医療・介護・福祉 資格

稼げる資格「福祉住環境コーディネーター検定試験」|高齢化社会で多くの職種から求められる

投稿日:2020年4月14日 更新日:

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。

医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示、また、福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスをします。

バリアフリーは段差をなくしてスロープを付けることだけではなく、年のとり方が人それぞれであるように必要とされるニーズも千差万別です。

そのため、クライアントの特性にマッチした住環境を提案・実現するには、様々な分野の専門家とわたり合い調整を行うことのできる総合的な知識が欠かせません。

日本は超高齢社会に突入しており、あらゆる業界において高齢者を意識したビジネスに大きくシフトしつつあります。

このような状況の中で医療・福祉・建築について総合的な知識を身に付けている福祉住環境コーディネーターへの社会的ニーズは確実に高まっています。

資格取得のメリット

1.介護の現場で役に立つ

ケアマネジャーや福祉用具専門相談員の受験者が増えており、介護サービス利用者とその家族の潜在的なニーズをくみ取るために必要な知識を学ぶことのできる検定試験です。

介護の現場では、限られたリソースを組み合わせ、ベストミックスを探らなければならないため、住環境に関する知識が利用者とその家族の満足度を高める方法を導きます。

2.住宅の営業で顧客の信頼を得られる

住宅の新築やリフォームという一生を左右する買い物をするにあたり、企業選定の決め手のひとつに営業担当者が事情を正確に理解・把握し、それを的確に反映した提案をしてくれるかどうかということが挙げられます。

パンフレットや説明書に書いてあることを読み上げるだけの営業でお客の信頼を得ることは難しく、知識の有無が状況認識力や提案力の差になって表れます。

この検定試験で身に付けることのできる「医療×福祉×建築」の総合的な知識は、必ずや営業における武器となり、信用・信頼につながります。

3.自宅の新築・リフォームに知識を活用できる

住宅に対するニーズは人それぞれ異なるため、自宅を新築にしたりリフォームする場合、工務店の提案を鵜呑みにするだけではニーズを満たすことはできません。

必要な知識を習得して、自身にとって必要なことと必要でないことを的確に説明できるようになることが、満足のいく住環境整備に繋がります。

資格評価

【総合評価 34/50】

ニーズ 6
コスト 7
時間 6
リターン 6
将来性 9

資格試験に関する概要

1.資格試験内容

(1)1級

マークシート方式 2時間(前半)

2級・3級の範囲および1級公式テキスト(改訂5版)に該当する知識と、それを理解した上での応用力を問う問題。

記述式 2時間(後半)

実務能力(課題に対する提案力)などの、実践力、応用力、総合的判断力を問う問題。

公式テキスト(改訂5版)に準拠し、法令制度は最新の情報の理解を前提として出題。

(2)2級

マークシート方式(2時間)

3級の範囲および2級公式テキスト(改訂5版)に該当する知識と、それを理解した上での応用力を問う問題。

(3)3級

マークシート方式(2時間)

3級公式テキスト(改訂5版)に該当する知識と、それを理解した上での応用力を問う問題。

2.試験概要

受験資格 1級:2級合格が条件
2級・3級:誰でも受けられる
資格の種別 公的資格
難易度 1級:やや難しい
2級・3級:普通

3.試験データ

受験者数(2019年度) 1級:363人
2級:19,535人
3級:9,525人
合格率(2019年度) 1級:13.8%
2級:37.7%
3級:58.0%
受験料 1級:11,000円
2級:6,600円
3級:4,400円
試験日 1級:11月
2級:7月,11月

 公式ホームページ ☞ こちら

-医療・介護・福祉, 資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

稼げる資格「宅地建物取引士」|改称され「士業」になって人気急上昇

宅地建物取引士とは、宅地建物の公正な取引が行われることを目的として創設された資格です。 宅地または建物の売買、交換または貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護および円滑な宅地または建物の流通がなされ …

総務・事務資格一覧|いま取得すべき本当に稼げる資格とは?

資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには繋がりません。他人と差別化できる稼げる資格は何なのか。
ニーズがあり、あまり費用や時間をかけずに取得できるもので、実際に資格を取得することで稼ぐことができ、将来性があり、今後も有望な資格をピックアップしました。

税理士の試験科目選び|選択科目は将来役に立つものが良いのか?

税理士試験の勉強を始めるのに当たり、どの科目を選べば良いか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 受験科目を選ぶ基準として、将来の実務に役立つかどうかや好き嫌いを重視して選ぶ人がいます。 また、試 …

役立つ資格を紹介!|将来に繋がる理想的な資格の取り方や活かし方とは?

資格さえ取得すれば、就職や転職はうまくいくと、盲目的に信じすぎていませんか。 実は資格さえ取れば、就職や転職がうまくいくというのは大きな間違いです。 もちろん、目指す職種や業界によっては、資格取得が有 …

稼げる資格「労働安全コンサルタント」|工事現場からIT業界まで幅広い需要がある

労働安全コンサルタントは、厚生労働大臣の指定登録機関での登録を受け、事業場における労働安全又は労働衛生の水準の向上を図ります。 事業者の求めに応じ、報酬を得て安全衛生診断や指導を行う独立コンサルタント …