資格

稼げる資格「介護職員初任者研修」|いつでも求められる介護資格の第一歩

投稿日:

介護職員初任者研修は、介護職員として働く際に必要な基本的な知識や技術を修得でき、介護の初心者向けの資格として位置付けられています。

訪問介護の仕事を行うには介護資格を持っている必要があります。

初任者研修は受講時間が130時間、最短1カ月で取得が可能で、介護の資格の中で最も取得しやすい資格です。

高齢化が進むなか、介護職員は日本全国で必要とされており、活躍の場もさまざまです。

個人宅への訪問介護や、有料老人ホーム、グループホームなど、居住系介護のほか、ボランティアやご家族の介護にも活かすことができます。

このような背景から初任者研修はこれから介護の仕事を始めたい人はもちろんのこと、最近では子育てが落ち着いた後や早期リタイア後のセカンドキャリアとして受講する人も増えています。

資格取得のメリット

1.未経験でも就職・転職に結びつく

介護施設に就職する際には必ずしも資格は必須ではありませんが、実際の求人を見ると初任者研修以上の資格を条件としているところも少なくないので就職や転職に結びつきやすい資格といえます。

2.給料面で優遇される

介護職員の給与は夜勤の有無や雇用形態によって幅がありますが、初任者研修の資格を持っていると資格手当が付くこともあり、無資格者よりも給与が有利になります。

パートの時給も、初任者研修保持者が無資格者よりも高く設定されている職場もあります。

3.キャリアアップがスムーズ

介護業界で活躍していきたい人で将来的に介護福祉士を目指したい人は、キャリアアップの第一歩として初任者研修を取得、その後に実務者研修を受講すると効率的に介護福祉士を目指すことができます。

※介護福祉士国家試験を受験資格:3年以上の実務経験及び実務者研修修了が条件。

実務者研修の450時間以上ある受講時間のうち初任者研修を修了していれば、130時間分が免除となります。

4.正しい介護スキルが役に立つ

初任者研修では論理に基づいた介護技術を習得するため、体力的に身体介護ができるかどうか不安な人も、介護の仕事を不安なくスタートできます。

また、家族の介護をしている人も、初任者研修の知識を得ることで介護の負担が軽くなることもあります。

5.訪問介護員としても働ける

初任者研修以上の介護資格があれば、介護サービスを必要としている方の自宅を訪問し、日常生活における手助けをする仕事もできるようになるので、仕事の幅が広がります。

資格評価

【総合評価 35/50】

ニーズ 9
コスト 5
時間 5
リターン 7
将来性 9

資格試験に関する概要

1.資格試験内容(研修内容)

研修実施事業者により異なりますが、研修期間等は以下のようになっています。

(1)研修期間

標準コースで3~4カ月程度、最短コースで1~1.5カ月程度

(2)研修科目

講義と演習を一体で実施

①職務の理解

②介護における尊厳の保持・自立支援

③介護の基本

④介護・福祉サービスの理解と医療との連携

⑤介護におけるコミュニケーション技術

⑥老化の理解

⑦認知症の理解

⑧障害の理解

⑨こころとからだのしくみと生活支援技術

⑩振り返り

(3)修了評価

筆記試験

2.試験概要

受験資格 誰でも受けられる
資格の種別 民間資格
難易度 普通

3.試験データ

受験者数 非公開
合格率
受験料 研修実施事業者により異なる
試験日 随時

 【参考】

☞ 介護員養成研修(介護職員初任者研修・生活援助従事者研修)【厚生労働省】

☞ 介護に関する入門的研修の概要【厚生労働省】

総合資格情報サイト「総合資格ナビ」

『総合資格ナビ』は、スクール・講座を地域から検索し、一覧で比較できる資格情報サイトです。

講座の探しやすさと比較しやすさを追求し、簡単操作でたくさんの通学・通信講座の詳細を確認&スクールに無料一括資料請求できます。

また、各講座の説明ページも充実しています。

受講料はもちろん、授業の内容や進め方、サポート体制についても詳しくご紹介していますので、気になる講座があればぜひチェックしてみてください。

取りたい資格がまだ決まっていない方は、各資格のガイドで資格の詳細を確認できます。

取得方法や働き方、取得までの費用目安などの詳しい説明があります。

掲載講座は、社会保険労務士、行政書士などの「司法・労務系」、簿記、会計士などの「簿記・会計系」、宅建、建築士、インテリアコーディネーターなどの「不動産・建築系」、Webデザイナー、プログラマーなどの「IT系」といった資格・スキル全般に加えペットや料理、スポーツなどの趣味講座まで幅広く掲載しています。

仕事に活かせる資格や検定対策など、多くの講座の中からあなたにあった講座を見つけましょう。

資料請求 ☞ 資格を取るなら!総合資格ナビ

-資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

技術資格一覧|いま取得すべき本当に稼げる資格とは?

資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。 資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには繋がりません。 …

役立つ資格を紹介!|将来に繋がる理想的な資格の取り方や活かし方とは?

資格さえ取得すれば、就職や転職はうまくいくと、盲目的に信じすぎていませんか。 実は資格さえ取れば、就職や転職がうまくいくというのは大きな間違いです。 もちろん、目指す職種や業界によっては、資格取得が有 …

法務・法律関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

法律資格と言えば「弁護士」「司法書士」「行政書士」が有名で三大法律資格と呼ばれ、「士業」が目立ちます。 これらのどの資格も難易度は高いものの「一生モノの資格」として、人生の一発逆転を狙って取得を志す人 …

英語資格一覧|いま取得すべき本当に稼げる資格とは?

  資格ブームに衰える気配はないとはいえ、1,000以上ある資格の中から有望なものを選び出すのは至難の業です。 資格を取ってゴールというものではなく、その資格を活かせる仕事がなければ稼ぎには …

総務・事務関連の資格を評価!|費用対効果の高い資格はコレだ!

社会の動きに対して、実は一番敏感な反応が求められるのが、社内全体のマネジメントを担う総務・事務関係の部署です。 マイナンバー制度により個人情報保護が今まで以上に重視されるようになり、50人以上の事務所 …