就職・転職

内定取り消しが正当化される?|争うべきか諦めて再度就活すべきか?

投稿日:2018年10月11日 更新日:

就職活動をがんばってやっと内定の連絡があって喜んでいたのに、急に取り消しとなってしまうケースがあります。内定取り消し自体は、稀ながらも起こり得る事態の1つといえます。

「自分は大丈夫」と思っていても、予想外の理由によって内定取り消しとなることは、珍しくありません。履歴書や健康状態について嘘を答えたなど内定取り消しのよくある理由や納得できない理由で取り消された場合の対処法について解説します。

内定とは

内定とは、新たに労働者を採用する際に、勤務が始まる前から入社の約束をすることを指します。一般的には、企業が就活生などの求職者に対して内定通知を行い、求職者が誓約書を提出するなどにより内定を承諾した場合に、内定が成立します。

内定は法律によって明確な規定があるわけではありませんが、内定の取り消しに関する過去の判例などから、一般的には内定は「始期付解約権留保付労働契約」とみなされています。

「始期付」とは、大学卒業後など労働契約が始まる期日が決まっていることを意味します。「解約権留保付」とは、企業が労働契約の解約権を留保している状態であり、一定の範囲でその解約権を行使し、労働契約を解約することができるということを意味します。

よって、内定は、労働契約の開始時期が定められており、かつ、それまでの期間に企業が一定の範囲で契約を解約する権利を留保した労働契約だといえます。

内定取消しとは?

企業が採用内定を通知してから、入社前に、これを取り消す「内定取消し」は、会社から一方的に関係を破棄されるという意味においては「解雇」と同じ位置付けになります。

労働者側は、内定が出ればその企業に入ることを前提に求職活動を中止したり前職を退職するなどの準備を行うため、突然の内定取消しは労働者の人生計画を狂わせる行為といえます。

内定取り消しが正当なケースもある

内定取り消し=解雇という定義は成立します。しかし、その一方で、正当な理由があれば内定の取り消しも仕方ないとされるケースもあります。

たとえば、経歴の詐称が採用通知を出した後に発覚したり、病気やケガなどで就業が難しくなってしまったりといったケースがあります。新卒の場合は、学校を卒業できないといった理由も該当します。

内定取消事由は、採用内定通知書や誓約書に記載されており、たとえば、以下のような理由があります。

【学生側の理由】

  • 会社が提出を求めた書類を期限までに提出しなかったとき
  • 採用内定日より健康状態が低下し、勤務遂行が困難であるとき
  • 提出書類の記載事項や面接時の発言に偽りがあったとき
  • 犯罪等を行ったとき

【企業側の理由】

  • 会社の経営状況が悪くなったとき
  • 他の面接者を採用したくなったとき

ただし、書面に記載されていない事由であっても、「取消はやむを得ない」と考えられる場合には、内定取り消しができます。

内定の取り消しを無効にするために法的に争うことは可能

内定を取り消された場合、法的な手続きを経て、損害賠償を求めることもできます。しかし、納得できる結果になるかどうかは、あくまでもケースバイケースになります。そして、法律の専門家に依頼する場合には、費用が掛かります。

裁判などの法的な争いをする場合には、このことを念頭に置いて行動しましょう。取り消しには納得いかないけれど、出費があるのは抵抗があると考える人は、無料相談や電話相談などを行っている事務所もありますので、まずはそちらを頼るのがよいでしょう。

法的な対策を望む場合、鍵となるのは取り消しの理由です。企業側の一方的な理由での内定取り消しは、無効と判断される例があります。内定通知の手紙や、同様のメールなどが残っていれば、裁判で争う際に有利な証拠となります。

取り消しはめったにないケースといえますが、内定を受けた後でも何が起こるか分からないと考えた場合、内定に関する書類の保管をしておいた方がよいでしょう。

また、企業側から内定を辞退するように進められるケースもあるようです。そのような話しを持ちかけられた場合には、了承してしまうと求職者側が辞退したとされてしまうので注意が必要です。

内定取り消しによる企業名の公表がある

企業による内定の取り消しを防止するため、内定取り消しの内容が下記のいずれかに該当する場合、厚生労働大臣はその企業名等について公表できることとされています。

内定を取り消したとして企業名が公表されてしまうと、今後の採用活動に大きく影響することから、特に注意が必要です。

  1. 2年度以上連続して行われたもの
  2. 同一年度内において10名以上の者に対して行われたもの(内定取り消しの対象となった新規学校卒業者の安定した雇用を確保するための措置を講じ、これらの者の安定した雇用を速やかに確保した場合を除く)
  3. 事業活動の縮小を余儀なくされているものとは明らかに認められないときに、行われたもの
  4. 次のいずれかに該当する事実が確認されたもの
  • 内定取り消しの対象となった新規学校卒業者に対して、内定取消しを行わざるを得ない理由について十分な説明を行わなかったとき
  • 内定取り消しの対象となった新規学校卒業者の就職先の確保に向けた支援を行わなかったとき

参考サイト:新規学校卒業者の採用内定取消しの防止について(職業安定法施行規則の改正等の概要)(厚生労働省)

内定を取り消すような会社は諦めるのがよい

内定取り消しの理由が納得できず会社側と争って撤回させるのもよいですが時間がかかります。争った結果、会社側の言い分が認められるような事態となった場合、他社への就活に大きな遅れが生じます。

また、理不尽な対応をとるような企業に就職したところで明るい未来があるとは思えないため、このようなことを勘案すると気分を切り替えて誠実な企業への就職を目指した方が良い結果につながるといえるでしょう。

就活支援サービス利用のススメ!

学生生活において大きなターニングポイントが「就活」です。就活を始めるにあたって、リクナビやマイナビなどの大手就職情報サイトに登録して、情報収集を行うと思います。

ただ、企業側からすると多種多様な大学や学部の人達が皆使用するため、企業がターゲット層とする学生にアクセスするには効率が悪すぎます。

また、学生にとっても、誰向けの情報なのか分かりにくく取捨選択が困難なものとなっており、志望業界が決まっている人にとって、大手就活情報サイトは必要ない情報が多過ぎるといえます。

最近では企業側も採用コスパを重視して、採用手段が多様化しており、就活サイトも従来型の総合就活サイトから派生して、成長性のある中堅・中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトやキャリアドバイザーがサポートしてくれるエージェント型、企業からのオファーを待つオファー型など、様々な特化型サイトが増えています。

大手就活サイトを利用するだけにとどまらす、専門分野に特化した就活サイトの利用もオススメします。登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。また、サービスを利用して内定を獲得した場合にも料金は発生しません。

○就活ノート

就活ノートは、就活生がつくるリアルな就活情報サイトです。就職活動を経験した大学生が主体となり、就活生の企業に対する口コミ、リアルな選考情報や実際に選考を通過した履歴書・エントリーシートを見ることができ、書き方など役立つ情報も発信しています。

また、面接とグループディスカッションの攻略方法も事細かく書いてあります。緊張を抑える方法から様々なパターンや業界別によっての攻略方法があって、なかなか自分だけでは知りえない情報が多くあります。

さらに、SPIから玉手箱まで多種多様なWebテストの問題集が公開されており、就活のプロの方々がプロならではの目線で就活生にアドバイスする記事もあります。就活は情報戦という面が非常に大きく、無料で登録できるので登録しておいた方が良いでしょう。

☞ 公式サイト:【就活ノート 】のページへ進む

○digmee(ディグミー)

digmeeは、エントリーシートから面接対策、採用選考までを効率化してくれる新卒学生のための就活サイトです。LINEやWebサイトを通して、常に新卒の学生に新しい就活スタイルや最新情報を提供しています。

1度登録をすれば、LINEとWebのどちらのサービスも利用することが可能になっています。LINEではインターンや選考会などのイベント情報がみることができ、また、選考会への申し込みができます。さらに複数社にまとめて一括エントリーが可能です。

一方、digmeeサイト上ではLINEでできることに加え、企業情報をさらに詳しく調べることができ、就活に役立つ記事やコンテンツを見ることができます。

面談後には選考結果のフィードバックをもらえる日本初の「フィードバックシステム」を取り入れており、前の選考でどこが良かったのか、悪かったのかを整理することができるのは大きなメリットになります。

採用選考は一度終わったらそこで終了ではありません。過去の経験を活かして次の選考にのぞむことが可能となります。

  • 行きたい選考会・イベントを見つけ応募するまでに手間がかかる
  • 選考を1社ずつエントリーして受けるのが大変
  • 面接やグループディスカッションうまくできるか不安

Digmeeはこのような悩みを解決します。

☞ 公式サイト:【digmee】 のページへ進む

○キミスカ

マイナビやリクナビを使った就職活動は、自分で求人に応募する必要がありますが、キミスカは自分で応募する必要はなく、企業からオファーをもらうことができるのです。いわば、逆求人型(オファー型)の就職活動サイトといえます。

逆求人型の就職活動サイトでは、就活生が自分のプロフィールを登録します。企業の人事採用担当者がそれを確認して、気になった就活生にスカウトのメッセージを送ることでコミュニケーションが始まります。

過去に参加したインターンや採用選考の経過を登録することで企業にアピールすることができ、就活の経験を無駄にしません。

また、各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍しており、経験豊富なプロの就職コンサルタントから、個別に面接対策、履歴書添削、ES添削、就職相談など、応募者の就職活動をトータルにサポートを受けることができます。

まずは、キミスカに登録をして、どんな会社からスカウトが届くのか様子をみて、興味が出てきたら、本格的に利用しはじめるとよいでしょう。

☞ 公式サイト:【キミスカ 】のページへ進む

この他にも大手の就活サイトにはない特色を持った就活サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

仕事が憂鬱で希望が持てない|この状態を脱出するための方法とは?

仕事に行きたくないと憂鬱になる事はありませんか。毎日何でこんな汗水垂らして働かなくてはいけないのか、何で同じことばかり繰り返さなければいけないのか。憂鬱になることは数多くあります。 楽して稼げるほど仕 …

住宅手当の相場はどのくらい?|転職者はどこに着目しているのか?

転職活動をする際、給与額を検討要素に入れる人が多いと思います。給与以外にも福利厚生制度で「家賃(住宅) 手当」の名目で金銭を給与に上乗せ支給することを行っている企業もあります。 この制度の有無が支払わ …

就活の電話マナーのポイント|心に留めておきたい電話の基本事項とは?

就活において、企業の採用担当者と選考・面接以外で直接コミュニケーションをとらなければいけないのが電話です。顔が見えないために誤解を生じやすいツールでもあることに注意が必要です。 採用担当者に良い印象を …

ニート脱出に向けた本気の就職活動|活用できる就労支援とは?

ニートになった人の事情は千差万別です。本気で就職活動をしようとするタイミングは 、個々の状況や課題が解決しないことにはなかなか前に進めないというのが現実です。 そして多くの人に共通していることは、長引 …

東京での就職活動の費用は?|首都圏学生との費用の違いや節約方法は?

地方学生の中には、東京での就職を目指しているという方もたくさんいると思います。就活を始めるにあたっては、スーツや靴、カバンを揃えなくてはなりません。また、実際に就活中で、「なかなかうまくいかない」「交 …