フリーランス

減価償却費の計算方法|正しく理解して納税や節税の為に役立てよう!

投稿日:2017年4月8日 更新日:

☞ 日々の経理の効率化から確定申告までを一括に行う確定申告ソフトfreee とは?

固定資産の償却方法

青色申告の場合、固定資産を減価償却する際に、毎年どのような割合で経費にしていくかは主に4つの方法から選ぶことができます。

1.定額法

定額法は資産の購入金額を定められた耐用年数にしたがって、毎年一定額を償却費とします。毎年一定額を償却費とします。毎年の償却費は基本的に同額となります。所得税法では定額法が原則です。

平成10年4月以降に取得した建物、平成28年4月以降に取得した建物、附属設備及び構築物については定額法のみとなります。

2.定率法

定率法は残高に一定率をかけて償却費を計算する方法で、年数が経過するにしたがって償却費が減っていきます。ただし、事前に税務署への届出が必要になります。

3.一括償却

一括償却は厳密には減価償却ではありません。20万円未満の資産を一括償却資産として扱い、購入金額を簡便的に3年で3分の1ずつ必要経費にする方法です。ただし、途中で固定資産を捨てたり売ったりした場合でも、必ず3年で経費計上することになります。

定額法や定率法であれば、固定資産を捨てたり売ったりした時点でまだ経費化していない部分を経費とすることができるので、その違いには注意が必要になります。

4.即時償却

30万円未満の固定資産を一度に経費計上できる青色申告だけの特例もあります。この特例の即時償却にするか、他の3種類の方法にするかは自由に選ぶことができます。

○減価償却の方法

償却方法 説明
定額法 購入金額÷法定耐用年数=毎年の減価償却費となります。
定率法※ 初めの年に償却費を多く計上できます。税務署に定率法の届け出をしている場合に用いることができます。
一括償却 20万円未満の資産を3年間で3分の1ずつ必要経費に計上できます。
即時償却 青色申告では、30万円未満の資産を全額経費にできます。

※平成28年度税制改正により、平成28年4月1日以降に取得する建物附属設備および子構築物の償却方法については定率法が廃止になり、定額法のみが認められることになりました。

○減価償却のしくみ

耐用年数4年のパソコンの減価償却は下表のようになります。

12万円のパソコン(耐用年数4年)を購入した場合

償却方法 1年目 2年目 3年目 4年目
定額法 30,000円 ※1 30,000円 30,000円 29,999円
定率法 60,000円 ※2 30,000円 15,000円 14,999円
一括償却 40,000円 40,000円 40,000円
即時償却 120,000円

※1:ここでは便宜上、1年目の1月に購入したものとしています。1年目の償却期間は月割りになりますので、たとえば10月に購入した場合は3か月分として7,500円となります。

※2:定率法は計算が複雑であるため、税理士や税務署などの専門家に確認するとよいでしょう。

全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要になります。

書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。

そこでオススメしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという人でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。

また、アプリを使うとスマホからでもかんたんに確定申告に向けた作業が可能です。

確定申告ソフトfreeeを使うとどれくらいおトクになるのか?

税理士などに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要になります。

確定申告ソフトfreeeはプランによって費用は異なりますが、税理士などに依頼するよりも割安になります。

ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。

余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

無料で始める ☞ 確定申告ソフトfreee

-フリーランス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

起業アイディアを生み出すコツ|どのように発想していけばよいか?

「いつかは起業したい」と野望は抱えている人も具体的に何をすればいいのかが分からなくて、ただただ時が過ぎる日々を送っているのではないでしょうか。 起業にはさまざまな形があり、インターネットの普及によりビ …

住民税の特別徴収の給与天引はいつから?|退職や転職した場合は?

当年収入額をベースに決められた住民税は、所得税等と異なり前年に収入があった場合には必ず定められた納税金額を納税しなければならない税金です。 会社勤めのように給与をもらっている場合、住民税は原則として給 …

自由業とは? フリーランス・自営業の違いとは何か?

自由業という言葉を聞くことがあります。 「自由」と言葉が付いているのでサラリーマンからすると気になる職業でもありますが、実態は謎です。 自由業とは何か。自営業との違いは何か。また、フリーランスとの違い …

個人事業主の屋号とは?|屋号のつけ方や申請方法について解説!

確定申告書の中に「屋号」を記入する欄があります。 個人事業を始める際の名前の屋号とは基本的にはいつでも自由につけられますが、注意しなければならないポイントもあります。 具体的な書き方がわからない人もい …

オンラインサロンを上手く活用する方法|高収益を維持する考え方とは?

オンラインサロンを聞いたことがありますか。 著名人、作家、ブロガー、タレントなどその道のプロが主宰し、そのコミュニティ内だけでしか得られない有益な情報を発信したり、オフ会を開いて主宰者とメンバー同士で …