就職・転職

庶務の業務内容とは?|総務との違い・求められるスキル・やりがいは?

投稿日:2018年7月28日 更新日:

伝票処理から電話応対、資料作成までテキパキこなすオフィスのマルチプレーヤーの一般事務は庶務とも呼ばれています。

部署内の複数の社員から仕事を頼まれることもあり、業務が多岐に渡るので、その場に応じて、緊急性が高い業務を見極めて優先的にこなすなど、臨機応変に対応する力が求められます。

会社ではどのような役割なのか、業務の内容と意味を説明していきます。

☞ 市場価値診断から本当のキャリアパスを見出す『MIIDAS(ミイダス) 』とは?

庶務の業務内容は?

庶務の業務は一般事務と言われることもあります。

オフィスでのあらゆる業務を引き受ける仕事であり、その仕事内容は多岐にわたっています。

電話対応や来客対応、備品管理、資料作成、データ入力、ファイリング、小口現金管理、コピー、郵便物送付などを行います。

事務員の仕事として思い浮かべる仕事のほとんどが、庶務の仕事として当てはまります。

また、従業員数が少ない中小企業などでは、他に経理の仕事である伝票整理や利益計算を含む財務諸表の作成や労務管理としての各種保険の申込みなどを行う場合もあります。

いってみれば、会社内における直接的な利益を生み出さない間接部門の仕事を全て含む仕事ということです。

庶務と総務の仕事の違いとは?

庶務と総務の違いは部署(所属)です。

総務の所属は「総務部(課)」であり、会社内では一部署しかありません。

一方、庶務は各部署に配置されています。

もう一つの違いは業務内容です。

庶務と総務の業務内容は同じように見られますが、総務は会社や組織全体の業務を執り行うのに対して、庶務や事務は各部署における事務作業を行っているということになります。

総務は、会社で働く社員がより良い環境で仕事をするための環境づくりを行うことをメインにしています。

具体的な仕事内容はオフィス環境の充実、福利厚生制度の充実、社内制度の改善を検討したりします。

一方の庶務は、所属している部署内での事務を行なっています。

自分が所属している部署でのアシスタント業務などを担当しています。

つまり、日頃の業務に密接に関わる仕事を行っているのが庶務という職種であるということができるでしょう。

☞ 転職に役立つ市場価値診断に『MIIDAS(ミイダス) 』を利用するメリットとは?

庶務業務に求められるスキルとは

庶務は、部署内の複数の社員から頼まれる業務が多岐に渡るので、その場に応じて、緊急性が高い業務を見極めて優先的にこなすなど、臨機応変に対応する力が求められます。

電話、来客対応や、他部署との連携も多いので、コミュニケーション能力は必須です。

庶務の仕事は各部署や事業所において、社員が業務を効率的に、又、円滑に進めることができるようにサポートをすることです。

特に専門的な技術は必要ないのですが、最近ではどんな業務をするにしてもパソコンの基本的な操作が必要となっています。

そのため、ワードやエクセルといった業務用ソフトを一般的な使用方法で使うことができるかが就職希望時に問われるかもしれません。

庶務という仕事に就くためには、様々なスキルを身につけておくことが必要となります。

庶務の仕事とは雑用ではない

「雑用」ばかりでやりがいを感じられない人も多いようですが、この仕事は縁の下の力持ちの業務ばかりです。

他の業務をスムーズに回すための潤滑油のようなもので、会社にとって無くてはならない役割なのです。

また、部署内の社員と接する機会が多く、色々な人とのネットワークを作れるチャンスが多くあるのも庶務ならではの魅力です。

あらゆる部署と関わって業務を行うことで、会社全体の動きも分かるようになったり、お金の動きも理解できるようになります。

業務に関する知識をつけることで、自分のスキルアップに期待が持てます。

部署によっては専門性のある仕事もありますが、細かな仕事も誰かがやることで会社はうまく機能しています。

その役割を担っているのが庶務という職種であり、一見すると雑用とも捉えられてしまう仕事内容もあります。

しかし、各部署での仕事をスムーズにさせることができたり、幅広い業務に対応できる能力のある方でないと務まらない仕事でもあるので、とても重要な仕事であります。

庶務の仕事にやりがいを感じるためには?

部署内の業務を円滑に進めるために重要な役割を果たしている庶務という職種ですが、その庶務の仕事もどのようなやり方で進めていくかによって効率が変わってきます。

いくつかの業務を同時に抱えることがあります。

自分でどの順番で終わらせていくか考えながら業務を行うことで大幅な効率アップも見込めるようになります。

庶務の仕事は縁の下の力持ちのようなものであるということができますが、必ずしも自分が行った業務の評価を正当に受けられるのかというと、そうでない場合もあります。

評価を受けないことが多いということをマイナスに受け取ってしまうと、仕事に対するやる気も感じられなくなってしまうでしょう。

しかし、庶務の仕事を引き受ける人がいることで会社の運営は回っているということもできるので、自分たちが会社全体支えているという気持ちを持てば、やりがいを感じることもできるようになるでしょう。

200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出す『MIIDAS(ミイダス)』

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

【無料で使える3つの診断コンテンツ】

  • 市場価値診断
  • コンピテンシー(行動特性)診断
  • パーソナリティ(人格)診断

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

【オススメするミイダスのポイント3つ】

  • オファーは書類選考合格済み(面接確約)
  • 求人を検索しなくても、待つだけで企業からオファーやメッセージが直接届く
  • 7万人の転職データを公開。自分と同じ経歴の人がどこに転職したのかが分かる

ミイダスは面接確約オファーのみ。

まずはあなたの価値を知るために市場価値診断からはじめましょう。

無料登録 ☞ MIIDAS(ミイダス)

この他にも特色のある転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

内定者懇親会と内定後の過ごし方|民間企業と公務員の違いとは?

内定をもらうと、一般的には内定式よりも前に内定懇親会のお知らせをもらうでしょう。 一言でいうと「親睦会」のようなものであり、あまり堅苦しくない形式で進行するケースが多いです。 ☞ 就活に有効な無料の高 …

リクルーター面談とは?|接触があったときから選考は始まっている!

就職活動中「リクルーター」という言葉をよく聞くかと思いますが、リクルーターの意味や役割を知っていますか。 リクルーター制度を導入している企業が増えており、実はリクルーターは、内定への最大の近道になり得 …

就活失敗でもまだ諦めない!|二次募集で採用を勝ち取る攻略法とは?

新卒採用で追加採用を行う企業は毎年増えてきています。 一次募集の期間のみでは採用計画通りにいかないところが多いようです。 新卒で就活を行う際に意外に二次募集が気になります。 一次募集で人数が集まらなか …

就活が上手くいかないのはなぜ?|共通する原因とその解決方法とは?

就職活動に出遅れたわけでもないのになかなか内定がもらえない、周りの友人との選考状況の違いや、選考中の企業が徐々に減ってくると、不安になってしまう学生も多いと思います。 必ずしも順調に進むとは限らない就 …

住宅手当の相場はどのくらい?|転職者はどこに着目しているのか?

転職活動をする際、給与額を検討要素に入れる人が多いと思います。 給与以外にも福利厚生制度で「家賃(住宅) 手当」の名目で金銭を給与に上乗せ支給することを行っている企業もあります。 この制度の有無が支払 …