フリーランス

学生起業を成功へと導く方法とは?

投稿日:

安易な就職など選ばず、自らの夢を叶えるため在学中に起業する大学生が目立っています。学生起業と聞くと意識が高すぎて近寄りがたいなどネガティブなイメージを持つ人も多いかもしれません。

有名なベンチャー企業の若手社長のように学生起業がしたいと考えたことはありませんか。
起業したいと思ったとき、どのようなことを考えれば成功に導くことができるか。学生の起業のメリットやデメリットを交えて解説します。

学生起業の強み

学生起業の強みは他のスタイルにはない学生関連の事業を行うことができることが挙げられます。自分自身の経験、感覚、感想をもとにしっかりマーティングもできるのが大きな利点です。

通常、企業が学生にマーケティングリサーチを行う時には、費用の面や学生が集まる場所の把握のほか、やりにくい場面が多いです。とりわけ学生であれば、横のつながりを生かして情報の共有スピード、収集スピードなど、企業には真似ができないことも多いでしょう。

また、学生への広告媒体の提供、学生対象のマーケティングリサーチ代行など事業として行いやすく、そして学生ならではの事業といえるでしょう。

学生起業のメリット

起業にはたくさんのアイデアが必要で十分な時間が必要になります。仕事しながら起業の準備をし、起動に乗るまでは副業という形で二足のワラジを履く事と比べれば、学生は多くの時間を作ることができるメリットがあります。

学生の時に起業して、右も左もわからないながらに経営に挑戦した経験は何ものにも変えがたいです。起業によって学んだビジネスモデルやビジネススキルは、たとえ卒業後にサラリーマンになったとしても、大きなメリットになります。

そうした、自律した人材、若くして起業した経験を評価する会社は多いのではないかと思います。

学生起業は会社員が脱サラしてする起業よりもリスクが小さいと言えます。学生という若さ、ダメでもやり直せるという気概を考えると学生で起業することがメリットに感じられます。年を重ねてからの起業や、家族を持ってからの起業とは、背負うリスクが違うのです。

自分の面倒だけ見ておけば良い環境、若さゆえのパワー、それら踏まえて学生の方がリスクを冒し、パワフルに挑戦しやすいでしょう。色々な経験をすることができる学生のうちに、新たな一歩を踏み出すことで、自分のスキルアップにつながります。

もし仮に失敗したとしても、将来の選択肢が狭まるわけではありません。

学生起業のデメリット

ビジネスモデルにもよりますが、起業にはお金がかかります。うまくやれば資金ゼロでもお金は稼げる可能性はありますが、それでもお金があるほうが事業が軌道になるスピードが格段に違います。起業時に事業に投資できるお金が少ない点がデメリットでしょう。

また、学生は実務経験が少なすぎるというデメリットがあります。経験不足という点で、学生起業はどうしても不利で、情報資源が乏しいため、危険を回避するリスクヘッジまでの対応ができません。これが、学生企業の倒産確率を高めているといえます。

ビジネスモデルにもよると思いますが、企業と取引をするときに若さゆえの信用力の無さが取引にマイナスに働く可能性が十分あることもデメリットです。

学生起業のやり方

学生起業のやり方で重要なのは、どのような事業にするか考えることと会社設立の際の手続きを把握することです。

1.どのような事業にするか考える

自分にとっては非常に良いサービスであっても実現可能性が低いものや実現しても利益の出ないようなケースは絶対に避けなければなりません。起業するのであれば、会社を運営するという覚悟と心構えが必要になります。

どのような事業に取り組むかが決まったとしても、リスクを低減するために小さく始めてみて当初の見立ての通りになっているか確認しながら事業を大きくしていくのが重要になります。

2.会社設立のしかた

会社を設立するには様々な手続きが必要となります。まずは会社の決まりとなる定款を作成し、その後、定款を認証してもらって法務局に提出して登記申請をします。株式会社を設立するためにはおよそ20~30万円ほどの費用が必要になります。

費用を用意することが難しい場合は、まずは個人事業主としてスタートして、法人への組織替えを目指すようにしましょう。

学生起業の失敗を避けるには

失敗しないようにするためには「コストをかけない」「長く売上を確保出来るしくみを作る」「流行を追わない」「規模を急激に大きくしない」ことに注意することが重要です。ひとつの例として、フリーランスとして個人で独立する方法が該当しそうです。

フリーランスであればパソコン1台あれば働くことが出来ます。また、事務所も必要なく1人で初めることが出来るので家賃も人件費のコストもそれほどがかかりません。仮に失敗したとしても致命的な借金を負うことはありません。

起業といえば立派な会社やお店を思い浮かべますが、それこそが大きな失敗のリスクになります。規模を大きくするには時間がかかりますが、店舗も持たずに1人で起業する方法が失敗しない起業方法といえます。

-フリーランス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ネットで稼ぐ副業とは?

インターネットの普及がますます進む中、 誰でもネットで稼ぐことが簡単にできる時代になりましたが、まだ、イメージとしてはネットに詳しくないとビジネスは難しいとおもわれています。 調べてみても出てくる言葉 …

【個人事業主】青色申告をやってみた(確定申告とは)

はじめに確定申告を行った時の状況です。・給与所得で年末調整を行っているが、別途、自宅マンションの一部を会社事務所として貸して収入を得ているため、個人事業主として確定申告を行う。・確定申告は専用ソフトを使用。規模が小さいので1人で完了。 個人事業主といっても様々なタイプがあり、その人の状況によって収入や形態は変わります。

税理士と適正な費用で顧問契約を結ぶためのチェックポイントとは?

税理士を探す場合、税理士報酬(費用)の相場はどのくらいが適正なのか。また、税理士の変更を検討している場合、もっと顧問料を安くできないのか、経理を丸投げしたいのだけどどのくらいの金額になるのかなど、疑問 …

自由業とは? フリーランス・自営業の違いとは何か?

自由業という言葉を聞くことがあります。「自由」と言葉が付いているのでサラリーマンからすると気になる職業でもありますが、実態は謎です。自由業とは何か。自営業との違いは何か。また、フリーランスとの違いは何 …

法人の種類のまとめ 法人の設立前に知っておくべきこととは?

起業して会社設立を考えた場合、多くの人は「株式会社」の設立をイメージすると思います。しかし、日本では法律で定められた数多くの種類の法人があり、状況によっては、設立するのは株式会社に拘らない方がよい場合 …