仕事と技術

飲み会の断り方|誘いを断っても関係を損ねない都合の良い方法とは?

投稿日:2018年12月13日 更新日:

社会人となれば飲み会はもはや上司、同僚との親睦を深める恒例行事です。

会社の飲み会は好きですか、それとも嫌いですか。

お酒が飲めなくても、飲み会の雰囲気が好きな人もいれば、お酒は好きだけれど飲み会にはあまり参加したくないなど、飲み会に対する考え方は様々です。

飲み会があまり好きではない人は出来れば断りたいけど、断るのも勇気がいり、そのことで悩みます。

一方、我慢して参加しても、ストレスが溜まり、お金も減って参加したことに後悔することもあるでしょう。

どのように断ればお互い嫌な気分にならないか紹介します。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

会社の飲み会の位置づけとは?

飲み会にはあまり行きたくないと感じていても、上司や先輩から誘われるとやはり行かざるを得ないのが一般的です。

気が乗らず、断りたいときもあることでしょう。

また、効率を重視し、飲み会など非公式なイベントは無意味と考えて、頑なに飲み会に参加しない人がいます。

しかし、組織は違う価値観や立場の人たちの集団です。

飲み会に参加せずとも、他の方法で相互理解・信頼醸成に努めていなければ、職場で孤立してしまうかもしれません。

仕事で言葉の行間を汲み取ってもらえなかったり、困ったときに助けを求めづらく、苦労をすることが多いものです。

その意味でも、飲み会はコミュニケーションをとる機会として、とても重要です。

しかし、和を重んじる人が多く集まれば集まるほど、お互いに無理して飲み会を頻繁に開くことが起こります。

そのように考えると、無理をせず、ときには断ってもよいものなのです。

和を大事にしているという気持ちがしっかり伝われば、問題ありません。

確かに、誘った上司や同僚は断られるとがっかりしますが、逆に飲み会がなくなってホッとすることもあるのです。

体調や気分にも左右されますし、プライベートな付き合いなど、ほかの予定も大事にすべきですから深刻に考える必要はありません。

関係を損ねない飲み会の断り方

1.体調不良

差し障りのない定番の断り方です。誰でも体調の優れない日はありますから、誰も文句は言えません。

「どうも体調が優れなくて」とだけ伝えれば十分です。あまり具体的に話してしまうと、後々つじつまが合わなくなってしまう恐れがあるので注意しましょう。

上手く断れたからといって、その後に他で遊ぶのはさすがに控えましょう。

誰と鉢合わせするか分からないので、その日はおとなしく帰宅するのが無難です。

2.ドクターストップされている

かなり有効な方法です。酒を飲んではいけない人をしつこく誘う人はいません。

ウーロン茶を飲めばいいと言われたとしても、みんなが楽しそうに飲んでいるのに自分だけ楽しめないような酷なことを言わないでくださいと切り替えして終わりです。

一度公言してしまえば、それ以降気を使って誰も誘わなくなりますが、どこかでお酒を飲んでいる姿を見られないようにしなくてはなりません。

このことが嘘だとばれると信頼関係に影響が出ますので注意が必要です。

3.前もって予定を公言する

「月曜日は一週間の体力を温存しておくために早く帰る」「来週の金曜日は飲み会がある」などがあります。

先に予定を公言しておけば、その日に飲み会があって誘われても、断りやすくなります。

また「アルコールを控えている」と宣言しておいてもよいでしょう。

ちなみに、これら公言する予定は事実であっても、そうでなくてもどちらでも構いません。

たとえば、あまり会社の人に知られたくない合コンに出かける日などであれば、あらかじめ別の内容で公言しておけばよいのです。

経験豊富な上司や同僚なら、察してくれます。

4.顔出しをしておく

最初だけ少し顔を出しておくという方法があります。

「少し体調がよくないけど、初めの1時間だけ参加します」「友達と約束がありますが、30分程度であれば大丈夫です」といった答え方です。

前向きな返事で誘った上司や同僚は、思いやりの気持ちに感心するかもしれません。

場合によっては、「今日は無理しなくていいよ」「また次回飲もう」など、向こうから飲み会の参加をやめておくよう気を遣ってくれるかもしれません。

なお、最初だけ参加すると宣言したとしても、飲み会に参加して楽しかったり盛り上がったりでそのまま居続けても構いません。

「飲んでいたら元気になりました。もうちょっと飲みます」「友達との約束をずらしてもらえたので今日は大丈夫です」と伝えればよいでしょう。

上司や同僚は、すぐに帰る予定が長居できるようになってうれしく思うはずです。

5.次の飲み会はこちらから誘う

今回は断っても次回は自分から誘うという方法です。

「今日はちょっと予定があって出れませんが、再来週の金曜日はどうですか。都合つきますか」とその場で返します。

そして、断った翌日に「昨日の飲み会は盛り上がりましたか。

いい店を見つけたので、次回幹事やります」と次回のセッティングは自分が買って出るようにします。

このような対応をすれば、せっかく誘ってくれた上司や同僚とのコミュニケーションの絆は切れません。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

飲み会の断り方は慎重に行う

何度も飲み会を断り続けていると、そのうち誰からも誘われなくなります。

飲み会には行きたくないと思っていたけれど、誘われなくなると急に寂しくなってきます。

やはりお酒を飲みながら話すというのはコミュニケーションを深める上でも大切なことです。

そのようなことを気にしないと感じる人も多いですが、中には「あまり行きたくないけれど、行かないと仲良くなれない。

同期に出世で先越される」と焦りを感じる人も多くいます。

今の環境にいる人達と常に一線を置いておきたいという人は別ですが、たまには無理をして飲み会に行ったほうが今後につながることも少なくありません。

飲み会の断り方や断る回数は注意したほうがよいでしょう。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アウトソーシングの意味とは?|転職先として選ぶ際のポイントとは?

アウトソーシングは外部(アウト)からの調達(ソーシング)を意味します。 すべての業務を社内だけで完結している企業は存在しないでしょう。 アウトソーシングは、仕事を担う人やサービスを、契約によって外部か …

仕事ができない人の特徴とは?|できる人の行動ができるようになるには?

仕事のできる人にとっては、仕事のできない人に対して、なぜできないのかと疑問に思うことがあります。 話をしてみると分かるのですが、話さず仕事の様子を一目見るだけでも、「この人は仕事できそうもないな」と思 …

貴社と御社の使い分けとは?|間違えやすい言葉について理解を深めよう!

面接や履歴書、エントリーシート、御礼状など。就活において正しい敬語を使えることが当然のマナーです。 特に「貴社・御社」「弊社・当社」という言葉はビジネスシーンによって使い分けが必要で、社会人として最低 …

「行き違い」と「入れ違い」の意味|使い方の違いとは?

「行き違い」と「入れ違い」は何となく違いが分かるような気がしますが、意味も使い方もよく似ていて違いを説明することが難しいように感じます。 特に仕事のとき、どう使い分ければいいか困ってしまうことがありま …

出向の意味とは?|給与の扱いや転籍・配置転換との違いとは?

勤務先の会社で配属先が変更されることを「人事異動」といいますが、人事異動は「配置転換」、「出向」、「転籍」の3種類に分類されます。 「配置転換」「出向」「転籍」はそれぞれ内容が異なりますので、その法律 …