仕事と技術

出世する人の特徴|同僚に差をつけて厳しい競争を勝ち抜く方法とは?

投稿日:2017年7月26日 更新日:

出世したいと思っているけれど、なかなか出世することが出来ないという悩みを持つサラリーマンは多くいます。

また、入社したのはいいけれど、同期と差がつき、焦りを感じているという若手社員もいると思います。

しかし、バリバリ働きたい意気込みとは裏腹に、自分の頑張りや努力がなかなか認めてもらえないといった悲しいケースは少なくないようです。

出世は努力をしたからといって、必ず報われるわけではありません。

自分が頑張っているところを誰かが見てくれているはずと考えるのは甘いのです。

出世する人と出世しない人との差はどこにあるのでしょうか。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

出世する人の特徴

1.忍耐強く仕事や同僚に向き合える人

仕事を継続して行うためには、嫌なことには目をつぶって我慢をしなければなりません。

仕事の辛さ、人間関係、上司との軋轢、誰もがこのような問題に一度は悩んだことがあると思います。

しかし、出世する人はここで仕事を投げ出したりすることはしません。

忍耐強く仕事や同僚に向き合える人は、いつかその姿勢が報われます。

諦めずに長い期間をかけて働き続けることで、仕事に対する責任や経験を培うことができます。

同じ職務を忍耐強く続けていれば、経験値が上がり、経験のない者にはわからない知恵なども身につけ、第一人者として頼りになる存在になることができます。

忍耐強く仕事に取り組むことができる人は、ひとつの物事を極めることができる人でもあります。

自分の経験や知恵を会社の発展に活かすこともでき、それをきっかけに出世するということも決して珍しいことではありません。

嫌な仕事でも逃げずに取り組む忍耐力は、自らの出世の道をつくるための力になります。

2.周りの目を気にしない

出世する人は周りの目を気にしないで自分の仕事をします。

つまり、出世する人は他の人がやらないことを自分の仕事として結果を出します。

周囲の人があまり有益ではないと考えている仕事を会社にとって有益となる付加価値をつけて自分の仕事にすることです。

そうした周りの目を気にしないで自分のやるべき仕事をすることができる人は出世できます。

3.話を聞くのが上手な人

出世をするには上司からの推薦を得ることが大きな要因になってきます。

上司からの出世の推薦を得るにはその上司に気に入られることが大前提になりますし、嫌われた人間よりも好かれた人間の方が出世しやすいのは当然の流れです。

どのように上司に好かれるかというとまずは上司の話を上手に聞く事から始まります。

上司が仕事の話をしていれば、しっかりと聞いて、質問をするなり、仕事熱心であることをアピールすれば良いのです。

上司が多少間違ったことをいっていると感じていても、まずは聞き役に徹して話を全て聞き入れます。

そうすることで上司からの好感度は上がります。

このようなやり取りが慣れてくれば、上司の話が正しい・間違いの判別がつくようになり、その都度上手く対処できるようになります。

4.上司が手放さない存在になる

自分の考え方と似ていて、自分と同じようなスピードで仕事ができて、自分の代わりとなるような人を傍に置くようになります。

上司も自分と似ていると感じれば自然と好きになります。

人事は皮肉にも好き嫌いで左右されてしまう現実があります。

また、上司に好かれるためにはお誘いを断らないということが大事になってきます。

一緒に飲みに行けば、付き合いがいいと評価につながります。

これは仕事とは関係ない、公私混同ではないか、そこで評価されるのは間違っていると思う人もたくさんいますが、これもまた仕方ない事実です。

上司から馬が合うと思ってもらうためには付き合いも大切です。

5.話し方が上手である

出世をしてからならば高圧的な話し方をした方が、説得力が増す場面がありますが、出世をする前からそのような態度を取って話していては好感度は下がってしまいます。

話し方の綺麗な人の方が万人に好感がもてて、周囲からの印象も良くなるので出世への近道に繋がります。

上手に話せるかどうかは、実は話す前に決まっています。

話の上手な人は事前準備を怠らないという共通項があります。

話の切り返しが上手い人は、頭の回転が速いからだと思われているが、必ずしもそうとは限りません。

話す相手の特徴や現在の状況について、情報収集しています。

重要なのは簡潔に話すことと必ず順序立てて話をすることです。

回りくどい説明はあらゆる人に嫌われます。

説明が回りくどい人の80%程度は、説明が下手なのではなく、自分自身がそのことについてしっかり理解していないことが原因です。

まずは正確に理解することが、説明を簡潔にする第一歩といってよいでしょう。

6.ときには反論をして説得力を上げる

普段は上司のいうことに賛成ばかりしている人のほうが上司からの印象は上がりますが、それだけではただの都合の良い人間になってしまいます。

ときには説得力のある反論することによって、しっかりと自分の意見を持っているという印象を与えることも出世のためには必要になります。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

同僚に差をつけて出世する方法

1.上司と良好な人間関係を作る

多くの会社では人事考査や人事査定が行われます。

個々の社員の能力や実績などを評価するもので、これはキャリアアップに関係してきます。

会社や組織で出世するための必須条件は、上司との関係が良好で上司から高い評価を得ていることです。

その評価が高ければ高いほど、出世しやすくなるわけです。

そして、その考査を実際に行うのは、自分が属する部署の上司です。どんな組織でも、その中でキャリアアップしていくためには、直属の上司からの評価が高くなくてはなりません。

上司との関係が良好で上司から「優れたスキルをもっていて、マネジメント能力もあり会社にとって有用な人材」というような評価をしてもらえれば、出世する条件が整います。

一方、上司との関係が悪く、そのため良い評価をしてもらえない人には、出世のチャンスはなかなか訪れないと考えたほうがいいでしょう。

直属の上司は、一番近くから部下の仕事ぶりを見ているわけですから、その人から高い評価をしてもらえないような人がキャリアアップできるはずがありません。

2.社内外の人脈を作る

社内外の人脈のあるなしも、出世に大きな影響を及ぼします。

「役員と個人的な関係がある」というような、「コネ」ばかりではありません。

たとえば、社内プロジェクトを通じて、違う部署の上層部の人から良い評価を得たとしましょう。

他部署の上層部の人に評価されれば、それは社内における強い人脈になるわけです。

また、社外の人脈についても、たとえば、会社にとって大切な取引先の幹部に人脈があると、出世のスピードは速くなると考えていいでしょう。

これも、もともと何らかの人間関係があったというケースだけではなく、仕事を通じて自分の力で人脈を作ることはできます。

人脈づくりの上手な人ほど、出世できるということなのです。

3.貪欲に仕事をする

基本的に貪欲な人は、その高い執着力から周りに影響を与えます。

本人は自分自身の執着を当然のことと考えています。

しかし、それに対して興味がない人からすると、その情熱の注ぎ方は異様にも見えるかもしれません。

また、それに興味があるにしても、貪欲な人よりも浅い興味の人にとっても、「ここまで追求するのか。すごい」と、刺激を受けます。

つまり、貪欲な人は、その分野において、他の人たちを引っ張っていくリーダーとなっていくのです。

たとえば、やる気がものすごい人がチームに一人でもいるかいないかで仕事の効率に大きな差が出てきます。

こうした仕事に対する貪欲さがあれば、当然仕事のスキルは上がりますし、より重要な仕事、より難しい仕事を任されるようになります。

仕事に貪欲に取り組み、高い目標をクリアすることができるような人を会社や組織がキャリアアップさせないわけはありません。

また、その貪欲さは、仕事のスキルアップだけでなく、キャリアアップにも向けられます。

4.自己管理や健康管理に気を付ける

出世するには健康な心と体も大事です。

そのためには日ごろの自己管理や健康管理をしっかりできなくてはいけません。

出世する人は自己管理・健康管理がしっかりできるので常に健康な心と体を保つ事ができるのです。

たとえば、飲み会の席でも一次会で帰るようにしたり、毎日早寝早起きをしてみたり、健康にも気を遣うようにすることも大切です。

継続して続けるのが難しいので続けることができれば自己管理ができる人ということになります。

このように自己管理や健康管理ができる人は周りの人からも認められることで出世するのです。

出世する人の特徴をおさえておく

出世に対する考え方はいろいろあります。

「地位を得たい」、「給料をアップさせたい」「責任ある仕事をしたい」などの出世したいモチベーションは多種多様ですが、出世するまでの道のりは基本的にだいたい同じだといってもいいでしょう。

キーパーソンは上司です。

今の仕事を一生懸命やるのはもちろんですが、それに加えて上司の希望する人材になれば自然と引き上げてくれるでしょう。

それを理解するためには上司とのコミュニケーションが必要不可欠です。

このことから「嫌な上司のせいで仕事辞めたい」「上司がうざいから話したくない」という人が出世できないのは当然のことです。

辛くても出世という希望があれば、今は歯を食いしばって、人事ローテーションなどで上司が変わるまで耐えてみるのも1つの方法といえるでしょう。

新たな上司が出世の手助けをしてくれるかもしれません。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「取り急ぎ」の意味と使い方|ビジネスにおける使用上の注意点とは?

ビジネスにおいて、同僚や上司への連絡メール等の中で「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「取り急ぎ」と言う言葉の意味や用法について、正確に理解している自信はあるでしょうか。 言葉の意 …

「ご無沙汰しております」の意味と使い方|「お久しぶりです」との違い

ビジネスだけに限らず、日常生活においても最初の挨拶というのは大変重要です 。 目上の人や取引先、お客様に対して、しばらくぶりに会ったり連絡を取ったりする場合、 冒頭の挨拶によく使われる言葉が「ご無沙汰 …

会社に行きたくないときの解決方法とは?|まずは気持ちの立て直しから

誰でも一度は、「明日、会社に行きたくない」「もう会社を辞めたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。 そして、「会社に行きたくない」と思った自分を責めてしまい、どうしたらいいのか悩んでしまう人も少 …

「ご健勝」「ご多幸」の意味と違い|ビジネスでの使い方や例文で理解する

難しくて正しい意味を調べることのない「ご健勝」「ご多幸」という言葉は普段の会話で使うことはほとんどないでしょうか。 目上の方や仕事上の上司や取引先などへ、手紙やメールを送る場合、書き出しの前文や文章の …

「ご足労」の意味と使い方|ビジネスシーンではどう使うべきか?

ビジネスシーンでも、打ち合わせで会社にやってきた取引先の人などを労うときなどに「ご足労」という表現を使うことがあります。 この「ご足労」の意味を理解していますか。 目上の人へのビジネスメールに使っても …