就職・転職

解雇予告手当とは?|解雇の内容で受給の制約はあるのか?

投稿日:2018年8月3日 更新日:

終身雇用制度の崩壊によりリストラなどによる解雇は、他人事ではありません。解雇されることによって生活費の調達が困難となってしまう従業員(労働者)を保護するための制度が存在します。

労働基準法により、勤め先の会社から解雇された場合は、解雇予告手当てが支払われます。たとえ適法な解雇であっても解雇予告手当の支払いが義務づけられているのです。

ただ、労働者側から見るとそう何度も解雇ということを経験するわけではありませんから、解雇予告手当についてわからない人も多いと思います。どのような制度であるのか確認しておきましょう。

解雇とは?

解雇とは雇用主が従業員との労働契約を一方的に解除することです。ただし、解雇するためには以下の条件を満たさなければなりません。

  • 解雇する条件を就業規則や労働契約書に明記していること
  • 解雇する従業員の言動が、就業規則や労働契約の解雇の要件と合っていること

解雇の種類は以下の通りです。

1.普通解雇

普通解雇は従業員が病気やけがで労働できないときや、暴力や暴言のような勤務態度に問題があるときなどに該当します。職場復帰や勤務態度に改善が見込めないとき、会社側は十分検討した上で言い渡すことが必要になります。

2.懲戒解雇

長期の無断欠勤や会計の不正など、業務妨害や犯罪行為をした際に行われる解雇のことです。普通解雇と同様に、懲戒解雇に該当する言動や懲戒の程度が就業規則に明記・周知されている必要があります。

3.整理解雇

経営不振や不況などの理由によって、人員削減せざるを得ないときに行う解雇を整理解雇といいます。整理解雇をする際は、客観的な必要性や解雇回避の努力、解雇対象者の人選の基準・運用を合理的にすること、労使間での十分な協議が必要になります。

参照元:東京労働局「しっかりマスター労働基準法 解雇編」

「解雇」以外の会社を辞める方法とは?

「会社を辞める」状況には「解雇」のほかにも「退職」や「退職勧奨」があります。

1.退職

退職とは、従業員が勤務している会社を辞めることです。退職には従業員の申し出によって労働契約を解除する自己都合退職のほかにも、定年退職や契約期間の満了にともなう退職などがあります。

2.退職勧奨

会社側が従業員に対して「辞めたらどうか」と退職を促すことです。辞めるかどうかの最終的な判断は従業員にあり、 受け入れの義務はありません。

解雇は会社からの一方的な労働契約の解除ですが、定年や契約期間満了以外の退職・退職勧奨の場合、基本的には従業員の判断によります。

解雇予告とは?

解雇予告とは、使用者(企業)が労働者を解雇しようとする場合に、少なくとも30日前には労働者に対して解雇する旨を通知しなくてはならないというものです。

このように、通常は解雇には事前に予告が必要であり、予告を受けた労働者はその間に転職先など自身の振り方を考える期間があるのですが、近年はいきなりの解雇が行われているケースもあり、労働者の生活を脅かすケースが起きています。

解雇予告手当とは?

会社が労働者に解雇を言い渡す際、少なくとも30日前に予告しなければなりません。もし予告せず即時に解雇する場合は、30日分以上の平均賃金を支払うことが必要です(労働基準法20条1項)。

この会社が解雇する際に支払う30日分以上の平均賃金が、解雇予告手当、解雇手当と呼ばれています。

解雇予告手当が支払われないケースとは?

以下のように解雇予告の規定が適用されないケースもあるため注意が必要です。

  • 日雇い労働者
  • 試用期間中の人
  • 4か月以内の季節労働者
  • 契約期間が2か月以内の人 など

上記のほかにも、長期の無断欠勤や職場の規律を乱す行為をする人がいる場合など、会社側は労働基準監督署に「解雇予告除外認定」を申請できます。

「解雇予告除外認定」の申請があったとき、労働基準監督署は該当する従業員の勤務状況や職責などを考慮して認定するか否かを判断します。

解雇予告手当の計算方法

1.解雇予告手当の給付日数

  • 30日以上前に解雇予告 → 解雇予告手当はなし
  • 20日前に解雇予告 → 10日分の解雇予告手当
  • 即日解雇 → 30日以上分の解雇予告手当

解雇予告手当の給付日数は、解雇予告が解雇予定日の何日前に行われたかによって決まります。

2.解雇予告手当の支給額

解雇予告手当の支給額は

平均賃金(過去3か月間における1日あたりの賃金)×給付日数

になります。なお、1日あたりの解雇予告手当を計算方法は以下のとおりです。

解雇予告日前3か月の賃金総額÷解雇予告日前3か月の暦日数

この平均賃金について、賞与を含みませんが残業代は含まれます。すなわち、賃金の総額には残業代や役職手当などは賃金の総額に含まれますが、賃金の総額の中に賞与は含まれませんので注意が必要です。

解雇を争う場合と解雇予告手当

解雇予告手当は、理屈としては解雇が有効になっていることが前提になっています。このため、解雇自体を争いたい、つまり解雇が無効だと主張して復職を求めるような場合は、労働者側から解雇予告手当を請求すると解雇を受け入れる意思表示になりかねないので注意しましょう。

なお、使用者側が解雇予告手当ということで一方的に金銭を送りつけてきたり、給料振込口座に送金してきた場合は、解雇を争うことであれば返金するか、「解雇予告手当とは認めない。未払の賃金に充てる」という主旨の手紙を出しておくのがよいということになります。

再就職する場合はエージェントを活用するとよい

就職・転職活動をしている人の中には、「面接が不安」「条件に合った求人が見つからない」という人がいるかもしれません。その場合、エージェントを活用するのがオススメです。経験豊富なアドバイザーが書類作成や面接対策などのサポートを行うのが特徴です。

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが自己分析や適性に合った求人の紹介、企業選びのポイント、希望の企業で働くメリットやデメリットなど、求人サイトには載っていないような魅力的な情報を提供します。

厳選した求人から希望条件に合う求人を紹介してもらえます。転職活動に必要な書類作成や面接対策などをマンツーマン体制できめ細やかにサポートしてもらうことも可能です。 登録は無料で全てのサービスを無料で利用できます。

また、サービスを利用して採用された場合にも料金は発生しません。

○MIIDAS(ミイダス)

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントに加えて、登録しておきたいのがMIIDASです。運営会社はdodaと同じパーソルキャリア株式会社です。

この転職サイトの特徴は簡単な質問にいくつか答えていくだけで、「想定オファー年収」や「選考条件に合致した企業数」などの自分の市場価値や仕事の適正が分かります。また、企業からのオファーは100%面接確約オファーのみで、余計な連絡はありません。

「転職エージェント」+「自分1人の転職活動」のいいとこ取りで、転職活動を進めることができます。さらに7万人の転職事例を見ることができると点もかなり良いポイントです。

以下のような人にオススメします。

  • 自分の市場価値を知った上で、転職活動を進めていきたい
  • 仕事が忙しく、転職活動に時間を割けない
  • 自分のペースで効率よく転職活動を進めたい

MIIDASは転職エージェントとは違い、確実に面接ができる企業からのオファーだけを受け取りながら、自分のペースで転職活動を進めることができます。

☞ 公式サイト: 【MIIDAS(ミイダス) 】のページへ進む

○マイナビAGENT(マイナビエージェント)

人気企業の多くが新卒採用に「マイナビ」を利用することから、企業間のつながりが多く、幅広い求人が見られます。20代〜30代の転職サポートに強く、関東・関西の求人が特に多いのが特徴です。

第二新卒の20代から30代前半までの若い人で、関東・関西で転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。マイナビエージェントの求人情報は、約80%が非公開となっています。

さらに、マイナビエージェントにしか求人を掲載していない独占求人もあります。他では知りえない求人情報が手に入るのもマイナビエージェントの強みです。

会社側も20代の人材を募集しているところが多く、ベンチャー企業など、会社自体が若いところが多いのも特徴です。成長意欲が高い、会社とともに成長したいと思っている方にはピッタリです。

☞ 公式サイト: 【マイナビAGENT 】のページへ進む

○ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジはキャリアカウンセリングから始まり、求人紹介、就活スキル(テクニカルスキル、ビジネススキル、ヒューマンスキル)の向上まで総合的にサポートしています。無料の就活講座を受けられる点が魅力です。

社会人としての基礎研修、職種(営業職、プログラマーなどの専門職)ごとのスキル研修を通じて就活を支援する次世代型就活サポートや平均20時間に及ぶ個別就活サポートを行います。

これらの研修を受けることによって、どの会社でも通用するビジネスパーソンとしての必須スキルを身につけることが可能です。また、実務の経験を積むことで入社後にギャップを感じずにスムーズに正社員としてのキャリアをスタートすることができます。

サポートに時間をかけるスタイルで、適性診断や面接アドバイス、模擬面接など、様々なサポートが受けられます。離職率や労働時間、社会保険の有無、雇用形態など、掲載企業に厳しい基準を定めています。

☞ 公式サイト:【ウズウズカレッジ】 のページへ進む

この他にも大手の転職エージェントにはない特色を持った転職サイトがあります。

興味のある人はこちらをご覧ください。

-就職・転職
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

就活で評価される資格とは?|採用担当者が評価する資格のポイントとは?

就活において資格がないことに悩んでいませんか。一般的に資格は取得の手間の割に就職活動に有利に働かないといわれていますが、資格を取得しておくと履歴書の資格保有欄を埋められ、面接などでのアピール材料にもな …

フリーター・ニート・既卒者の就職活動|成功につながる方法とは?

就職活動は自己分析から企業へのエントリーに始まり、会社説明会への参加や面接日程の調整など、手続きが多くあります。そこでオススメするのが就職エージェントの利用です。 就職エージェントとは、就活のプロ(ア …

「仕事に行きたくない」原因と対処法は?|転職も視野に入れるべきか?

「仕事したくない」、「会社に行きたくない」という気持ちは、サラリーマンやOL、アルバイトをしている人であれば必ずといっていいほどあるはずです。この原因は職場で受ける「身体的疲労」と「精神的ストレス」に …

企業研究のやり方|就活を効率よく有利に進めるための方法とは?

就職活動を開始すると、自己分析や企業研究を行うようにとアドバイスされることが多くあります。その企業のホームページを見る、説明会で渡されたパンフレットを見るなどに終始した企業研究になっていませんか。 企 …

内定辞退メール|失礼のない無難な断り方のポイントとは?

就職活動の最終段階となる内定通知。内定をもらうと気が抜けてしまう人も多いですが、内定をもらっただけでは就活が完全に終了したわけではありません。せっかくの内定も辞退するのは気が引けるものです。 失礼のな …