就職・転職

会社説明会での「軽装」は何を意味する?|企業が求めている服装とは?

投稿日:2018年9月7日 更新日:

就職活動の会社説明会において、意外と多い悩みが服装に関するものです。就職活動で「軽装でお越しください」「軽装で構いません」と服装を指定されることがあります。はたして軽装や自由な服装とは何を意味しているのでしょうか。

また、具体的にどのような服装であれば、正解なのでしょうか。就活の会社説明会に「軽装でお越しください」と言われた場合の服装について解説します。

企業がいう「軽装」とは?

軽装、服装自由といった案内があった場合、スーツに拘らなくてもよいということになりますが、どの程度の私服なら大丈夫なのでしょうか。前提として、常識の範囲内でなら大丈夫であるという隠れた条件があることに注意しなければなりません。

常識の範囲内とは個々の基準もありますので一概には言えませんが、「誰から見ても好感が持てて清潔感がある」といえそうです。常識的に考えて好感がもてるかどうかは大きな差はないでしょう。

会社説明会とはいえビジネスの場なのですから、ビジネスにふさわしいものでなければなりません。統一された服装ではなく、個々に選択の幅のある服装となるので、「第一印象」や「服装選択に至る思考」に開きが出ます。

軽装といわれたら、1枚ジャケットを持っておくと便利です。カジュアルシャツや柄のあるトップスを着ても、ジャケットを1枚持っていればそれなりにきちんとした感じを出すことができるので便利です。

軽装でもシンプル過ぎる服だと、会社の担当者からの印象も薄くなってしまいます。ジャケットは印象の面でもマナーの面でもよいでしょう。「仕事」というテーマで出会う初対面の相手にふさわしい身なりを意識するとよいでしょう。

夏の面接でクールビズはOKか?

夏季に就職・転職活動で面接を受ける際、軽装やクールビズという指示があった場合は、それにしたがって軽装やクールビズで行くようにしましょう。

服装を特に指定されていないときは、通常通りスーツやジャケットを着て行き、男性であればネクタイを着用するのが無難です。クールビズで面接を受けるかは、自分で判断しないようにしましょう。

就職・転職活動の際にクールビズで面接を受ける場合は、一般的なクールビズの服装を参考にするとよいでしょう。

面接におけるクールビズの服装

1.面接時の服装(男性)

  • ジャケットなし、ノーネクタイが基本
  • シャツは長袖と半袖どちらでも可
  • スーツのパンツ
  • 革靴

2.面接時の服装(女性)

  • ジャケットなしが基本
  • シャツは長袖や七分袖で白無地のもの
  • スーツのスカートかパンツ
  • 黒のパンプス

上記が面接時のクールビズの服装です。

不安な時はスーツで出席しよう

軽装とどのようにとらえればよいかよくわからない、どうしても失敗したくないという場合には、スーツで説明会に出席するのが無難です。その状況にあわせてジャケットを脱いだりするなど臨機応変に対応できます。

シャツだけなどにしてしまうと会場についてあわてることがあります。どんなに会社のことを事前に調べても実際に行ってみないとわからないことはたくさんあります。準備をしておけばあわてずにすみます。

不潔な服装や、あからさまに場違いな服装であった場合は評価が下がってしまうこともありますが、素晴らしいコーディネートだからといって評価が上がることはあまりありません。

無理にビジネスカジュアルを追求してもそれほどメリットがあるわけではないので、服装に悩むくらいなら、失敗のないスーツにしておくのが良いでしょう。

ジャケットを着ないで行こうとしている人でも持っていきましょう。ネクタイもかさばるものではありません。鞄に入れておくとよいでしょう。持ってさえいればその場の雰囲気に合わせてネクタイをしたり、ジャケットを着るということで対応ができます。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

仕事が憂鬱で希望が持てない|この状態を脱出するための方法とは?

仕事に行きたくないと憂鬱になる事はありませんか。毎日何でこんな汗水垂らして働かなくてはいけないのか、何で同じことばかり繰り返さなければいけないのか。憂鬱になることは数多くあります。 楽して稼げるほど仕 …

総合職と一般職の違いとは?|どのような判断基準で応募すればよいか?

就職活動をしていると、会社の募集職種欄に「総合職」「一般職」「エリア総合職」と書かれているのを見かけます。中には職種別採用は行っていないと書かれていることもあります。これらの違いは何か、よく分からない …

TOEICは就活でどの程度重要視されている?|スコアの目安は?

就活にTOEICは必須ではありませんが、持っていると有利に就活を進めることができます。企業は英語力がある学生をより求めている傾向があり、英語のスキルをエントリーシートに記載させる企業が増えてきています …

就活での封筒の書き方|印象をよくするために必要となるマナーとは?

就活では履歴書の送付などで封筒を郵送する機会が多いですが、封筒に書き方に悩む就活生が意外と多いです。普段、封筒を使う機会が少なく、いきなり企業に郵送するとなると封筒の書き方で悩むのは当然です。 封筒の …

東京での就職活動の費用は?|首都圏学生との費用の違いや節約方法は?

地方学生の中には、東京での就職を目指しているという方もたくさんいると思います。就活を始めるにあたっては、スーツや靴、カバンを揃えなくてはなりません。また、実際に就活中で、「なかなかうまくいかない」「交 …