仕事と技術

潰れる会社の特徴|危なくなった会社はどんな状況を経て消滅するのか?

投稿日:2017年11月20日 更新日:

日本では毎年1万~1万5千社の会社が倒産しているといわれています。自分が勤務している会社が経営不振で潰れてしまったりしては、たまったものではありません。自分の会社が潰れるということを考えたことはありますか。

簡単に会社が潰れるわけないだろうと思っているかもしれませんが、大手企業でもリストラが横行し、倒産してしまう時代です。末端の社員には会社が潰れることが分かるのは潰れた時ということもあるくらいです。

それくらいあっけなく会社は潰れてしまうものなのです。

倒産する予兆

社内をよく観察するとその予兆はあります。今、勤めている会社で、このようなことが起きていたら、ちょっと危ないかもしれません。チェックしてみてください。

1.社内の雰囲気が暗くなった

通常、会社の業績が良いときは社員の雰囲気も明るく、社内全体にやる気がみなぎっています。逆に、業績の低迷が続いていると、社員の士気も下がり、会社全体に暗い雰囲気が漂うものです。会社の「雰囲気」が、業績の鏡といえます。

業績が絶好調の会社で暗い会社はありません。社内の雰囲気が沈滞しているということは、組織が病んでいるということです。業績が悪化してくると事実が広がらないように上層部からかん口令が敷かれ、次第に職場全体の風通しが悪くなり、雰囲気の暗い職場になるのです。

2.経営者がストレスフルな状態で今までとは様子が違う

会社倒産の状況に追い込まれて平気な精神状態でいられる人はそうはいないと思います。特に従業員を抱えて「企業」として経営をしている人ほどストレスは強く溜まります。中小企業の場合、業績の良し悪しがストレートに経営者の顔色に出ます。

業績が悪化し、資金繰りが厳しくなると、経営者自ら金策に走ることになります。当然ストレスが溜まり、イライラするようになります。経営者が昼間どこにいるのか誰も分からない。社長の様子が今までと異なるシグナルが出たら要注意です。

3.徹底した経費削減が開始される

業績が悪化すると新規事業や新規の設備投資が凍結になります。さらに業績が悪化してくると、徹底した経費削減命令が下されます。残業禁止、出張禁止、コピー禁止、ボールペンなどの事務用品の新規発注も停止されます。この状態になると業績悪化は深刻です。

4.経営幹部の退職が多くなった

会社の財務内容を知り尽くしている経理部長や、業績を知り尽くしている営業部長などの幹部が相次いで退職しはじめると、お先真っ暗という状況になっている可能性が高いです。また、これらの経営幹部が希望退職の募集を待たずに転職することがあります。

これは割増退職金も出ないほど、業績が悪化している懸念があります。経営幹部は誰よりも会社の実態を知っているので、経営幹部の転職は非常に危険なシグナルとなります。

5.エース級社員の退職

引く手あまたのエース級の社員の退職も危険信号です。優秀な人材は先々を見ながら行動しているので、動きが早いです。彼らはちょっとしたことから、経営不振の前兆を見て取ります。リストラに先立ち若手社員の配置転換が始まると、臭覚の鋭い優秀な人材は、他社への転職を検討しはじめます。

リストラ(希望退職の募集)を始めると優秀な人材が真っ先に応募するといわれていますが、優秀な人材は、先々を見据えて準備をしているからです。優秀な社員の行動を、業績悪化のシグナルとして注視するとよいでしょう。

6.昇給停止・給料遅配が行われる

給料が全額支払われなくなるなど、給料の遅配がはじまったら、倒産まで秒読み段階です。運転資金も底をつき、銀行からの借り入れも困難になっているので、早々に倒産する可能性が高いです。

正社員のリストラが始まったら脱出準備をする

正社員のリストラに着手したら、かなり業績が悪化し、回復の見込みも期待できなくなっていると判断せざるを得ません。日本では正社員の解雇に関する法規制が厳しく、多くの会社では解雇や従業員に辞めてくれるよう説得する退職勧奨をできるだけ避けようとします。

しかし、正社員のリストラまで踏み込んできたら、会社も相当の覚悟を決めているといえます。社内で退職勧奨が始まったという情報が広まった段階で、自分はこの会社に残るか、去るかをとりあえず決めたほうがよいでしょう。心の準備がなく退職勧奨を受けると相当動揺します。

退職勧奨を受ける前に判断することをオススメします。これは賭けになりますが、会社を去らずに残ることも選択肢の1つです。退職勧奨で人員削減がスムーズに進み、業績が急回復することもあります。自身が活躍できるフィールドが今以上に広がる可能性もあります。

会社が潰れる前に

これらの潰れる会社の特徴に多く当てはまる会社に勤めている場合は、なるべく早めに転職活動を始めることをオススメします。もたついているとそのうち給料がカットされて、リストラが始まって、いつの間にか会社が潰れることもありえます。

何も知らされてなくて、突然会社が潰れる話はよくあります。エージェント方式の転職サービスであれば、こういった相談の段階から受け付けているので、今の会社は大丈夫かなと思っているのであれば、転職エージェントサービスを使ってみるのもよいかもしれません。

就職のプロがあなたの不安を解消!

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

返信用封筒の返信のしかた|封筒に書かれた宛先の書き換えのマナーとは?

返信用封筒や返信用ハガキが入っていたとき、宛名に「行」「宛」が添えてある場合がほとんどです。これを送り返すとき、「行」「宛」を書き換えるということは知っていても、どのように修正すればよいか分らなくなっ …

「寸志」と「志」の意味|書き方・渡し方のマナーや金額の目安は?

お金や品物を贈る際の表書きに「寸志」や「志」という文字が使われているのを見たことはありませんか。似たような言葉ですが、「寸志」と「志」にはどのような違いがあるのでしょうか。 馴染みのない言葉のため、そ …

「参事」とは役職名なのか?|会社内ではどのような立場の人なのか?

部長・課長といった一般的な役職ではないものも増えてきており、相手がどんな立場でどんな責任を持っているのかが掴みにくくなってきています。中でも参与や参事を良く聞きますが具体的にはどのような役職なのでしょ …

算定基礎届とは何か?|算定基礎届の算定時期に残業すると損するのか?

企業の人事・総務担当者にとっては新入社員を迎え入れる為の様々な業務に追われ、ようやく落ち着いた頃に今度は、社会保険の手続きの中でも最も複雑で面倒な算定基礎届の作成です。 担当者の中でも苦手な方が多いの …

窓際族はおいしいポジションなのか?|最終的に行き着くところは?

出世コースから外れて閑職についた中高年サラリーマンはよく「窓際族」といわれています。窓際族のイメージは年齢を重ねたベテランの社員で会社の隅の方へ追いやられている人だと思います。 まともに業務も持たず、 …