仕事と技術

潰れる会社の特徴|危なくなった会社はどんな状況を経て消滅するのか?

投稿日:2017年11月20日 更新日:

日本では毎年1万~1万5千社の会社が倒産しているといわれています。

自分が勤務している会社が経営不振で潰れてしまったりしては、たまったものではありません。

自分の会社が潰れるということを考えたことはありますか。

簡単に会社が潰れるわけないだろうと思っているかもしれませんが、大手企業でもリストラが横行し、倒産してしまう時代です。

末端の社員には会社が潰れることが分かるのは潰れた時ということもあるくらいです。

それくらいあっけなく会社は潰れてしまうものなのです。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

倒産する予兆

社内をよく観察するとその予兆はあります。

今、勤めている会社で、このようなことが起きていたら、ちょっと危ないかもしれません。

チェックしてみてください。

1.社内の雰囲気が暗くなった

通常、会社の業績が良いときは社員の雰囲気も明るく、社内全体にやる気がみなぎっています。

逆に、業績の低迷が続いていると、社員の士気も下がり、会社全体に暗い雰囲気が漂うものです。

会社の「雰囲気」が、業績の鏡といえます。

業績が絶好調の会社で暗い会社はありません。

社内の雰囲気が沈滞しているということは、組織が病んでいるということです。

業績が悪化してくると事実が広がらないように上層部からかん口令が敷かれ、次第に職場全体の風通しが悪くなり、雰囲気の暗い職場になるのです。

2.経営者がストレスフルな状態で今までとは様子が違う

会社倒産の状況に追い込まれて平気な精神状態でいられる人はそうはいないと思います。

特に従業員を抱えて「企業」として経営をしている人ほどストレスは強く溜まります。

中小企業の場合、業績の良し悪しがストレートに経営者の顔色に出ます。

業績が悪化し、資金繰りが厳しくなると、経営者自ら金策に走ることになります。

当然ストレスが溜まり、イライラするようになります。

経営者が昼間どこにいるのか誰も分からない。

社長の様子が今までと異なるシグナルが出たら要注意です。

3.徹底した経費削減が開始される

業績が悪化すると新規事業や新規の設備投資が凍結になります。

さらに業績が悪化してくると、徹底した経費削減命令が下されます。

残業禁止、出張禁止、コピー禁止、ボールペンなどの事務用品の新規発注も停止されます。

この状態になると業績悪化は深刻です。

4.経営幹部の退職が多くなった

会社の財務内容を知り尽くしている経理部長や、業績を知り尽くしている営業部長などの幹部が相次いで退職しはじめると、お先真っ暗という状況になっている可能性が高いです。

また、これらの経営幹部が希望退職の募集を待たずに転職することがあります。

これは割増退職金も出ないほど、業績が悪化している懸念があります。

経営幹部は誰よりも会社の実態を知っているので、経営幹部の転職は非常に危険なシグナルとなります。

5.エース級社員の退職

引く手あまたのエース級の社員の退職も危険信号です。

優秀な人材は先々を見ながら行動しているので、動きが早いです。

彼らはちょっとしたことから、経営不振の前兆を見て取ります。

リストラに先立ち若手社員の配置転換が始まると、臭覚の鋭い優秀な人材は、他社への転職を検討しはじめます。

リストラ(希望退職の募集)を始めると優秀な人材が真っ先に応募するといわれていますが、優秀な人材は、先々を見据えて準備をしているからです。

優秀な社員の行動を、業績悪化のシグナルとして注視するとよいでしょう。

6.昇給停止・給料遅配が行われる

給料が全額支払われなくなるなど、給料の遅配がはじまったら、倒産まで秒読み段階です。

運転資金も底をつき、銀行からの借り入れも困難になっているので、早々に倒産する可能性が高いです。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

正社員のリストラが始まったら脱出準備をする

正社員のリストラに着手したら、かなり業績が悪化し、回復の見込みも期待できなくなっていると判断せざるを得ません。

日本では正社員の解雇に関する法規制が厳しく、多くの会社では解雇や従業員に辞めてくれるよう説得する退職勧奨をできるだけ避けようとします。

しかし、正社員のリストラまで踏み込んできたら、会社も相当の覚悟を決めているといえます。

社内で退職勧奨が始まったという情報が広まった段階で、自分はこの会社に残るか、去るかをとりあえず決めたほうがよいでしょう。

心の準備がなく退職勧奨を受けると相当動揺します。

退職勧奨を受ける前に判断することをオススメします。

これは賭けになりますが、会社を去らずに残ることも選択肢の1つです。

退職勧奨で人員削減がスムーズに進み、業績が急回復することもあります。

自身が活躍できるフィールドが今以上に広がる可能性もあります。

会社が潰れる前に

これらの潰れる会社の特徴に多く当てはまる会社に勤めている場合は、なるべく早めに転職活動を始めることをオススメします。

もたついているとそのうち給料がカットされて、リストラが始まって、いつの間にか会社が潰れることもありえます。

何も知らされてなくて、突然会社が潰れる話はよくあります。

エージェント方式の転職サービスであれば、こういった相談の段階から受け付けているので、今の会社は大丈夫かなと思っているのであれば、転職エージェントサービスを使ってみるのもよいかもしれません。

転職エージェントはこちらをご覧ください。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「恐縮」の意味と使い方|ビジネスにおける使用上の注意点とは?

「恐縮」という言葉は、ビジネスメールの中や目上の人との会話の中でもよく出てくる言葉の一つです。 「恐縮」の意味や使い方を紹介します。 何気なく使用される単語ですが、使い慣れている人が多い分、意味や用法 …

営業のコツとは?|成功率を高める方法を身につけて契約を勝ち取る!

営業はその場しのぎの天性のセンスでやるものではありません。 営業マンは自分を売り込めとよくいわれますが、自己主張と自己PRは別物です。 また、営業は気合いで営業は断られてからが勝負といっても営業は気合 …

証憑書類とは?|代表的な証憑書類と保存期間・整理保存する必要性とは?

企業間の取引では、請求書や領収書などの証憑(しょうひょう)書類が発行されるのが一般的です。 証憑書類にはどのようなものがあるか、きちんと覚える必要はありませんが、事業上の取引があったことを証明する書類 …

仕事でよく怒られるのはなぜ?|怒られる人の特徴とその対処法とは?

仕事をしていると、どんなに気を付けていても、上司や取引先の人に怒られることがあります。 会社員時代、怒られることが多かったです。 その原因は様々でした。当時は新入社員ということもあり、至らない点が多か …

アウトソーシングと派遣の違いとは?|将来を見据えた働き方を考えよう!

企業は社員がそれぞれの仕事(業務)を担うことで成り立っていますが、すべての業務を自社の社員が行っているわけではりません。 企業自身には「いかに本業に専念し、ビジネスを拡大確実なものにしていくか」が問わ …