仕事と技術

「表題」と「標題」の違いや使い方|ビジネスメールでの使い分けとは?

投稿日:2018年4月5日 更新日:

メール

ビジネスメールで「表題の件」という文言を見たことはありませんか。

「標題の件」と共にメールのタイトルを指す言葉でビジネスメールなど固い内容の文面でよく使われます。

たとえば、「表題(標題)の件について」のようにメールのタイトルに書かれた内容を繰り返さなくてよいため、使い勝手はよいのですが、それぞれ微妙にニュアンスが異なるので注意が必要です。

顔を合わせて話さないので、小さなニュアンスや誤解やすれ違いも生じることが多くなってきます。

相手に伝わりやすく失礼のないメールを送ることが大切です。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

表題の意味とは?

表題の意味は書物や文章の表紙に書かれた題のことを指します。

ビジネスメールにおいては件名の部分を指します。

「表題の件」は「メールの件名の内容について」と言い換えることが出来ます。

表題の件という言葉は主に大見出しのような件名が付けられている時に使われるものです。

大見出しのような件名というのは、いわゆる小説のタイトルのようなものです。

小説にはタイトルと各章の見出しがあります。

つまり、表題の件という言葉は小説のタイトルの方に用いられるような言葉といえます。

「表題の件」と省略することを好ましく思わない人もいる

「表題の件」ではなく、その内容を本文に書いて欲しいという人もいます。

たとえば、1日に大勢の人と何通もメールのやり取りをする人です。

「表題の件」と書かれたメールは件名をわざわざ確認しなくてはならないため、確認の操作を何回もすることがストレスとなります。

「表題の件」と略さず、表題の内容を書いた方がよいもあるので使用する際は注意が必要です。

標題の意味とは?

文書や講演などの(草稿,綴じられていない用紙の)見出しのことで、小さなまとまりのタイトルで、各章の見出しといった意味を持ちます。

表題と同じく、メールでは件名の部分を指します。

使い方としては上記の表題と同じ書き方で使用します。

「表題」と「標題」の使い分けとは?

使い方は「表題」と「標題」はどちらも同じであるため、どのような基準で使い分けを行えばよいかを考えた場合、以下のように考えるとよいかもしれません。

表題 ひとつの文書全体につけられるタイトル
標題 文書を構成する各章ごとのタイトル

ビジネスで「表題」に該当するような内容は大きなプロジェクトの連絡であったり、その件名に記載されている事項が重要な内容であることが該当します。

一方、「標題」に該当するような内容は大きなプロジェクトの中の何かの連絡であったり、その件名に記載されている事項があまり重要でない内容であることが該当します。

メールのやり取りが多い場合は「表題」と「標題」の使い分けをするとスムーズに進めることができますが、逆にメールのやり取りが少ない場合は無理に使い分けをせずに一般的には「表題」を使っていることが多いので「表題」に統一するとよいでしょう。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

転職

「表題の件」と「標題の件」の2つに大きな違いはない

「表題の件」と「標題の件」という言葉の使い分けはニュアンス的なところによるものが大きいです。

辞書においても「表題」と「標題」のどちらをつかっても同じ意味であるように記載されていますので、どちらを使っても大きな問題はないといえます。

使い分けると評価にも繋がる

ニュアンス的には「表題の件」と「標題の件」とは違う言葉なので、そのニュアンスの違いを知っているのであれば、使い分けるようにした方が良いでしょう。

同じように言葉のニュアンスの違いを知っている人がそのメールを見たら、評価してもらえることもあります。

読む側の立場になって考えることが一番大事

「表題の件」とはビジネスメールにおいてよく使われるようになってきましたが、人によっては理解しづらい言葉でもあるようです。

指示語を多く使うと読み手側からすると何を指しているのか分からなくなってしまいます。

メールの本文で「表題の件」と使うときには何度も使わないように気を付けましょう。

「表題の件」だけでは分かりにくい場合は具体的に要件を書くように心がけましょう。

直接会って話したり、電話で話したりするよりもメールの文章で相手に伝わるように書くのは難しいことなのです。

メールを読む相手の立場になって読み返すなどしてからメールを送るようにしましょう。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-仕事と技術
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

名刺の英語表記の作り方|よく使われる役職名や部署名などの英語表記は?

最近、名刺の裏面に英語表記をする人が増えています。 外国人と名刺交換をしたり、海外で名刺を渡したりする場合は英語表記の名刺を交換するのが一般的です。 英語表記の名刺を作成しようとすると「どの表現を使う …

仕事に使えるパレートの法則とは?|魔法の法則で人生の成功をつかもう!

無駄な努力をせず、最小限の努力で最大限の効果を上げるにはどうすればよいか考えたことはありませんか。 「利益の80%は顧客の20%がもたらす」「仕事の成果の80%は費やした時間の20%から生まれる」など …

「行き違い」と「入れ違い」の意味|使い方の違いとは?

「行き違い」と「入れ違い」は何となく違いが分かるような気がしますが、意味も使い方もよく似ていて違いを説明することが難しいように感じます。 特に仕事のとき、どう使い分ければいいか困ってしまうことがありま …

窓際族はおいしいポジションなのか?|最終的に行き着くところは?

出世コースから外れて閑職についた中高年サラリーマンはよく「窓際族」といわれています。 窓際族のイメージは年齢を重ねたベテランの社員で会社の隅の方へ追いやられている人だと思います。 まともに業務も持たず …

「幸いです」の意味と使い方|ビジネスにおける使用上の注意点とは?

ビジネスメールではストレートすぎる表現を使うと上から目線の文章になってしまいがちだからです。 特に文末の表現には注意が必要です。 たとえば、メールの文末に「~してください」という表現はストレートな印象 …