就職・転職

会社説明会での「軽装」は何を意味する?|企業が求めている服装とは?

投稿日:2018年9月7日 更新日:

就職活動の会社説明会において、意外と多い悩みが服装に関するものです。

就職活動で「軽装でお越しください」「軽装で構いません」と服装を指定されることがあります。

はたして軽装や自由な服装とは何を意味しているのでしょうか。

また、具体的にどのような服装であれば、正解なのでしょうか。

就活の会社説明会に「軽装でお越しください」と言われた場合の服装について解説します。

☞ 就活に有効な無料の高精度自己分析ツールが使える『OfferBox 』とは?

企業がいう「軽装」とは?

軽装、服装自由といった案内があった場合、スーツに拘らなくてもよいということになりますが、どの程度の私服なら大丈夫なのでしょうか。

前提として、常識の範囲内でなら大丈夫であるという隠れた条件があることに注意しなければなりません。

常識の範囲内とは個々の基準もありますので一概には言えませんが、「誰から見ても好感が持てて清潔感がある」といえそうです。

常識的に考えて好感がもてるかどうかは大きな差はないでしょう。

会社説明会とはいえビジネスの場なのですから、ビジネスにふさわしいものでなければなりません。

統一された服装ではなく、個々に選択の幅のある服装となるので、「第一印象」や「服装選択に至る思考」に開きが出ます。

軽装といわれたら、1枚ジャケットを持っておくと便利です。

カジュアルシャツや柄のあるトップスを着ても、ジャケットを1枚持っていればそれなりにきちんとした感じを出すことができるので便利です。

軽装でもシンプル過ぎる服だと、会社の担当者からの印象も薄くなってしまいます。

ジャケットは印象の面でもマナーの面でもよいでしょう。

「仕事」というテーマで出会う初対面の相手にふさわしい身なりを意識するとよいでしょう。

夏の面接でクールビズはOKか?

夏季に就職・転職活動で面接を受ける際、軽装やクールビズという指示があった場合は、それにしたがって軽装やクールビズで行くようにしましょう。

服装を特に指定されていないときは、通常通りスーツやジャケットを着て行き、男性であればネクタイを着用するのが無難です。

クールビズで面接を受けるかは、自分で判断しないようにしましょう。

就職・転職活動の際にクールビズで面接を受ける場合は、一般的なクールビズの服装を参考にするとよいでしょう。

☞ オファー型就活サイト『OfferBox 』とは?

面接におけるクールビズの服装

1.面接時の服装(男性)

  • ジャケットなし、ノーネクタイが基本
  • シャツは長袖と半袖どちらでも可
  • スーツのパンツ
  • 革靴

2.面接時の服装(女性)

  • ジャケットなしが基本
  • シャツは長袖や七分袖で白無地のもの
  • スーツのスカートかパンツ
  • 黒のパンプス

上記が面接時のクールビズの服装です。

不安な時はスーツで出席しよう

軽装とどのようにとらえればよいかよくわからない、どうしても失敗したくないという場合には、スーツで説明会に出席するのが無難です。

その状況にあわせてジャケットを脱いだりするなど臨機応変に対応できます。

シャツだけなどにしてしまうと会場についてあわてることがあります。

どんなに会社のことを事前に調べても実際に行ってみないとわからないことはたくさんあります。

準備をしておけばあわてずにすみます。

不潔な服装や、あからさまに場違いな服装であった場合は評価が下がってしまうこともありますが、素晴らしいコーディネートだからといって評価が上がることはあまりありません。

無理にビジネスカジュアルを追求してもそれほどメリットがあるわけではないので、服装に悩むくらいなら、失敗のないスーツにしておくのが良いでしょう。

ジャケットを着ないで行こうとしている人でも持っていきましょう。

ネクタイもかさばるものではありません。

鞄に入れておくとよいでしょう。

持ってさえいればその場の雰囲気に合わせてネクタイをしたり、ジャケットを着るということで対応ができます。

【就活生の4人に1人が登録!】オファー型就活サイト『OfferBox<オファーボックス>』

OfferBoxは、逆求人サービスにおける利用企業数業界1位です。

しかも、自己分析テストや就活イベントもある逆求人に留まらない就職サイトです。

利用企業数 5600社以上(2019年12月時点の実績)で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用しています。

オススメするOfferBoxのポイント3つ

  • 大手からベンチャーまで数多くの企業からのオファーが来る!
  • 高精度な自己分析ができる!
  • 単なる逆求人サイトに留まらずイベントが豊富!

学生に対して一斉スカウトメールを送れない仕組みをとっているため、迷惑メールがなく、プロフィールや強みをしっかり見たうえで、スカウトメールが届くので安心です。

また、OfferBoxには高機能な自己分析ができる「AnalyzeU+」と他己分析もできる「適性診断360度」があります。

これらの適性診断の結果をもとに、自己PRをさらに磨くことができます。

さらに、選考直結するインターンや業界研究まで様々なイベントに参加することができます。

まずは、あなたの価値を知るために自己分析からはじめましょう。

無料登録 ☞ OfferBox

この他にも特色のある就活サイトがあります。

興味のある方はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

SEへの転職は有望?|自分のスキルを活かせる企業に転職する方法とは?

今の会社に不満がある、漠然と今の仕事をしている、やり甲斐を求めたいなど、転職がちらついているような場合、SEとしてのキャリアや転職について真剣に考えてみませんか。 年収もある程度高く現在人気の職業とい …

就活の志望動機の書き方|説得力を持たせるポイントとは?【例文あり】

面接でほぼ必ず聞かれる、「なぜ弊社を志望したのですか」という質問。 「志望動機=企業のいいところの羅列」になる学生が多いのですが、企業の良いところだけを話してもそれで「差のつく」内容にはなりません。 …

エントリーシートの自己PR|内定獲得に繋がる書き方のコツとは?

この記事ではエントリーシート(ES)の志望動機の書き方について紹介します。 ES選考は、就職活動の最初の関門ですが、どのようにESの志望動機を書けば選考を突破できるのか分からず、悩みを抱えている人は多 …

就活メールは件名にこだわる!|名前を入れてライバルとの差別化を図る

就活メールにもマナーがあります。 応募するとき、問い合わせをするときなど、就職活動の中で応募先企業とメールのやりとりをする機会は多いものです。 きちんとビジネスマナーに沿ったメールを書かないと、応募先 …

エントリーシートの志望動機|内定獲得に繋がる書き方のコツとは?

この記事ではエントリーシート(ES)の志望動機の書き方について紹介します。 ES選考は、就職活動の最初の関門ですが、どのようにESの志望動機を書けば選考を突破できるのか分からず、悩みを抱えている人は多 …