医療・介護・福祉 資格

稼げる資格「ケアマネージャー」|新設施設では高給を提示されることも

投稿日:2020年4月16日 更新日:

正式には「介護支援専門員実務研修受講試験」といいます。

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護を必要とする方が介護保険サービスを受けられるように、ケアプラン(サービス計画書)の作成やサービス事業者との調整を行う、介護保険に関するスペシャリストです。

ケアマネージャーになるためには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格する必要があります。

試験の受験資格は、指定業務を5年以上かつ900日以上経験することで得られます。

試験に合格した後、研修を受講して修了し、ケアマネジャーとして登録され資格証の交付がなされると、ケアマネジャーとして勤務可能です。

最近では高齢化が一段と進み、ケアマネージャーの活躍の場は広がっています。

資格取得のメリット

1.給与が上がる!

ケアマネジャーと介護職員では給与にも差があります。

一般的にケアマネジャーの場合は26万円程度に対して、介護職員は介護福祉士資格を持っていても22万円程となっており、この給与の違いは業務内容の違いや役割の重要性などによるものです。

2.キャリアアップ、仕事の幅も広がり、就職・転職にも有利になる

ケアマネジャー資格を取得してケアマネジャーとして仕事できるようになれば、仕事内容はもちろん、活躍の場も広がり、就職・転職や待遇でも有利になります。

居宅介護支援事業所でケアプラン作成中心の仕事に就いたり、介護施設(老人ホームやデイサービスなど)の事務室が職場になったり、キャリアを積めば地域包括支援センターなども仕事場になります。

3.夜勤がなく、働きやすい環境!

ケアマネージャーとしての仕事は、現場ではなくデスクワークが多くなり、利用者との面談やケアマネジメント業務も、全て昼間に行われます。

他の介護職員と違って夜勤がないので、家族で夜家族と過ごす時間を作ることができます。

担当の利用者数によっては忙しさは変わってきますが、利用者への訪問は自身の予定も加味して決めていくので、時間に対して自由に働くことができます。

資格評価

【総合評価 34/50】

ニーズ 9
コスト 5
時間 3
リターン 8
将来性 9

資格試験に関する概要

ケアマネジャー資格試験は、介護福祉系の資格の中では難関資格の一つとされています。

また、ケアマネジャーの質の向上を目的に、年々試験が難化しています。

1.資格試験内容

【出題方法】

出題は五肢複択方式。解答はマークシート方式

【試験時間】

午前10時00分から12時00分まで(120分)
※点字受験者1.5倍、弱視等受験者1.3倍

【出題数】

60問(介護支援分野25問、保健医療福祉サービス分野35問)

(参考)公益財団法人 東京都福祉保健財団

2.試験概要

受験資格 制限あり(※)
資格の種別 公的資格
難易度 やや難しい

 ※国家資格等に基づく業務に従事する者及び相談援助業務に従事する者が通算して5年以上であり、かつ、当該業務に従事した日数が900日以上であること

3.試験データ

受験者数(2019年度) 30,509人
合格率(2019年度) 18.5%
受験料 都道府県による
試験日 10月

-医療・介護・福祉, 資格

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

技術資格の中で費用対効果の高い資格はコレだ!

資格の取得について考えたとき、これからどんな資格を取得しようか。 どこまでのレベルを目指すべきかと悩むことが多いかと思います。 技術系資格は危険を伴う業務が多いため必置資格とされているものが多いのが特 …

稼げる資格「貿易実務検定」|未経験でも経験者同様のスキルが測れる

貿易の自由化はいまや世界的な潮流となり、今後ますます多くの貿易実務のエキスパートが求められる状況となっています。 このような中で、現在、自分の実務能力・知識がどの程度のレベルにあるのか、客観的に確認で …

資格試験の勉強方法とは?|独学によるスピード感ある勉強が基本!

社会人が取得できる資格のほとんど独学で合格できます。 資格取得のための勉強で大切なことは資格取得の予備校や専門学校に通っていても、予備校や専門学校に通っていない時間にどれだけ密度の高い勉強を継続できる …

稼げる資格「電気工事士」|取得後すぐに使える一生ものの資格

電気工事士は、住宅や店舗、工場などの電気工事を行う際に必要となる資格です。 電気工事の欠陥による災害の発生を防止するために、一定の資格のある人でなければ、電気工事を行ってはいけないことが、法令で定めら …

稼げる資格「危険物取扱者」|資格をアピールするなら乙種以上を狙おう

危険物取扱者とは、ガソリンや灯油、アルコールなど、爆発・炎上しやすい危険物を取り扱うプロ。一定数量以上の危険物を取り扱ったりするガソリンスタンドなどの施設には、危険物取扱者の有資格者を置くことが法律で …