章の …

「受取」「受領」の敬語とは?|ビジネスメールの書き方【例文あり】

ビジネスシーンでよく使われる「受取」や「受領」という言葉の動詞は「受け取る」や「受領する」になりますが、使用する相手や場面によって敬語表現が変わります。 「受け取りました」「頂戴いたしました」「受領い …

ファイリングとは何か?|コツを身につけて効率よく仕事しよう!

書類が机の上に山積みになっていて、必要なときにサッと取り出せず、不便を感じたことはありませんか。それは仕事の基礎であるファイリングをおろそかにしているため起きている問題です。 あとでファイリングしよう …

メール返信の「インライン」|ビジネスメールで気を配りたいマナーとは?

ビジネスでは、メールで問い合わせてメールで返信というやり取りがとても多いものです。仕事関係のメールで、「インラインにて回答します」と書いてあるものを見かけますが、どのような意味があるのかわかりますか。 …