仕事と技術

窓際族はおいしいポジションなのか?|最終的に行き着くところは?

投稿日:2017年11月22日 更新日:

出世コースから外れて閑職についた中高年サラリーマンはよく「窓際族」といわれています。窓際族のイメージは年齢を重ねたベテランの社員で会社の隅の方へ追いやられている人だと思います。

まともに業務も持たず、与えられず、ただ何となく一日を会社の隅で過ごして、時間が来れば退社するイメージを持っている人が多いと思います。もともとはネガティブな意味合いで使われていたが、「働いたら負け」の若者たちにとってはあまりにも理想的なポジションに見えるらしいのです。

しかし、将来的に訪れる悲劇的な運命をたどる窓際族は決して良いものではありません。

日本生まれの「窓際族」

海外では窓際族はほとんど存在しません。日本において窓際族が生まれたのは、年功序列・終身雇用という日本の独特の雇用システムにより窓際族が誕生しました。

仕事の適性や会社への順応具合など、勤務年数に応じて期待される最低ラインにそのパフォーマンスが届かない場合、仕事を任せられない人と評価されてしまいます。そのように回りから評価されると次第に仕事が回ってこなくなり、仕事がない状態となります。

しかし、日本企業の特徴である年功序列により、給料は上がり、また、終身雇用が前提となっているため、会社側はよほどの事情がなければ解雇することもできません。強引に解雇するとトラブルが生じる可能性もあります。

そのため、会社に所属させたまま、周囲に悪影響を与えないようにするような配置が考案されます。社内待機をすることが仕事となったものが窓際族の走りです。

海外企業であれば、パフォーマンスの低い人はすぐにリストラして終わりですが、簡単に辞めさせることのできない当時のジレンマが生み出したものが窓際族であるといえます。

「窓際族」の特徴

1.年数に応じたスキルが大きく不足している人

仕事は勤務年数を重ねる中で要領を得て、スキルを高めて多くの仕事、質の高い仕事ができるようになるものですが、期待されるスキルのレベルから大きく外れて低い人は窓際族になる可能性があります。

窓際族といわれる人たちは会社にとって、重要度の低い社員といえます。窓際族になるにはさまざまな過程がありますが、その代表的な1つが人事異動です。ある程度の規模の会社になると窓際族が誕生し、居続けているケースが多くなります。

経験値不足が窓際族の特徴となるのは人事異動によるものが大きいというのは、左遷人事や退職勧告ともいえる人事を時として会社は行うことが要因となります。つまり、全く経験のない部署や本人が苦手とするような部署に異動させるということです。

窓際族は「仕事を分かっていない」「ここでの仕事の経験がない」などといった印象を周囲から持たれることになります。

2.会社に残ることに執着する人

どれだけ怒られたり、注意をされても、どんな人事異動を言い渡されても普段通りに仕事を続けていける人がいます。閑職に追いやられたとしても、それでも毎日会社に来ることによって給料がもらえるのだから良しと考えるタイプの人です。

会社に残るための正当性を主張するために、出勤時間にきちんと出社し、定時まではしっかり会社に残る傾向があります。転職という行動や新しい場所というリスクを嫌っている、またはその過程が面倒で動いていないだけの場合が非常に多くあります。

社内に残ることで給与や社会的な立場を残そうと執着した考えを持っている人が多い傾向にあります。雇用関係維持のみが目的化の無能・無気力であるため、窓際族として残る道を選択するしかない場合が多くなります。

3.労働意欲のない人

何かの仕事に取り組み始めてすぐ投げ出す人、仕事を始める前から無理に決まってるなどの態度をとるような労働意欲に乏しく仕事をしたがらない人、仕事を与えられてもできない理由を並べてなかなか終わらせようとしない人、誰かにすぐに頼る人は周囲からの信用を失い、仕事も回ってこなくなります。

また、能力があるにも関わらず、期待水準よりも低い仕事を続けて行う人も仕事を安心して任せられず、閑職となることがあります。

4.トラブルを起こした人

社内での問題行動や不祥事などのトラブルを起こしたことがあり、会社を解雇にはならなかったものの勤務態度やコミュニケーションに改善が見られない場合には、周囲からの信用を失って窓際族に追いやられていく可能性があります。

たとえ能力があったとしても、一緒に仕事をすることを周囲も嫌がり、扱いにくいためです。

窓際族扱いの兆候

窓際族になる場合、いくつかの兆候があります。解雇の可能性も含めて危ないと思っておくほうが良いでしょう。

1.仕事が急に減ることや仕事の内容が変わる

代表的な兆候としては仕事が急に減るようになります。また、仕事を求めても、単純な仕事を任されるようになることもあります。周囲は忙しく働いているのに、自分ひとりだけが浮いたような状態になっていたら窓際族になる可能性が高いです。

2.追い出し部屋へ配置される

「追い出し部屋」というのは、「窓際族対策」の部署のことで、仕事もほとんどなく、他の社員との接触もほとんどない隔絶した環境のことをいいます。

もちろん「追い出し部屋」というそのままの名称ではなく、「キャリア開発室」、「能力開発センター」、「~部」など企業によって別の名称で表現されますが、本質的に中身は同じです。

大幅な減給などが行われたり、部屋の環境も劣悪な場合もあり、会社に残る気力を失わせることを目的にした環境が与えられたら注意です。もちろん最終目的は会社にとって不要な社員を自主退職に追い込むために設置された部署であることに変わりありません。

3.左遷扱いの転勤・出向

通常、転勤や出向というのは人員不足していて強化が必要なところに人員を配置しますが、明らかにそうではない環境への転勤や出向の辞令が出た場合には窓際族扱いの可能性が高いです。行った先にも仕事があるとは限らず、給与などの待遇面でも悪くなる場合もあります。

特に未経験の仕事などが任された場合には覚悟が必要です。

4.達成不可能なノルマを課せられる

新規の部署が立ちあげられ、その部署に配属され、そこで到底無理だと考えられるノルマを課せられた場合も要注意です。目標未達を理由に解雇される可能性があります。

5.退職を勧められる

人事から早期退職制度の案内を受けたり、上司などからキャリア形成などのもっともらしい理由をもって転職を勧められるような場合も、窓際に追いやられていると考えた方が良いでしょう。

窓際族は減少傾向でいつまでもその立場は維持できない

窓際族の働かなくても会社に残れるというその不思議な立場に憧れる人もいますが、窓際族は不労所得を恒久的に得られる安定した立場ではありません。最終的に解雇される可能性もあります。

このような窓際族に対してトラブルなく対処する研究なども進められており、終身雇用や年功序列のシステムも崩壊している現在では窓際族は減少傾向にあります。きたるべき時に備え、自由な時間に転職準備として知識やスキルをしっかりと身に着けておくことが大切です。

窓際族はローパフォマーと評価された人です。その烙印を押されてしまうと心身ともに辛い立場に立たされます。兆候があれば自分の働き方を振り返り、評価が変わるように努力して、窓際族になることを回避することが大切になります。

転職のプロがあなたの不安を解消!

自分の働き方について疑問や悩みを抱えている人は、一人で抱え込まず転職に関するプロに相談することをオススメします。もちろん転職するか決めていなくても、お気軽に問い合わせすることができます。

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「ご無沙汰しております」の意味と使い方|「お久しぶりです」との違い

ビジネスだけに限らず、日常生活においても最初の挨拶というのは大変重要です 。目上の人や取引先、お客様に対して、しばらくぶりに会ったり連絡を取ったりする場合、 冒頭の挨拶によく使われる言葉が「ご無沙汰し …

会社の役職の役割とは?|ビジネスマン必見!取引先の役職の序列を把握

社会人になり、社外の人と仕事をするようになると戸惑ってしまうのが相手の「役職」です。聞いただけでは意味がわからない役職もあれば、似たような肩書の人が同じ会社の中にたくさんいることもある。 「この人はど …

「御社・貴社」「弊社・当社」の意味|違いや使い方をマスターしよう!

面接や履歴書、エントリーシート、御礼状など。就活において正しい敬語を使えることが当然のマナーです。特に「御社・貴社」「弊社・当社」という言葉はビジネスシーンによって使い分けが必要で、社会人として最低限 …

パートで扶養範囲内で働く主婦はトクなのか?|共働きとの比較ではどう?

女性の社会進出が進んでいますが、共働きと専業主婦の比較について見聞きすることも多くあります。子育てしていると「共働きと専業主婦ではどちらがよいのだろうか」と考えてしまうことはありませんか。 子どもが生 …

「CEO」の意味とは?|「社長」との違いや会社組織における役割とは?

日本でもCEO(最高経営責任者)という単語をよく聞くようになりました。一般的には会社経営においての最高責任者という意味合いがありますが、これは日本の「社長」と同じ位置付けと認識してよいのでしょうか。 …